Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

世界中、「注意喚起」だらけ!

イスラム国で日本人2人が殺害されたことにより、日本人もテロリストのターゲットになりうることを教えられた。
以前から無差別テロは、あちこちで起きていた。だが、これから日本人があきらかな対象となるということだ。

旅行会社にとっては頭が痛いだろう。
急激な円安でなかなか売上げが伸びない中、燃油サーチャージが引き下げられ喜んでいたのだ。
それなのに、「日本人をターゲットにする」というイスラム国の呼びかけが報道されたことにより、「自分たちは関係ない」と思えなくなってしまった。

とくに、秘境に特化した旅行会社は大変ではないか。
中近東、北アフリカはダメだ。
西アフリカ、ケニアなどもダメだ。野生動物以上に恐ろしいテロリストが右往左往している。
外務省は注意喚起している。
インド、ネパールあたりも、ダメだ。2008年、ムンバイのホテルで起きたテロ事件は日本人2人を含む165人が死んだ。事件は大々的に報道されたが、その後もデリーを含むインド全土でテロは起きている。
そのうえインドでは、2012年に女性への性的暴行事件まで起きて、危険度が上乗せされた。
今年の2月、20歳の日本人女性がインドの有名観光地ジャイプールで性的暴行をされた事件は記憶に新しい。
その他、ウズベキスタン、カザフスタンなど中央アジアからロシアまで注意喚起が発令されているし、東南アジアだって、カンボジア、インドネシア、フィリピン、タイのバンコクと・・注意喚起が続いている。
メキシコなど中米やペルーを含む南アメリカだってきな臭い。
わが国の外務省は、どんなときだって、アメリカ、と西欧に、危険情報は出さないことになっているようなので、海外安全HPは無印にいつもなっているが、それらはイスラム国を含む過激派の一番の対象国なのだから、危険のないはずはない。アメリカ、、フランス、デンマーク、オーストラリアと無差別テロはこの1年だけでも起きている。
イスラム国は、フランスの同調者にテロ実行を呼びかけている。

こうみていくと、秘境に強い旅行会社だけでなく、すべての旅行会社にとって受難なときだ。
ツアーだからといって、フリーな旅行者より「安全」ということはないだろう。
ツアーだから目立つということだってある。
過去に、ツアー(バス)だから狙われる事件だってたくさん起きている。
(バスのヨコ腹に、旅行会社名!がデカデカと書いてあるのは危険だ!)

世界が近いっていうのも、良かれ悪しかれだ。
世界中の危険情報が一瞬にして世界を駆け巡ってしまう。
保険会社ではないが、不安をあおる材料にことかかない。
昔の旅行の不安は、不透明だった。なんだかよくわからないが不安だった。
今の不安は、材料を特定してしまうのだ。
不安が漠然としていたら旅行へ行けるだろうが、テロなどと特定されたら保険に入っても行けないだろう。
こうなると・・・・あれだけバカにしていたけど、
グーグルマップ!で旅行するしかないのだろうか・・・


tb: 0 |  cm: --
go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/852-126384cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。