Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

中世イランの町々

イブン・フンドゥクが12世紀後半に編纂した『バイハクの歴史』より・・・
*UTCPイスラーム理解講座第4回 イスラーム的学知の担い手たち:12世紀東イランのある博学者の肖像

それぞれの町々の特徴を書き記している。

ギリシア・・・哲学者
ハッラーン・・・金細工師
イエメン・・・織物師
バクダード近郊・・・書記官
サマルカンド・・・紙すき工
トゥース・・・アイヤール
マルヴ・・・詐欺師
ブハーラー・・・美しい顔つきのもの
チーン・・・賢いものと絵描き
トルコ人・・・矢の名手
ガズナ・・・名誉あるもの
ヒンド・・・手品師
キルマーン・・・貧民
ファールス・・・クルド人
コンヤとアンカラ周辺とルーム方面・・・トルコマーン
ディーナワル・・・スーフィーたち
レイ周辺・・・盗賊と隠れ潜むもの
ホラズム・・・美食家と節度あるもの
バイハク・・・文人


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/809-13cfd811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。