Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ポール・セローの魅力

旅行作家ポール・セローが好きだ!
旅で出会う日本人旅行者のことをけっこう皮肉をこめて描写している。
自分のことを言われているみたいでちょっと「エッ!」「ナニ!」と思うけど、また彼の旅の世界に溶け込んでしまう。

その微妙な気分を、作家・村上春樹さんが、『ワールズ・エンド』ポール・セロー著のあとがきで、的確に解説してくれている。

ワールズ・エンド(世界の果て) (村上春樹翻訳ライブラリー)ワールズ・エンド(世界の果て) (村上春樹翻訳ライブラリー)
(2007/11)
ポール セロー

商品詳細を見る



・・・・
 お読みいただければわかるようにここに登場する人々がそれぞれの〈世界の果て〉で対面するねじれは、あるときは遠い雷鳴の如く宿命的であり、またあるときにはあきれるばかりの一瞬のファルスである。そして多くの場合、そのねじれの中に立って茫然としている彼らをそのままに残して話は終る。何故ならそのねじれは外的なものであると同時に内的なものでもあるからだ。異国を触媒としてそこに噴出してきたものは彼ら自身の内なるothernessであったからだ。
このothernessの認識は本書だけでなく、セローの作品に一貫して流れるテーマ、モチーフと言ってもいいだろうと思う。実際の話、彼はアメリカ人でありながら、アメリカを舞台とした小説を殆んど書いていないのである。そういう意味ではセローはwriter in exile(異郷の作家)というアメリカ文学のひとつの系譜の流れを汲む作家として捉えていいかもしれないし、またコンラッド=モーム=グリーン世界の〈養子〉として捉えることも可能であるかもしれない。あるいはその中間あたりということになるのだろうか。『鉄道バザール』(講談社)をお読みになればわかるように、異郷を見る彼の目はモームの如くクール(ペンギンブックスのコピー)でありながら、その底にはアメリカ人が外国を見るとき特有のあのわくわくとするような熱い好奇心が脈打っているのである。不思議といえばかなり不思議な位置にいる作家である。決して新しい文学フォームを志向してはいないのだが結果的には〈フォーム前衛〉よりかえって鮮明に時代を切り裂くという部分があるし(その最良の例は『モスキート・コースト』であろう)、そういう点ではジョン・アーヴィングやレイモンド・カーヴァーの文学的孤立性と共通するところがあるかもしれない。僕は正直に言ってどうもその手の作家にひかれるようだ。
僕が考えるセローの短編の魅力は、その小説的状況を把握するグリップの強さであり、ツイストの巧みさであり、最後にふっと読者を放り出すときに感じさせるある種の無力感である。・・・・・

セローの小説は多かれ少なかれ我々に居心地の悪い思いをさせることになる。それはおそらく「何かが間違っているのだけれど、何が間違っているのかがつかめない」という居心地の悪さである。何故その間違いがつかめないかというと、それは彼らが〈異国〉にいるからである。人々はまだ〈異国〉のルールを十分に理解することができず、それで彼らは混乱し、怒り、怯えているわけだ。そして彼らの混乱や怒りや怯えはどことなくclumsyで(みっともなくて)、そのみっともなさが我々にかなり居心地の悪い思いをさせるのである。その居心地の悪さはある場合には悲劇に終るし、ある場合には喜劇に終るし、ある場合にはその中間地点で終息する。



特に後半部分
『・・・セローの小説は多かれ少なかれ我々に居心地の悪い思いをさせることになる。それはおそらく「何かが間違っているのだけれど、何が間違っているのかがつかめない」という居心地の悪さである。何故その間違いがつかめないかというと、それは彼らが〈異国〉にいるからである。人々はまだ〈異国〉のルールを十分に理解することができず、それで彼らは混乱し、怒り、怯えているわけだ。そして彼らの混乱や怒りや怯えはどことなくclumsyで(みっともなくて)、そのみっともなさが我々にかなり居心地の悪い思いをさせるのである。その居心地の悪さはある場合には悲劇に終るし、ある場合には喜劇に終るし、ある場合にはその中間地点で終息する  』

 これは旅行者皆の気分ではないか。
 
 ポール・セローのベストセラー『鉄道バザール』のなかで、中国を汽車で旅する場面がある。確かその中で、セローが中国人乗客に、「日本が嫌いでしょ?うらんでるでしょ?」と何度も聞く。まだ、バリバリの社会主義国家だったころの中国でである。乗客が「そんなことありません」と必ず応えるのをセローは納得できないのだ。
 混乱し首をかしげている情景が目に浮かんでくる。


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/826-b0f187ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。