Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

パリで安倍首相「1つ星店」ドタキャン騒動

*パリで安倍首相「1つ星店」ドタキャン騒動…被害シェフを直撃(日刊ゲンダイ)

8日、10日間の欧州歴訪から帰って来る安倍首相御一行様。
 フランスでは、5日昼(現地時間)にパリの日本大使公邸にオランド大統領を招き、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を振る舞った。その席で首相は、グルメ大国の大統領に向かって自然との調和を大切にする和食の神髄を語り、終始ご満悦の様子だった。
 ところが、同じ人が真逆のことをしているのだから、神髄が聞いて呆れる。

 ことの発端は、安倍首相が6日昼(現地時間)に予約したレストランのドタキャン騒動。パリの「レストラン・ソラ」を3日前に突然キャンセルしたのだ。同店は、パリの3つ星レストラン「アストランス」で修業した日本人シェフの吉武広樹氏(33)が3年前に開業。翌年には早くも1つ星を獲得し、予約困難な店としても知られる。

 その吉武シェフが、3日(現地時間)に自身のフェイスブックで不満をこう漏らしている。
〈今ヨーロッパにいらっしゃっている日本を代表する方々から30名のご予約。3日前にして『すみませんが、今回は見送らさせて頂きます』って。いやいや、すみませんじゃ、すまないです〉

 一方的なドタキャンに憤まんやる方ないといった様子。なにしろ、予約で満員の店を、安倍首相が来るからといって無理に予約をねじ込んできたのは、当の安倍サイドなのだ。吉武シェフは続く4日にもこう書き込んでいる。
〈投稿を見て友人のレストランより連絡が来ました。その方々は、友人のレストランも予約されていたみたいで、結局そちらに行かれるようです。信じられません。両店の予約を全てブロックし、ギリギリで片方をキャンセル。しかも、心配になってこちらから電話をしてからの返事がこれ。〇〇総理大臣御一行様、たかがレストラン。キャンセルすれば済むと思っていたんですか?〉

 もちろん、レストランを手配したのは安倍本人ではないが、側近たちの思いあがり、高慢が見て取れる。6日に昭恵夫人が〈事情を確認致しますが、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした〉と吉武氏のフェイスブックで謝罪しているが、後の祭りだろう。

パリの吉武シェフ本人に改めて話を聞いた。
「当店は40席あるのですが、やはり30席分のキャンセルは痛手です。しかし、私が伝えたいのは金銭的な部分ではなく、礼儀の問題なのです。フランスの食に対する文化は日本とは違い、お客さまはレストランやそこで働く者へ敬意を払います。もし食文化を語られるなら、その点を少し考えていただきたいのです」

 安倍はグルメを気取って食の神髄を語る前に、礼儀を学び直した方がいい。



 上記日刊ゲンダイの記事を読んで、妙に緊張してしまった。
 たぶん、添乗員そのものが、このような予約を取らされてきた末端の一人だからだろう。

 きっと上記の件も安倍首相のブレーンがレストランの予約を直接手配するのではなく、あれこれ指図して末端の者が予約そのものにかかわっているのではないだろうか?

 
 企業などのオーガナイズツアーで、無理な要求をよくされる・・・・

 タクシーを2台頼まなかったことを怒られたこともある・・・指定時刻の前にタクシーが来なかったことを、「日本なら10分前にタクシーが配車されるのが当たり前だ!」と・・・実際、指定時刻には着たんだけれど・・・、「添乗員なら2台頼んで競わすぐらいの機転をきかせたらどうだ!」と・・・・
 出入国審査でも、ワイロやズル入りで、先に進めるようにしろ!と言われたし・・・
 レストランやゴルフやコンサートの急な予約、そして急なキャンセル・・・・
 これも地元の方々に迷惑をかけたいい例だろう・・・
 *1998年のフランスワールドカップのチケット問題

 個人的にはいい人でも、会社を背負った瞬間、みな威圧的となってしまう。
 礼儀に反するとわかっていても威圧的だ。
 日本人が礼儀を重んじるというのは嘘だ。
 どこの国の人でも、重んじる人は重んじるし、ダメな人はダメである。
 特に、企業の場合、企業倫理が、礼儀の上なんだろう。
 それは日本だけではなく。
 そして、すべての組織・・・学校や福祉までもが、企業のようになってきた!
 政治家や官僚は真っ先に企業倫理を取り入れたようだ。

 
 もうひとつ、上記の日刊ゲンダイの記事・・・
  安倍首相夫人の次のことば・・・どうも引っかかってしまう。
 
 〈事情を確認致しますが、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした〉

 軽々しくこういう言葉を吐く人間・・・もしうまく運ばなかったとき・・・こういう方が一番おおきなクレームをあげる例をたくさん見てきたせいかもしれない。
 
  



tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

その後の始末は?

安倍首相夫人の次のことば
 〈事情を確認致しますが、ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした〉

事情を確認してそのまま放置ではないでしょうね。ご迷惑どころか損害を与えているのですから。

URL | 傍観者 #-
2014/05/21 13:54 * edit *

うーん...難しい問題ですねぇ。

このオーナーさんは、デポジットをもらったのか?とか
安部さんに限らず、政治家さんや一部企業のトップが
こういった狼藉を働くのは常識ということを考えれば
そもそも予約を受けなければ良かったのでは?とか
ついつい考えてしまいます。

彼らの仕事の中では、所詮はひとつのレストラン、です。
だからと言って、彼らにこのレストランを侮辱する意図は
無かったでしょうし(結果としてそうなったとしても)、単に
状況の中でこういう対応をする以外に無かったのでしょう。

とにかく成功という結果しか求めいVIPや、メディアの取材スタッフなど、こっちから考えれば「トンデモ」な連中はたくさんいます。
我々が出来る最大の防御は”係わりを持たない”でしょう。

まあ、VIPやメディアを受け入れることに、一定の誘惑があるのは
確かですから、最終的にはメリット、デメリットのバランスで判断を
する以外にないんですけどね。

URL | 通りすがり #-
2014/05/18 05:42 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/807-67db2016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。