Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アミューズトラベル「万里の長城トレッキングツアー」遭難事故

再びアミューズトラベルーが遭難事故をおこした。
2009年の北海道トムラウシの遭難では8人亡くなった。今回の中国・万里の長城では3人が犠牲になった。
前回の事故後もあまり反省しているように見えなかったので、やはりか・・・・と思ったが、新聞やテレビの報道をみると、前回とすこし違うように感じる。
 前回のトムラウシ山では、ガイドの判断がお客様の生死を決定してしまったと思われるが、今回ははたしてガイドや添乗員の判断で危険を回避できたのだろうか?と考えてしまう。

テレビや新聞では、アミューズトラベルが、事前に下見をしていなかった!とか、現地まかせ!ということを強調している。格安の落とし穴!だとか、前回と同じ過ちの繰り返し!だとか・・・・・・そして、監督官庁は何をしていたのか!と。

そもそも、旅行会社のツアーなどほとんどが下見などしていないのではないのか?
ほとんどが現地まかせではないのか?
いちいち下見などしていたら、ツアーが高額になって大変だろう。現地手配会社や各政府観光局の企画やプロモーションを旅行会社が検討しながら、適当なツアーづくりをしているのではないのか?
私などもたまに、旅行会社から「このツアーはあなたが一本目ですから、下見をかねて添乗してきてください」とか言われることがある。
まあ、もし旅行会社が下見をしていたとしても、下見の経験をそのツアーすべてに当てはめることはできないだろう。
また、現地の手配会社のいうことだからすべて信用できるかというと、現地手配会社の作成した日程表が結構いい加減だったりする。行程の時間配分が完全に間違っていたりするのだ。

大手旅行会社だってその程度だ。
それに比べたら、今回の事故にあったアミューズトラベルのツアー日程は、良心的に作られたものではないのか?アミューズトラベルの中国人スタッフが一生懸命、企画したのではないか・・・・途中休息日があってもいいだろうが、そう無理のある日程とは思われない。9日間の日程で、残り3日のところまで無事に着ていたのだから。万里の長城100キロ走破の70キロ以上がんばってきた。あと残り2日間、30キロ足らずだ。当日の天候は、夕方から雪ということで、朝方は、ちらほらと雨が降り出したようだ。この状態だったら、ガイドも添乗員もお客様も、「いける」と普通に思うのではないだろうか?その時点で走破を中断する決断などありえるのだろうか?
はたして、マスコミがいうように、旅行会社が下見をして現地まかせにしなかったら、安全確保義務がはたらいて、この時点で中断したのだろうか?

*万里の長城グレート・ウォール100kmトレッキング9日間

添乗員やガイドが普通の携帯電話しか持っていなかったことも指摘されていた。ハイテクの衛星電話があればSOSが可能だった。ただし、SOSをしたところで、大雪で誰も現場まで助けにいけなかったはずだ。

今回はアミューズトラベルがいうように、確かに「想定外」の大雪だったのだろう。旅には常にこのような「想定外」のリスクがつきまとう。その「想定外」のリスクを最小限の犠牲で食い止めるのが、旅行会社の義務であり「安全確保」ではないだろうか。

今回の事故でアミューズトラベルに責任があるとすれば、下見をしていなかったことや現地まかせのことではなく、この会社の管理職が簡単に「想定外」と言ってしまう会社の体質のほうではないか。「安全確保」に対する意識がもともとトップ以下低いのではないだろうか?

