Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

“心に届く旅”とは?

なぜかこのような事件をテレビで取り上げていた!
今までも何度もあったと思うのだが・・・・
お客様が訴えたということが珍しかったのか?

【裁判】添乗員「頑張って帰ってきて下さい」英ヒースロー空港に置き去りにされた男性、阪急交通社を提訴
ヤフーニュースより

英空港に置き去り 仙台の男性、旅行会社を提訴
 添乗員付きの欧州ツアー旅行で英国のヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を受けたとして、仙台市若林区の50代男性が4日までに、ツアーを計画した大手旅行会社阪急交通社(大阪市)に慰謝料など計40万円の損害賠償を求める訴えを仙台地裁に起こした。
 男性の代理人によると、同様の訴訟は珍しい。男性は「会社は責任を認め、過失のない旅行客の立場に配慮した対応をしてほしい」と強調する。
 訴えによると、ツアーには男性ら26人が参加。ことし1月、スペインやポルトガルを訪れ、ヒースロー空港で帰国手続きを取った。テロ警戒で手荷物検査が厳しく、男性と女性添乗員、女性客の計3人が無作為で選ばれ、再検査を受けた。
 添乗員と女性客は先に再検査を終え、搭乗ゲートに移動。添乗員は男性が遅れる旨をゲートの係員に知らせた後、係員の指示で成田空港行きの航空機に移った。男性も再検査を済ませてゲートに駆け付けたが、出発に間に合わなかった。
 添乗員は携帯電話で男性に「飛び立つので(男性は)もう乗れない。頑張って帰ってきてください」と伝えたという。
 男性は現地の旅行代理店を通じてホテルを予約。英語があまり話せないため道案内などのガイドを依頼し、ホテルに1泊し、別の航空機で帰国した。宿泊費やガイド代は自分で負担したという。
 被害の弁償などをめぐり、男性は旅行会社側と何度かやりとりしたが、帰国後、会社側から「会社に過失はなく、金銭の補償はしない」といった連絡があったという。
 男性側は「安全に旅行できると思って添乗員付きのツアーを選んだ。添乗員は空港に残って男性の安全確保に力を尽くすべきだった」と主張。阪急交通社の担当者は「裁判になったことは誠に残念。法廷で見解を述べる」と話している。
・・・・・・・・・・・・・・



 お客様の気持ちはよくわかる。
40万円ぼっちで訴えるとは、これではあきらかにお客側の損だ。もろもろの裁判費用を考えたら間違いなくマイナスだろう。勝てる見込みもない。もし勝てたとしても、慰謝料は40万円以下だろう。そんなことはわかっていて訴えたはずだ。
阪急交通社に対する怒り!!
これだけだろう・・・・・・・

hankyu11

添乗員の気持ちもよくわかる・・・・・
「頑張って帰ってきて下さい」ばかり強調されているが、どうしていいかわからず、それ以外言いようがなかったのではないだろうか・・・・・
最終日、最後のトランスファーだ。疲労はピークにさしかかっていただろう。思考も働かず、頭が真っ白になって口から出た言葉がこれだった!
そうではないのか?
だからこそ、機内から電話をした(よく電話ができたと思う!)。
どうにかしなくちゃ・・・と思って急いで電話した。
しかし、どうにもできず、その言葉となってしまった。

もちろん、添乗員は彼を気にしていたはずだ。
通常添乗員は機内へ最後に乗る。たぶん、彼女は彼が搭乗したのかどうか確認が取れず、もう先に搭乗しているのだろうと思い、機内へ進んだ。そして彼がまだ乗っていないことがわかったから電話した。

悔やまれるのは、どうしてそこでゲートへ戻らなかったか?ということだ。
乗務員に止められたのだろうか?
それとも、阪急という会社がちらついたのだろうか?
お客様のためと思って判断しても、後にかかる費用は間違いなく添乗員の自腹となるだろう!
そういう会社だ!







tb: 0 |  cm: 4
go page top

この記事に対するコメント

裁判の結果云々よりそういうことがあるとしれ渡ったのが痛いですね
パックツアーは右も左も分からない年配の方が多く利用されると思うのですが安心感を買ってパックツアーにしたのに流石に酷です
この事案が広まるともう阪急を利用しようと考えるお客様は皆無になるような気がします

URL | これは #-
2013/06/29 05:45 * edit *

置き去り

阪急のマニュアルでは、お客様が搭乗に間に合わない時、日本直行の便場合は添乗員は現地に残る事になっていたと思うのですが。
ただ状況として、機内でお客様が搭乗していない事が発覚しても一旦乗った添乗員は降ろしてもらえない場合が多い気がします。(また荷物降ろさなくてはならなくなるから?)
それでもこの場合は添乗員はドアを閉められる際に降りて遅れた方のケアと日本への連絡をしていれば良かったのでは?
バスゲートの搭乗は機内でお客様が全員乗っていない場合本当に怖いです。理想としてはゲートで再集合して全員確実に乗って頂くのが良いのですが、今回の事例では乗り継ぎ時間が短く、しかも手荷物検査場でその方だけが時間が掛かってしまったというのが不運でしたね…。
アメリカの手荷物検査場でも、どんなに乗り遅れると言っても聞き入れてもらえないです。
もし、飛行機が途中乗り継ぎ便でお客様が搭乗に間に合わない場合は添乗員は乗らなくてはならないので、
添乗員2人体制なら良いですね。
明日は我が身の事件です…。

URL | 添乗員 #-
2013/06/19 02:07 * edit *

置き去り

はじめまして。記事を読んでビックリしたのですが、このような置き去りはよくあることなのでしょうか。

コメント欄にあった「岐阜地裁平成21年9月16日判決」を読んでみると、同ページ解説の(2)が妥当するように思えます。手続が長引いて男性が飛行機に乗り遅れるかもしれないという予見可能性もあるのに、通信機器を使って現地での男性のフォローをしなかったという点や点呼等での添乗員の過失、ひいては旅行会社の使用者責任になりうる気がします。

今回は手荷物検査の再審査なので出国済みってことなんでしょうか。だとしたら、現地旅行社と日本の旅行社どちらの管轄になるのでしょう。客側からみると添乗員は旅行社の一員なので、個人的には残ってフォローしてほしかったと思いました…

URL | うず #jISoVqTc
2013/06/08 14:02 * edit *

置き去り事件

大阪の大手旅行会社の添乗員付きツアーに参加した仙台の男性が英国のヒースロー空港に置き去りにされ、精神的苦痛を受けたとして、旅行会社に約40万円の損害賠償請求の訴えを起こし新聞記事を読みました。
置き去り事件で思い出した判例(岐阜地裁平成21年9月16日判決)があります。
平成19年6月にトルコツアーで添乗員が点呼・確認を怠ったため、観光地で専用バスに乗れず、一人置き去りにされた事件で、慰謝料3万円を認めたものです。
旅行の場合サービスの提供は旅行会社ではなく旅行先の現地法人なので、旅行会社の責任も認めるケースは稀で、にも関わらず旅行会社の責任を認めたのは、添乗員に過失があったからと考えます。
この判例を今回の事例に適用するには難があるかもしれません。しかし、添乗員の旅行者のサポートする範囲を知るうえで注目の価値があるのではないでしょうか。

URL | 筌翁 #-
2013/06/07 09:30 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/774-e5787155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。