Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

時給1000円で死にたくない!

誰かが困っていたら我々はその人を無意識に助けようとする。
たとえば、子供が川や海でおぼれていたら、それが他人の子供であろうと助けようと飛び込んでわが身を犠牲にしまう。
新大久保駅ではホームから落ちた人を助けようと電車が近くまで来ているのに飛び降り犠牲になった外国人留学生もいた。

一方、責任ある立場にいながら、我先にと逃げてしまった人たちだっている。
昨年の韓国客船セオル号のごとく、客船事故で船長以下乗組員が先に逃げた例は枚挙にいとまがない。
交通事故のひき逃げも毎年起きている。

責任ある立場を意識したからこそ、逃げ出してしまうのかもしれない。

そう考えると、あの沈没しかかった客船から一番で逃げ出した船長が、川でおぼれていた子供をみたら一番に飛び込んで助けようとしていたかもしれない。

さて、添乗員であるが・・・・・
来月4月から、多くの添乗員派遣会社で時給制が始まる!
どうなることやら・・・・

チュニジアのテロ事件
飛行機の墜落事故(事件)
バスの横転事故
紛争・騒乱による空港閉鎖、足止めなど・・・・

世界中に危険がばら撒かれている!

そのなかで、旅行会社は、安全確保と保護義務をお客様と約束している。
ただ実際、それを実行するのは、旅行会社で高給(添乗員からすれば)をもらっている社員ではなく、足軽のように使役させられている派遣添乗員だ。

人間としての派遣添乗員からすれば、旅行業約款に「安全確保」だとか「保護」だとか謳われていなくても、イザというとき、わが身を犠牲にしてお客様の前に身を挺するにちがいない!

しかし、そのとき、もし、時給1000円が目の前にちらついたら・・・・・
いや!もしかしたら、時給対象外(プライベート=無給)の時間だったら・・・・・・・

ふと、自分の命を惜しく感じる気がする。
時給1000円で死にたくない!


tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

Re: トップページの写真

とも様

いつもありがとうございます。

> トップのお写真、変わりましたね 素敵です
> よろしければどちらか教えてもらえませんでしょうか

アメリカのミシガン湖畔にありますセントジョセフ灯台です。
参考までに、
http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g42673-d1645858-Reviews-St_Joseph_Lighthouses-Saint_Joseph_Berrien_County_Michigan.html



URL | InTouch #-
2015/04/08 09:57 * edit *

トップページの写真

こんにちは 2度目の投稿です
トップのお写真、変わりましたね 素敵です
よろしければどちらか教えてもらえませんでしょうか
(前回も同じ質問してました…)よろしくお願いします。

URL | とも #-
2015/04/07 17:44 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/859-891080f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。