Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

レックスロードとエイビーロード

レックスロード倒産の問題・・・・
*トラベルビジョン『元東京都第3種のレックスロードが業務停止、登録抹消後も営業』

 毎年、旅行会社の倒産は50件前後発生している。そのほとんどは中小である。
 今年は例年より倒産件数が減少しているらしいが、倒産会社のほとんどが中小であることに変わりはない。
 中小であるかぎり、お客様が空港で搭乗できないという状況は常につきまとうのだなあと思う。
 中小の倒産の特徴は、「ある日突然!」である。
 お客様が旅行会社と連絡をとろうとしても、電話もメールも不通・・・・
 旅行会社の店頭には・・・・業務廃止の張り紙が・・・・・

 毎年くり広げられるそのような状況に旅行業界は慣れているだろう。
 弁済業務保証金制度から債権者に負債を支払いをおこなうだけだ。
 ほとんどの場合、末端のお客様は優先的に弁済されるので、金銭的負担を被ることはない。

 しかし、今回のレックスロード・・・・・
 旅行会社として義務付けられている営業保証金を供託していないのであろう、またはできなかった・・・
 だから、東京都知事登録を取得できなかった。
 上記記事によると、もう昨年の暮れからおかしくなっていた。
 もう、明らかに無資格旅行会社であることを認識してエイビーロード等でお客を集め振り込ませていたことになる。
 
 こうなると・・・・・
 例年の倒産とはちょっと違ってくる。
 お客様が旅行業界から弁済されることはない。
 お客様は諦めるしかないが・・・・・・・

 ここで男気を出したのか、または旅行業界からアドバイスを受けたのか・・・・
 エイビーロードが、
 「・・・・ エイビーロードからの申し込みや入金が確認できた利用者には、航空券代金に相当する額を支払うとしている。・・・・」

 エイビーロードは旅行会社ではない。
 ただの旅行情報サイトだ。旅行広告の会社である。
 ハッキリ言って、支払う必要はない。
 エイビーロードの利用規約にも以下のように記されている。

リクルートの責任
エイビーロードのご利用に関連してユーザーと旅行会社・航空会社・宿泊施設等との間に何らかのトラブルが生じた場合、ユーザーは当該旅行会社・航空会社・宿泊施設等との間で解決するものとし、リクルートは当該トラブルに関して一切責任を負わないものとします。また、ユーザーのエイビーロードのご利用(これらに付随するリクルートまたは第三者の情報提供行為等を含む)その他エイビーロードを通じてアクセスできる第三者が提供するサイトおよびサービスにより生じる一切の損害(精神的苦痛、または第三者の経営不振等の事由により発生するその他の金銭的損失を含む一切の不利益)につき、リクルートはリクルートに過失がない限り責任を負わないものとします。なお、リクルートが責任を負う場合であっても、リクルートの故意または重過失がない限りリクルートの責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。
・・・・・・
・・・・・・
エイビーロード提供情報
1.エイビーロードにおいて提供される情報(ツアーや航空券・旅行会社情報等の第三者の情報、広告その他第三者により提供される情報)は当該第三者の責任で提供されるものであり、ユーザーは、提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性、最新性についてリクルートが何ら保証しないことを了承のうえ、自己の責任において利用するものとします。
2.リクルートは以下のいずれについても保証するものではありません。
◦エイビーロードの提供に不具合やエラーや障害が生じないこと
◦エイビーロードから得られる情報等が正確なものであること
◦エイビーロードおよびエイビーロードを通じて入手できる商品、情報などがユーザーの期待を満たすものであること
◦エイビーロードに含まれるユーザー等の発言・発信行為が第三者の権利を侵害しないこと
3.リクルートは、第三者がリクルートのウェブサイト以外のウェブサイトにおいて、エイビーロード上で提供される情報の転載を行った場合、その転載がエイビーロードからの転載であることがユーザーに識別できるか否かを問わず、当該ウェブサイトにおける情報についての、最新性、真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について何ら保証するものではありません。


 もしかしたら、エイビーロードは、レックスロードの旅行業未登録を、自社の過失と考えたのだろうか?
 詳細はわからないが、お客様にとっては本当に良かった。

 ただ今後、このような前例ができれば、同じような情報サイトの責任が旅行会社同様に大きくなってしまうのではないか?
 それも大変なことだ!





 

 
tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

旅行会社「レックスロード」で航空券を購入したがチケットが届かないというトラブル発生。
JATのHPには「東京都知事登録旅行業3-4509号(平成25年10月旅行事業廃止)(株)レックスロードは、当協会の正会員ではありません。旅行取引についてはご注意ください。」との警告文が掲載されている。単刀直入に言えば弁済業務保証金は出ないということ。
ネット取引が普及している時代、JATの正会員の義務付けの必要性を示す典型では?

URL | 筌翁 #-
2014/07/28 13:33 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/820-d573e77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。