Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

シリアの不思議

出口の見えないシリア・・・
アサドの政府軍と自由シリア軍、アルカイーダ、ISIS(イスラム国)と・・・・
どうなっちゃてるんだろうと思う。

そもそも3年前、チュニジア、エジプトなど『アラブの春』に触発された民衆デモだったはずだ。
それがあっという間に、泥沼の戦闘となった。

首相官邸前の原発反対デモが、あっという間に、自衛隊を打ち負かしてしまった!
ようなものではないか。

そんなことがあるのだろうか?
そもそもシリアの反対勢力として力を持っていたのは少数民族のクルドぐらいだったはずだ。
クルドは迫害の歴史があるので政府に反対する理由はある。だけど、とても小さなグループではないか?
一方、シリア政府軍は、中東で3番目という強力な軍備力をもつ。
*アラブ10大軍隊(中東の窓)
イスラエルと対峙し、レバノンを支配している軍隊だ。

政府のそんな軍隊にどうやってたかがデモ隊が太刀打ちできるのだろうか?
不思議だ。
常識的に考えれば、中東3位のこのシリア軍と同等力のデモ隊がいた!ということだろう。
武器の持ち方さえ判らない一般市民のデモ隊でないことは確かだ。
となると、相当量のよそ者と武器が短期間(もしかしたら事前)に、外部から持ち込まれたとしか考えられないではないか!

もちこまれた場所は、以前から言われているように、トルコ国境なのだろう。当初、東側(クルド)だったようだが、今は地中海側(西側)のようだ。
もちろん、トルコが了承していなければ無理だ!
また、トルコに軍事基地を持っているアメリカが納得しなければ駄目だろう。

ウサマビンラディンをあれだけ追い詰めたアメリカが、シリアの国境を野放しにしている。
イスラム国などの資金源をなぜアメリカは凍結しないのだろう。

不思議だ。

トルコのエルドラン首相(大統領)はシリアとも友好的だったはずだ。

やはり不思議だ。

イスラム国にこんな力があるなら、どうしてパレスチナのために動かなかったのだろうか?
イスラエルには入っていかない!

不思議だ!


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/825-30c7ddf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。