Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

韓国客船沈没事故で認識したこと

 韓国客船沈没事故からもうすでに10日がたった。
いまだ発見されない行方不明者が約120人いる(犠牲者175人)。
この10日間で、次々と驚くべき事実が判明していた。
その驚くべき事実の中で、とくに愕然とするのは、船が傾き始めてから沈没するまでの1時間半の間、船長以下操舵手、機関士等船員たちが目立った救助活動もせず、自分たちだけそそくさと逃げ出したことだ。
ベテラン船長をはじめ経験豊かな乗務員たちがまさかそれはありえないだろう??・・きっと間違って報道されているのか、救助できない尋常でない理由があったのだろう・・・と思っていたが、最初の報道どおり、多くの修学旅行生の前途ある命を見捨てて、自分たちだけ知っている誘導ルートで短時間で安全に脱出していた!

その後の報道では、
<韓国船沈没>韓国が“服従文化”を反省=「問題の本質を見ていない」「指示に従うのが基本」
<韓国船沈没>法が軽視される韓国の文化、役人は「公共の安全」を二の次と考える
<韓国船沈没>船会社の背後に異端宗教団体、経営に関与し利益得る?
と、事故の原因やその後のゴタゴタは、韓国特有の問題のようないわれ方をしているが、はたしてそうだろうか?

 たまたま韓国の客船で起きただけであって、日本で起きたっておかしくなかったのではないだろうか?
 ここ何年間、日本で観光客が巻き込まれた事故・・・・
 安全の軽視、法や取締りの軽視、営利優先・・・・観光バスの横転事故、登山ツアーの遭難事故は記憶に新しい。
 事故の原因を「韓国独自の文化」ともっていきたい気持ちはわかるが、実際はどこの国でも起こりえる事故だ。
 グローバルされた市場世界のなかで、どんなに検証しようと、またどこの国でも起こりえることではないか!
 あらためて、100%安全が担保されることは決してないと認識したい。

 そして、今回の韓国客船沈没事故でもうひとつ、認識したいことは、以下の記事である。
*<韓国船沈没>無責任な船員ばかりではない!学生の脱出に尽力の女性「私は最後に降りるわ」―韓国メディア

2014年4月21日、韓国船沈没事故で乗客の避難誘導もせず、真っ先に脱出した船長を含む乗組員に批判が集まっているが、環球時報(電子版)は韓国・KBSの報道を引用し、乗客の避難に尽力し、命を落としてしまった女性乗組員について紹介した。

同乗組員は沈没事故で初めて確認された犠牲者で、自身のライフジャケットを学生に渡すなど学生らの脱出に全力を注いだ。学生が、「なぜライフジャケットを着ないの?」と聞くと、女性は「あなたたちが全員脱出したら船を降りるわ」と話していたという。

報道によると、女性乗組員は22歳で、本来なら大学生なのだが、母親と妹を養うため半年ほど前から「セウォル号」に勤務していた。彼女の行動に「死を前にした彼女の行動は、ベテラン乗組員よりも偉大だ」と報道ではたたえている。

korean11.jpg
合掌


 つまり、イザというとき、ベテラン船長やベテラン船員より、新人アルバイトの22歳の女性が、最後まで乗客を励まし、付き添い行動をひとつにしていた!

 これは何を意味するのか?

 旅行会社の売り文句・・・ツアーパンフレットを開くとあちこちに書いてある
 『ベテラン添乗員』『添乗日数1000日以上・・添乗員』『ベスト添乗員』『セレクト添乗員』『人気添乗員』『マイスター添乗員』・・・・・

 この売り文句が、どれだけ当てにならないものか!
 そのことを強く認識しておくことだ。

 イザというとき、ベテラン船長のようにならないという保証はどこにもない。
 咄嗟のとき、逃げるか助けるか何で決まるのだ?
 本人の資質ということだろう!
 いろんなシガラミに縛られ保守と化したベテラン管理職より、より純な新人のほうがいいことだってたくさんあるのだろう!

ferrycaptain.jpg


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/801-fbe86c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。