Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

エジプト熱気球墜落

エジプト熱気球墜落 エジプト政府「日本人4人を含む19人死亡」FNNニュースより

エジプトの世界的な観光地ルクソールで、観光客らを乗せた熱気球が炎上して墜落した。
エジプト政府によると、乗っていた日本人4人を含む19人が死亡したという。
事故は、「王家の谷」など、古代エジプトの遺跡を上空から見渡せるという人気のツアーで起きた。
エジプト・ルクソール。
ものものしい空気に包まれたサトウキビ畑からは、次々と遺体が運び出された。
観光客らを乗せた熱気球が炎上し墜落した現場では、気球のゴンドラ部分なのか、黒く焦げた骨組みのようなものや、ボンベらしきものの姿が確認できる。
目撃した人は「(気球の)周りが火に包まれ、ガスが爆発した。パイロットが最初に飛び降りて、次にアメリカ人の客1人が飛び降り、残りの人たちも飛び降りたが、火に包まれていた」と話した。
ロイター通信などによると、26日午前7時ごろ、熱気球が上空300メートルで炎上し、墜落したという。
気球には、観光客20人と、スタッフ1人のあわせて21人が乗っていて、エジプト政府によると、19人が死亡、2人が負傷したという。
ルクソールの病院の医師は「3人のけが人を受け入れて、そのうちのイギリス人は、手術後、すぐに亡くなった。病院の遺体安置所には、8人の遺体がある」と話した。
エジプト政府は、ツゲ・カズオさん、ツゲ・ハルミさん、テラダ・ヤスヒデさん、テラダ・アサコさんの4人の日本人が気球に乗っていて、4人とも死亡したと発表した。
ツアーを企画したJTBの子会社、JTBグランドツアー&サービスは、26日夜、会見で、日本人2人の死亡を確認したことを明らかにした。
午後7時すぎ、JTBグランドツアー&サービスは会見で「亡くなられたお客様は、添乗員が確認できた段階では、2名様。東京在住の60代のご夫婦でございます。あと残り2名様の安否等は、まだ確認中でございます。ただいま、わたしどもの添乗員が4つの病院を回って、ご遺体の確認、もしくは安否の確認に向かっております」と発表した。
事故が起きたルクソールは、ツタンカーメンの墓がある「王家の谷」や、「ルクソール神殿」など、古代エジプトの遺跡が数多く残る国際的な観光地。
日本からも多くの人が訪れており、気球に乗って遺跡を見るツアーも人気だという。
JTBグランドツアー&サービスによると、被害に遭った4人は、カイロやルクソールなどを23日から10日間の予定で観光するツアーに参加。
4人とも気球に搭乗するオプショナルツアーを申し込んでいた。
日本人を含む多数の観光客が犠牲となった今回の事故。
JTBグランドツアー&サービスの今枝 敦社長は、現地ガイドなどの情報として、事故の状況について、「けさの場合は、(午前)6時30分にバルーンが上がったそうです。火災を目撃したというのは、朝7時でございます。現地におりますガイドからの報告ですが、突然の強風にあおられ、気球が大きく流されたあと、急に出火したと。そのまま畑の中に墜落したということで聞いております」と話した。
飛行中、突然出火したという熱気球。
上空300メートルで、一体何が起きたのか。
長年、日本の競技気球の第一人者として活躍し、30年以上のパイロット歴がある藤田昌彦氏は、気球に積み込まれていたガスボンベか、ガスを送るホースに異常があった可能性を指摘する。
熱気球にくわしい、バルーンカンパニー・藤田昌彦社長は「出火ということになると、ガスが漏れない限り引火しないわけですよね。ボンベの方であったり、あるいはホースが、これは切れるっていうのは、まずワイヤ通ってますのでね、あり得ないと思いますよ。だから、このつなぎ目が、なんらかの原因でなんかなったのか。ちょっとしたガス漏れだったら引火しないわけですよ、離れてますからね、それだけのガスの量が出たってことですよね」と話した。
ルクソールで、過去にも熱気球のツアーで事故があったことを把握していたというJTBグランドツアー&サービス。
JTBグランドツアー&サービスの今枝 敦社長は「2010年ですが、エジプトの観光省の方から、各バルーン会社の方に、バルーンの点検を至急するようにという指導が入ったようです。安全確認できたということで、4社から5社が今、バルーンツアーを行っております」と話した。
JTBグランドツアー&サービスでは、着地の際に籠の部分が転倒し、けがをするおそれもあることから、ツアー客に注意喚起を行い、署名を求めたうえで、参加者を募っていた。
日本政府は、カイロの日本大使館職員を急きょ、現地に派遣。
今後、くわしい事故の状況や日本人の安否などについて確認を行う予定。


JTBグランドツアーの社長がカメラの前で謝罪していた?
・・・・・
しかし、何の謝罪なのだろうか?
まだ、はっきりと原因がわからないのではないか。
まだ、頭を下げる段階ではないだろう。
その姿に違和感を感じずにいられない。

