Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

介護旅行 トラベルヘルパー

Yahooニュース
*「車いす社長」の父との思い出ヒントに新たな介護トラベルサービス開発

介護医療分野で革新的な機器やサービスの開発を手掛けるハンディネットワークインターナショナル(大阪府箕面市)の春山哲朗社長が、従来にはなかった介護トラベルサービス・・・・・等々


良い企画とは思うが、従来の介護旅行とどこが違うのかよくわからない?

添乗員にとって介護というとやはり、添乗員派遣会社『エス・ピー・アイ』(SPI)だろう!
社長の篠塚氏は、大手派遣会社『エコール』の添乗員、営業マンだった人だ。当時から人望もあり、1991年独立して『エス・ピー・アイ』を立ち上げたときも多くの添乗員が彼を慕ってついていった。
旅行会社からの評判もよく、SPIは、この業界ではめずらしく社員と添乗員の意見交換をおこなっていた。

それが、90年代の後半、介護で有名なコムスンの傘下へ入ったあたりから、添乗派遣会社としての知名度が低くなってしまった。
トラベルヘルパーの育成とかいって・・・添乗の資格と介護の資格と両方取らせます!と新しいコンセプトを打ち出したのがその頃だろうか・・・

聞こえはいいのだが、現実には需要も供給も大変だったと思う。
トラベルヘルパーの需要だって現実にそれほどなかった。
また、添乗員を希望してきた者がヘルパーへどうしても足踏みしてしまう。
介護ヘルパーを希望する者だったら、そちら専門の会社へ進むだろう。
給料だって、トラベルヘルパーといえども、ただの添乗員と同じだったりするのだから!

篠塚氏にとってこの道は正しいと思ったのだろう。
時代が今篠塚氏に追いついてきたのか、コムスン倒産の後、再び、SPIと社名を戻し、介護ビジネスで頑張っている。

*株式会社 エス・ピー・アイ ― The Hospitality travel Specialists ― 
         あ・える倶楽部 (A’EL Club)


添乗員と介護ヘルパーの両方の資格を取りたいのなら(トラベルヘルパー)、必ずアシストしてくれるだろう!
あまり勧めないが・・・

*alwaysksのブログ




 



tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/855-2f03cc8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。