Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

国内パッケージツアーの宴会

以前、国内パッケージツアーに宴会は付きものだった。宴会そのものがない場合でも宴会場において参加者全員、お膳で夕食を取っていた。
それが今は、バンケットルームのような夕食会場にてバイキング食が主流になってきた。添乗員や旅館やホテル側にとってそのほうが断然楽なはずであるが、ツアー全体もしくはお客様のことを考えると、宴会があったほうがいいかなあ?と感じないでもない。不思議と宴会があるほどお客様同士が仲良く団結するのである。もちろん、添乗員との親密度も増すのである。多少添乗員が失敗しようとも、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」という協力関係が生まれる。確かに、若いカップルなどは団体で食事をし隣同士でお酌をしたり雑談することが苦痛かもしれない。しかし、そのような若者でも嫌々ながらそのような行為と付き合っているうちに、けっこう楽しそうにしているのだ。

*カリスマ・添乗員?・・・平田進也氏


tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/765-939765a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。