Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

海外添乗員になるために

Webで以下のような質問を見つけた。
海外添乗員になるために(教えて!goo)

こんにちは。現役で海外添乗員をされている方にご回答いただければ幸いです。

ただいま学生ですが、海外添乗員になろうと、10ヶ月ほど前にちゃんとした機関で総合旅程管理の座学を終え試験も無事通り、そしてその後には海外研修も終え、座学と研修、両方の修了証いただきました。

その後、添乗派遣の会社に登録に行ったはいいものの、その会社のスタッフになるためには、いくら資格を持ち、実務経験を終えていてもその会社で行う座学と海外研修を再び受けなければならない、といわれ愕然としました。座学も研修も、どちらも万単位の高額なお金がかかります。それをもう一度しろというのか・・・?と当惑しました。
加えて、資格をとってもうすぐ一年になりますが、一年以内に登録証を発行しないとまずい、などとも言われました。
そこで質問です。

(1)総合旅程主任者資格自体は半永久的なもので、さらに資格取得後1年以内に海外研修にも行っているので、その会社のいう様に「1年以内に登録証を発行しなければまずい、添乗できない」ということはありませんよね?
もちろん、実際に業務につくには資格を持ってるだけではダメで、派遣会社にスタッフ登録し、そこから登録証を発行してもらうことは学びました。しかし、1年以内に登録証を発行してもらわないとまずい、とは学びませんでした。それだと、まるでいままで取った資格がぱあになるような聞こえです・・・。
(2)今回の会社の事例のように、海外添乗員派遣会社はすべてこのようなスタンスなのですか?つまり、いくら資格を持ち海外研修を終えていても、自社の行う研修を受けなければ認められないのでしょうか?

ちなみに、肝心の実務経験の方は勉強した機関から紹介してもらい、ほんの少し国内を添乗したのみです。つまり、海外添乗員をはじめるにあたっては資格とプロの添乗員さんについた研修に行ったのみで、ある意味未経験です。

でも、せっかく高額なお金を支払って取った資格が、無駄になってしまうのでしょうか?(; ;)

よろしくお願いいたします。


 上記の質問者はたぶん私の以下のブログを見ることはなかったのだろうと思う・・・・
*旅程管理主任者 偽装修得
*添乗員の資格

 添乗員のこの資格は、旅行会社の社員と内定者、もしくは、派遣会社の登録者と登録内定者しか受講することができないのだ。だから、それ以外の者が受講することはすべて違法(偽装)ということになる。基本的に学生は受講できないのである。
 偽装の多くは、旅行専門学校など(ちゃんとした機関?)が金儲けのために派遣会社と手を組んで派遣会社に一時的に登録させて受講させるやり方である。上記の質問者も本人は気づいていなかったかもしれないがその方法ではなかったかと思う。最終的に旅程管理研修を受講するときには、旅行専門学校あたりから、「一時的に登録するだけで形式的なものだから・・・」などといわれて学校の提携している派遣会社のそういう登録書類にサインしたことと思う。その書類がなければ、監督官庁である観光庁から監査が入る。
 上記の者は、けなげにも、主任添乗員になるための条件である実務研修(たぶん有料研修旅行)まで参加したようだ。

 ・・・・・・なんといっていいのやら・・・・・

 本来、上記のように本気で添乗員になろうとしている学生ならば、直接大手の派遣会社へいくべきだった。
 大手であれば、卒業予定の学生に対して、国内添乗からしっかりとしたカリキュラムが組んであり、その途中で、添乗の資格を受講できるようになっている。国内実務研修、海外実務研修も含まれている(有料)。この新人添乗員のためのカリキュラムにイレギュラーはありえないのだ。「私は他で研修をすませてきたのでここでは・・・」などということはほとんどありえない。そんなことをすれば、他の新人添乗員からのものすごいパッシングを受けることになる。すべて再び一から始めることになる。

 もし私にアドバイスすることができるとすれば・・・・
 あなたがこの資格を取るとき、一時的にせよ必ず派遣会社に登録しているはずだから、その派遣会社から添乗に出してもらうことだ。派遣会社にはその義務があると思う。そのあと、他社へ移ることを考えればいいのではないだろうか。大手の派遣会社でも、添乗経験者には多少の優遇措置を設けているはずだ。再び、海外実務研修へ行け!とはいわないかもしれない(添乗経験者でも行かせるところもあるのだが)。
 あなたの心配している「1年以内に登録証を発行しなければまずい、添乗できない・・・」は問題ないでしょう。主任添乗員の条件をみたしていれば、登録証(主任者証)は自ずと所属先が発行してくれます。それが2年先だろうと10年先だろうと。


 それにしても、かかった経費を取り返すだけでもどれだけの年月が必要だろうか?



 
tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

不合理なシステム

読んでいて、非常に腹が立ってきた。
向上心のある学生を食物にしているこの実態に。

学生を世間知らずの若者と切り捨てるのは簡単だが、
それで済む問題ではないだろう。
このような不合理なシステムが存続することが理解できない。

この業界団体が正常化するべき役目を負うべきだと考えるのだが、
業界団体は行動しないのだろうか。

正常化より業界の利益なのかな。

URL | 蒼ざめた馬 #-
2012/11/22 20:54 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/738-8a633aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。