Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ツアーパンフレット 再び細かいことですが・・・

 以前、旅行パンフレットの注意書きについて以下のようなことを書いた。
 *ツアーパンフレット 細かいことですが・・・

 今年の阪急交通社のパンフレットを見ると、他社と表記を同じにしたようだ。

地域により日本語ガイドがいないため英語ガイドがご案内し、添乗員がご説明する場合があります。また、添乗員のみのご案内の場合もあります(例:スペインのバルセロナ、マドリッドを除く小都市、ポルトガルのリスボンを除く小都市)。


 「添乗員が通訳・・・」の表記が消えたことで添乗員はほっとしたことと思う。
 
 ・・・・・・
 ただ、どうだろう?
 上記の表記のなかにも嘘はないか?

 日本語ガイドがいないから?
 英語ガイドがご案内とは?

 あちらこちらの日本語ガイドが窮状を訴えているのではないか!
 仕事が全く入らないと!!

 現実は旅行代金を抑えるために、日本語ガイドはつけないのではないか!
 すべて添乗員にやらせる!
 どうしても現地法でライセンスガイドを雇わなければならないところだけ、一番料金の安いローカルガイド(現地語)を手配しているのではないか!
 もちろんここも添乗員がやる。

 取り越し苦労ならいいが・・・・・

わたしは、「英語ガイド」の部分もカットし、
 

地域により日本語ガイドがいないため添乗員がご案内、説明する場合があります。

だけでいいと思う。

 ちなみに再び細かいことですが、
 ルックJTBは以前から、下記のように表記していた。

ルックJTB
地域により日本語ガイドがいないため、英語ガイドがご案内し、添乗員が説明する場合があります。


 その上の阪急交通社とちょっと違うだろう?
 そう・・・
   かたや、「添乗員がご説明・・・・」
   かたや、「添乗員が説明・・・・・」
 どちらが正しいのだろうか?



 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/714-fd1fd1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。