報道を見るかぎり、JTBグランドの「安全確保」という落度はない。
バルーンツアーは、世界中のあちこちで楽しまれている。
今回の現地オプショナル主催会社は老舗で、他国からも多くの参加者が利用していたという。
JTBが、日程中のフリータイムを利用しオプショナルを組み、現地主催者へ流し込む・・・どこの旅行会社でもどこの国でもやっている。
あとは、バルーンのメンテナンス、操縦士の個人的ミスを調査することになるだろう。
もし、その調査で現地主催会社の過失が実証されれば、その会社が遺族へ賠償をおこなうことになる。

JTBグランドは、無過失であるが、特別補償規定、第五条に基づいて、日程表の中に含まれる他社主催のオプショナル事故ということで、お亡くなりになられた方に各2500万円づつ支払うだけである。

それにしても、JTB! 
どうもエジプトと相性が悪いとしか思えない。
1997年のハトシェプスト女王葬祭殿の事故
2010年のバス事故
そして、今回・・・・・


今回の事件、エジプトの観光業に大きな打撃を与えるはずだ。
海外のマスコミはかなり大きく取り上げている。2年前のデモ、政変と続くゴタゴタで観光客は激減していた。日本の旅行会社もエジプトへのパッケージツアーをずーっとひかえていた。そして、今期、再びエジプトツアーの募集用パンフレットが店頭で出揃いはじめた矢先の事故である。2月、3月とエジプト観光はまだハイシーズンである。

お亡くなりになられた2組の日本人を含む19名の参加者たちにとって、待ちに待って来られたエジプトではなかったであろうか?多くの土産話を持って帰国の途につくべき参加者だったはずだ。
あらためて、旅行の怖さを感じてしまった。
一瞬にして、笑顔から悲しみに変わってしまうことが旅にはある。

カッパドキア、バルーンツアーも事故が多い。



*http://www.hotairballoonaccidents.com/INDEX.html








tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

筌翁 さま

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね・・・私も海外では、そのような書面にサインさせられることが多々ありますので、感覚的に麻痺してしまっていたかもしれません。国内ではあまり見かけませんが、海外では、「形式的」という言い方で、責任を書面で明文化しています。現地主催会社のそういう書面の代行として、お客様に対しても、「形式的なものですから」とサインを求めていました。お客様もたぶん、「形式的」にサインをしているのでしょう。「危険」ということをそれほど認識せずに。 
日本の旅行会社は、そのような海外の会社を真似して、近頃では、自分たちの主催(企画)でも、お客様に書面を書かせ責任を明確化しているように思えます。「離団書」の類はその代表的な書面です。
添乗員も事前の「打合せ」から、いろんな書面にサインを旅行会社より求められます・・・個人情報やイヤホンレシーバーなどと・・・・

今回のJTBの場合、現地旅行会社の書面なのか、JTB自身の書面なのかわかりませんが・・・バルーンは危険かどうかというより、お客様のサインをもらったかどうかということに重点がおかれているようにみえますね。そのことをマスコミにいう必要はなかったのではないでしょうか。そのような自己保全をしながら、頭を下げて謝罪するから、余計に偽善のように感じられます。

バルーンは、死亡事故に至らないアクシデントが多いようなので、保険加入を勧めているのだと思います。そういう意味では、もちろん、その「危険度」は知っていたでしょう。傷害事故を負ったとき保険に入っていないと大変なことになりますから。
これほど悲惨な事故が発生するとは、想像もしていなかったと思います。

合掌

管理人より







URL | InTouch #-
2013/02/27 23:16 * edit *

犠牲になられた方のご冥福をお祈り致します。
この事故の報道で驚いたのは、「JTBが気球の参加者に保険の加入を求めたうえで、「万一の事故についてJTBは一切責任を負わず、自分自身の判断で参加する」という内容の同意書に署名させた」という新聞記事にです。
このような同意書をわざわざ提出させたのは、JTBが今回のような重大事故の発生を予想していた証ですね。
旅行業法は、利用ではなく、使用の概念で構成されているはずなので同意書を出させなくても(とりあえず)責任は気球運行業者でありJTBは矢面に立つことはないはずです。
にも関わらず提出させたのは、業者の選定責任、管理責任等の安全確保義務まで免れる意図があったのでしょうか。もしそうならば商人として失格ですね。
JTBは参加の条件を「保険加入の義務付け」に留めておけば良かったような気がします。今後展開によってはこの同意書で世間から責められる可能性があるのではないでしょうか。
JTBは同意書を出させたことによりかえって、このような同意書を取らなかった移動手段、宿泊施設等に関して他のツアーで発生した事故については逆に旅行会社の責任との主張の材料に使われることになるのではないでしょうか。
JTBに限らず全ての旅行業者に、物を売ったからにはそれが代理、媒介、取次であってもそれなりの責任から全く逃れることは出来ないことを認識して商売して欲しいものです。

URL | 筌翁 #-
2013/02/27 22:22 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/762-0cc8a61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。