Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

「法悦」という言葉


 『法悦』という言葉を覚えた!

 8月3日号の日刊ゲンダイ連載の「流されゆく日々」で五木寛之が教えてくれた。
 五木氏は以前ヨーロッパのハンブルグを訪れた時の話として、ハンブルグの大聖堂の音響のすばらしさをあげていた。マイクやスピーカーはないのに、声楽隊やパイプオルガンの音が教会の壁全体に共鳴、震動している・・・
 
 「あんな音でバッハやハイドンなどを演奏されると、人は一種の生理的な法悦におちいるのではあるまいか。」と五木寛之氏は書いている。

 ・・・・あの感じを『法悦』というのか!と私は長年のもやもやが取れたような気がした。
  ヨーロッパの教会で感じる心が洗われるような感覚を、『法悦』というのか!



ほう‐えつ〔ホフ‐〕【法悦】
1 仏の教えを聞き、それを信じることによって心にわく喜び。法喜。
2 うっとりとするような喜び。エクスタシー。「―にひたる」
 
 

 



tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/732-2b6ba61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。