Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

聖テレジアの法悦

 前回『法悦』という言葉を覚えたことを書いたら、友人が、イタリアのローマにある『聖テレジアの法悦』について教えてくれた。
 ローマのサンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会コルナロ礼拝堂の壁面には、17世紀中期の彫刻家ベルニーニが製作したこの『聖テレジアの法悦』という彫刻が設置されているらしい。

estasi_di_santa_teresa_1647.jpg

 ローマにはツアーでも個人的にも何度か訪問しているが、こういう作品があることは知らなかった。
 聖テレジアの法悦・・・・・・・・
 Wikipediaでちょっと見てみると、
 聖テレジアとは、16世紀生まれの大変高名な修道女で自叙伝を発表している。その自叙伝のなかの一説を彫刻にしたのがベルニーニの『聖テレジアの法悦』ということらしい。聖テレジアの神秘体験・・・

私は黄金の槍を手にする天使の姿を見た。穂先が燃えているように見えるその槍は私の胸元を狙っており、次の瞬間槍が私の身体を貫き通したかのようだった。天使が槍を引き抜いた、あるいは引き抜いたかのように感じられたときに、私は神の大いなる愛による激しい炎に包まれた。私の苦痛はこの上もなく、その場にうずくまってうめき声を上げるほどだった。この苦痛は耐えがたかったが、それ以上に甘美感のほうが勝っており、止めて欲しいとは思わなかった。私の魂はまさしく神そのもので満たされていたからである。感じている苦痛は肉体的なものではなく精神的なものだった。愛情にあふれた愛撫はとても心地よく、そのときの私の魂はまさしく神とともにあった。この素晴らしい体験をもたらしてくれた神の恩寵に対して、私はひざまずいて祈りを捧げた。


 その後、フロイトやラカンなどの精神分析学が19世紀終盤から生じると、聖テレジアの『法悦』は、欲求不満からくる『性的絶頂』と考えられるという解釈が付け加えられた。

フランスの精神分析家ジャック・ラカンが女性の性的絶頂の説明のなかで「ローマにあるベルニーニの彫刻を見に行くだけでいい。誰が見てもすぐに彼女(テレジア)がその瞬間を迎えていることが分かる。疑問の余地は全くない・・・・



 こういう話を読んで、私は不謹慎なことが頭に浮かんだ。
 ということは、私がヨーロッパの教会でときどき感じるあの感覚・・・・『法悦=エクスタシー』は、女性のあのときの絶頂感と同じだったのか?

 男性の絶頂感とは違うことは確かだ。
 ・・・・・・・・・・・・・

 女性が男性より強いはずだと思った
 ・・・・・・・
 


tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

Ecstasy

私が、「法悦」という言葉を知ったのは、若き日にスクリャービン/交響曲 第4番「法悦の詩」を聴いた時だった。
でも、「法悦」という言葉の意味を理解することはできなかった。

そのから、30年ほど年を重ね、「聖テレジアの法悦」を知ったとき、初めて「法悦」の意味を理解できた気がした。
それは、イタリア語の題名:Estasi di santa Teresa d'Avila、これの英文表記:Ecstasy of St Teresa of Avila を知り、
法悦=Ecstasy であり、聖テレジアの表情を見たときに解った。

それにしても、Ecstasy⇒法悦という訳は上手な訳だと改めて思う。

URL | 蒼ざめた馬 #-
2012/08/25 08:57 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/733-072f862f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。