Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ツアーバス8割超が違反 

ツアーバス8割超が違反 【重大・悪質な業者26社一覧】'12/7/19 中国新聞

国土交通省は18日、高速ツアーバスを運行する全国の貸し切りバス会社298社の緊急監査で、8割を超える250社に法令違反を指摘したと発表した。このうち48社は複数の運転手の日雇いや、会社の名前を第三者に利用させる「名義貸し」などで重大、悪質な違反としている。高速ツアーバスを委託する旅行会社59社の監査でも、約半数の28社で客に旅行説明書を渡していないなどの旅行業法違反があった。

 さらに詳しく調べ、違反が確定した場合は行政処分する方針。国交省は「指導が不十分だった。監査体制の強化や厳罰化を進める」としている。

 バス会社250社の違反の内訳は、運転手の日雇い22社、名義貸し1社のほか、4時間までに制限された連続運転時間などの乗務時間違反が192社、運転手への講習を含めた適切な指導の未実施が118社、乗務前後の点呼の未実施が48社などとなっている。

 これらのうち頻度や件数、人数などが突出しているケースを重大、悪質な違反とした。

 国交省は18日、ホームページで、今後も高速ツアーバスを運行する約230社のリストを公表。重大、悪質な違反を指摘した48社のうち26社も含まれる。利用者が増える夏休みを前に、適切な安全管理のバス会社を選ぶ参考にしてもらう。

 監査は4月に群馬県の関越自動車道で乗客7人が死亡したツアーバス事故を受けて5、6月に実施し、直前約1カ月の状況を調べた。対象は国交省が把握している全国の高速ツアーバス運行会社のうち過去1年間に監査していない社で、ほかにも同様のバス運行業者が存在する可能性もある。

 旅行会社の監査では、国や都道府県に対し、法令で規定されている営業所の変更や、年間取引額の届け出を怠っていたことが判明した。

 また厚生労働省は18日、高速ツアーバス運行会社や営業所計339カ所の監督状況を公表。9割超で労働基準法などの違反があり、是正勧告した。長時間労働の違反が最も多い219カ所だった。

     ◇

 国土交通省が緊急監査で、重大、悪質な法令違反を指摘した48社のうち、今後も高速ツアーバス業務を続ける26社は次の通り。かっこ内は本社がある都県。

 ▽東北都市交通(岩手)▽翔礼交通、仙台富士交通(宮城)▽朝日観光バス、河北レンタカー(山形)▽桜交通(福島)▽総和観光、八丁タクシー(茨城)▽あさみ観光バス(栃木)▽埼玉自動車交通(埼玉)▽アルファ交通バス、東関交通、三友交通(千葉)▽ダイキカンコー(東京)▽小千谷観光バス(新潟)▽ケイ・エス(石川)▽郡上交通(岐阜)▽サンテック観光、東神観光バス、リムジオート(愛知)▽大上観光バス(兵庫)▽肱南観光バス(愛媛)▽サンマリンツアー(宮崎)▽あづま交通、霧島観光交通(鹿児島)▽翔陽(沖縄)


 ついに悪質なバス会社名、旅行会社名まで公表された。8割超違反とされた業者のなかには、とるに足らない違反(条件書を掲示しなかったなど・・・)や今回の事故とは関係ない違反もあっただろう。が、名前を公表された業者はかなり悪質で常態化された安全無視の体質があったのだろうと察する。あの関越道の事故から随分「隠す?」時間があっただろうに・・・・

 今回、国交省もかなり踏み込んだ緊急重点監査をおこない議論も重ねてきた様子が、その報告書から読み取れる。ちょうど真面目な職員に当たったのだろうか?
*関越道における高速ツアーバス事故を受けた緊急重点監査の結果概要等について(国交省)

 今回のように名前を公表されては、バス会社や旅行会社はたまったものではないだろう。効力は大きいのではないだろうか?今後も安全運行違反の重複した業者が見つかれば、追加発表してほしいと思う。

 ただ、重点監査は、今回の事故を受けて大規模におこなったはずだから、度々実行されるものではないだろう。
 また、違反に対する具体的な罰則を記事では触れていない。

 わたしは、やはり、検問を設けるべきではないかと思うのだが・・・・・
 上記記事では、「・・・・・4時間までに制限された連続運転時間などの乗務時間違反が192社・・・・」
「・・・また厚生労働省は18日、高速ツアーバス運行会社や営業所計339カ所の監督状況を公表。9割超で労働基準法などの違反があり、是正勧告した。長時間労働の違反が最も多い219カ所だった。」
 とあり、検問を設ければ、直接、事故につながる「安全運行上」もっとも重要な違反を常時取り締まることができる。

 警察官がたくさん、道路わきに隠れて、一般市民の「ねずみ取り」をすることも「安全?」に多大な貢献をしているのだろうけど、何人かをそちらへ回す余裕は十分あるのではないか?「安全」の予防策として十分効果があるはずだ。もし警察官で足りなければ、駐停車を必死になって追っかけまわしているあの係員を動員すればいいのでは・・・・こちらでもすぐキップを切れる!

 旅行業界はこの国交省の報告にあわせて、「高速バスに関する安全指針」を発表した。残念ながら、こちらは、マスコミでは大きく取り上げられなかったようだ。
*高速ツアーバスに関わる安全指針
 以前から旅行業法や旅行業約款でいわれている「安全確保」をあらためて「安全指針」というかたちで確認したということのようだ。

 ただ、「高速ツアーバスの広告について」は、利用者にとって、安心して高速バスを利用する判断材料にきっとなるにちがいない。
*高速ツアーバスの広告について(JATA)

 
 それにしても、この改革・・・・たしか関越道バス事故を受けて進められているはずだ。
 事故の被害者および被害者遺族はどう感じておられるのだろうか?
 あの人たちにとって、バス運転手以外、罪を問うことができるのだろうか?
 バス運転手は、一応、8時間以上の休息をとり、運転中は、適宜にドライブインで休憩をしていた。まだあの時点では、2人以上のドライバーの義務はなかった。たしかに、あのバス会社「陸援隊」は多くの業務違反をおこなっていたが、その業務違反を、バス被害者たちは問えるのだろうか?バス会社や主催旅行会社およびその違反を放置した監督機関の責任を問うことができるのだろうか?


 もし問えるとしても、どこまで問えるのだろうか?
 なんとなく、むなしくなる・・・・・
 


tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

そうです。政府も罰すべきです。国交省、観光庁は、法律の制定までが自分たちの仕事と思い込み、制定後はJATA等の仕事と決めての丸投げでは事故が起きるのは未必の故意と言って過言ではないですよね。

URL | 筌翁 #-
2012/08/19 21:14 * edit *

こういう会社は運転手のせいにして自分たちは責任逃れ
いくら安くても命を軽視しているバス会社に命を預けられるのか?利用者のそのことを考えなければならない…
政府も厳罰を与えるべき

URL | None #-
2012/08/17 09:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/728-fa814cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。