今回の万里の長城の遭難死亡事故において、アミューズトラベルの法的な責任は発生しないと私は思う。断定できる過失を探し出すことは不可能だろう。その点は、前回(2009)の北海道トムラウシとは違う。
ただ、登山などアドベンチャー要素の多いツアーを企画する場合、旅行会社は、二重、三重に「安全確保」をして当たり前ではないだろうか。危険と常に背中合わせであることぐらい十分承知していたはずだ。それを、「想定外」と言ってしまうということに、前回の事故以降も「安全確保」と真摯に向き合おうとしなかったアミューズトラベルの姿勢が感じ取れる。

事前に現地のランドと安全確保について十分なやり取りがあったのだろうか?
下見をしなくても安全を担保できるだけの信頼関係がランドと築けていたのだろうか?
自然災害でなくても、ひとりの参加者の具合が悪くなることだって当然考えられたはずだが・・・・
前回の教訓を生かすとすれば、比較的安全と思われる山岳ツアーでも、緊急時のビバーク用具くらい添乗員(この会社は添乗員のことをツアーリーダーという曖昧な表現をつかっているが)に担がせていくべきだったのではないか?

そこまでして事故が起きた場合でも、主催旅行会社は、想定外とは普通言えないだろう・・・・


tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

万里の長城遭難は旅行業界の体質に原因があるのでは?

また中高年をターゲットにしたトレッキングツアーでまた事故が起きました。
このような事故が再発するのは、トレッキングツアーだけではなく一般的なツアーを含めた共通する原因があると考えます。
それは旅行会社自体に、企画商品が同業とほぼ同じコース、宿泊施設、バス会社等なので取引先の信用調査や、自ら走行して品質を確かめることを往々に省略する体質があるのではないでしょうか。
この体質が出来る原因は、企画から商品化までの期間短縮、仕入原価を下げ販売価格低減、しかも商品がサービスなので物品とは違い瑕疵があっても買戻しの必要がないからではないでしょう。
このようにして出来上がった商品なので企画部門でもその内容がわからないので実施の際、現地や添乗員に全て「丸投げ」してしまうのではないでしょうか。
今度こそ、業界の体質にメスを入れ、行政、業界一丸となて旅行事故防止の施策を強くお願いします。

URL | 筅翁 #-
2012/11/14 11:13 * edit *

野外活動では緊急用のものは何でも自分の物は自分で持たないと危険です。いくら他に人やリーダーがいるといっても万一のときはあてにできないでしょう。とても辺鄙な場所ならなおさらでしょうし、ガイドやリーダーに持っていってもらうのもポーターでも雇っていくのでないとどうでしょうか。何かあった時に手が貸せないんじゃないかと。

URL | ハイキング初心者 #-
2012/11/12 21:02 * edit *

腐ったマスコミ

 私もこの人の言うとおりだと思う。 一応。 だがしかし、結局は運が悪かったと思うしかないのではないか。  この時期に中国に行ったということも含めて全て自己責任だと思います。  
 
 世の中は全てお金で回っているのではないでしょうか?  下見とか事前準備、添乗員に緊急用具を担がせる事も含めて。
 
 鮫に襲われない様に金網で囲まれた中を泳いで海峡を渡る人達の様にお金を掛けて、万が一の時は併走するボートに助けてもらう位体制を整えてから冒険すれば良かったのです。  そこまでしても多分絶対という事は無いでしょう。

 確かにこの旅行会社もちょっと問題のある所かもしれませんが、私は今回のこのニュースを聞いていて一番不愉快なのはこの事件でまるで鬼の首を取った様にこの旅行会社を責め立てるマスコミです。

 各コメンテーター達も手を変え品を変え、出だしは旅行会社の立場にもなって柔らかな口調で話してみたり。  安全確実で美味しい飯の種なんでしょう。

 チベットではお坊さんが何人も焼身自殺しています。  ウィグル人には一体何が起こっているのでしょう。  気の毒な人達が自作の奇妙な歴史を一生懸命世界中に喧伝しています。  でもそんな事はどうでもいいのでしょう。

 楽しみにしていたのに思わぬ災難にあった方々には気の毒だと思います。  無事だった方の誰を責めるでもない発言は立派だと思います。
 亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
 

URL | 風の又四郎 #-
2012/11/11 20:35 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/737-8eb7b8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。