Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

トルコ バス2名体制

「筌翁」様からコメントをいただきました。いつもありがとうございます。下記のコメントも当を得た指摘だと思いました。

この欄でトルコツアーの広告に比較的大きな文字で「安心 バス運転手 2名体制」と記載する会社があると書きました。この記載少し変だと思われませんか?長距離移動の場合運転手を複数とするのはあたりまえで、あえて記載する必要はないのではないかと。「安心」とうたえるのは金太郎飴のようにどこを切っても同じ場合(物理的に)であって、例えば勤務過剰で疲れ果てた運転手とか、最近免許を取得したばかりの運転手では安心といえませんよね。このような記載をして客を誘引するこの会社何かうしろめたいことでもしたことがあるのではと考えたくなりませんか。


 クラブツーリズム、JTB、HISなどのいちぶのトルコツアーではバスドライバー2名体制をうたっている。
 いちぶのトルコツアーと書いたのは、同じ旅行会社でも、2名体制と記載しているツアーもあればないツアーもある。記載していないということが、2名体制でないということなのかどうかはわからない。

 そもそもバスドライバーを2名にするということはどういう意味があるのだろうか?
 先日、日本で起きた関越道のバス事故で問題になったのは、長距離、深夜の高速ツアーバスを1人のドライバーが終始運転することだった。それを受けて、深夜バスの2人制、また昼夜でもドライバー1人の長距離、長時間の運転に制限を設けしっかりと監査する方向へ舵が切られたのではないか。

 それを踏まえてトルコツアーを考えるならば、何がなんでも2名体制で・・・・という必要もないのではないか?
 長距離、長時間の運転でないかぎり、ドライバーを2人つける必要はないだろう。逆に、長距離、長時間・・・つまり朝早く出発して夜遅く到着するような1日があるのであれば、何があろうとドライバーを2人つけるべきではないのだろうか。それが、旅行会社の「安全確保」というものであって、「筌翁」様のいうように、取り立ててデカデカと広告するべきものでもないだろう。
 
 たぶん「筌翁」様が納得しがたいのは、旅行会社が「安全」ということを念頭においてツアー企画をたてていないことが、その広告表示からうかがい知れるからではないだろうか?

 たとえば、同じ旅行会社でありながら、かたや2名制と表示があり、かたやなかったりする。
*JTB旅物語 感激!エジプト・トルコ・ギリシャ 15日間
*JTBルック お買得 (成田発)洞窟ホテルに泊まる ぐるっとトルコ
 上には2名体制という表示は文中にあるが、下のツアーにはない。どちらもかなりの長距離をバスで走る。

*クラブツーリズム ★気球遊覧体験付★感動を呼ぶトルコ絶景体験8日間
*クラブツーリズム ★いたれりつくせり魅惑のトルコ大満喫8日間【トルコ人気No.1】
 こちらも同様。長距離移動があるのに、上のツアーには2名体制の表示があり、下のツアーにはない。

*HISネイチャーワールド イスタンブール&カッパドキア観光付!洞窟ホテルとデラックスクラスホテルに宿泊
 今度は逆だ。HISは、長距離移動もないのに、わりと目立つように≪【4】バス運転手2名体制※市内観光、空港送迎を除く。≫と表示してある。ほんとに、ドライバーが2人つくのだろうか?

 ・私の見落としであればすいませんが・・・・・

 
 この記載の曖昧さは何なのか?
 もし記載どおりだとすれば、基本的な「安全」を、片方は、誇張、広告したということだろうか?
 となると、パックツアーでは、基本的な「安全」も売買されているということになりやしないだろうか?
  

 
tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

ナチョス さま

解説ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。
管理人より

URL | InTouch #-
2013/02/27 09:42 * edit *

2年ほど前、ツアーバスの事故多発を受けて、トルコ政府が、一日600キロ以上走行の場合は、運転手2名体制にせねばならん、と突然の発表。
日本の一般的なトルコツアーでは、コンヤ〜カッパドキア間が600キロ以上の走行となり、途中に宿泊をするような町もなく、各社急遽二名体制にするも、すでに現地オペレータ、ランオペ、主催旅行社の間では、ツアーフィーがフイックスしているため、この差額は誰が負担するのか、大きく揉めた。
さらに、言い出しっぺのトルコ政府も、言ってみたものの、おそらく無計画に、根回しなく言い出して各方面からクレームを受けたようで、二名体制にしなかった場合の罰則や、いつから、どのように規制するのかうやむやのまま、未だにこの二名体制が存在しているのかどうかも謎。
しかし、日本の旅行会社としては、もしも二名にしてなくて何かが起きてからでは遅いので、保険的な意味あいで二名体制を貫き、どうせだったらこれもツアーの売りにしちゃえ!と考えたセコイツアーは、大々的に二名体制をうたっている。というカラクリです。

URL | ナチョス #-
2013/02/26 15:32 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/754-cc0906da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。