Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

旅本来の満足を追求した? 『ユーラシア旅行社』+

添乗員の関し村木氏は、1回目の質問状のなかで次のように記している。



添乗員さんはご本人なりに一生懸命に仕事に取り組んでいましたが、厳しい意見を言わせて頂くと、一生懸命の方向が違います。
電話のあるホテルでも部屋にまでご本人が直接モーニングコールをしていましたが、こんなことはホテルに任せれば良いことです。
電話のないホテルの部屋でも従業員にモーニングコールを依頼すれば良いのでは?
参加者にコーヒー、紅茶の希望を計り、添乗員さんが運んでいましたが、コーヒー、紅茶のある場所を伝えて、こんなことは客に任せれば良いのです。
無駄な仕事は極力省くべきで、その分睡眠をとり、本来の仕事に専念すべきと考えます。
一般的には睡眠が少ないと、幾ら若くとも的確な判断や指示が難しくなりがちで、大きな事故や間違いを起こしやすくなります。
ご本人は若く小柄で、童顔ですから、外国人から見ると子供のようで、只でさえ先方から舐められがちと云うハンディがあります。通常時はそれでも結構ですが、問題が起こった際、その結果が全て高い代金を支払って参加した顧客に降りかかる訳ですから、これは勘弁して頂きたいと云うのが率直な感想です。
ハッキリ申し上げて、トラブル発生時の添乗員としての押し、気迫、要求の意思表示に欠けています。交渉事の最後は気迫です。おどおどしながら、小さな声で相手に要求していては何ら解決しません。



ほんとうに的を射た意見ではないか?

誰もがこのように思うはずである。
しかし、ユーラシア旅行社という会社は、それを知っていてこういうサービスを添乗員にやらせるのだ!
たとえ本業が怠ろうが、日本人が「選民的サービス」に弱いことを知っているからである。
過剰に奉仕する人に、人間は同情と優越感を感じ、最終的には、文句は言ってもまた参加してくる!というのが裏の企業理念だ!

その分、本来の旅の楽しみから遠くなっていく・・・・・・


tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

Re: 的は射るもの

> 揚げ足取りで申し訳ありませんが、
> 「的を得た」 ではなく 「的を射た」 ですね。
> 例えば↓↓↓
> http://starscafe.net/kotoba/misuse/fit_m.htm
ありがとうございます。けっこう間違いが多いと思いますので、今後ともよろしくご指摘願います。
助かります。

URL | InTouch #-
2013/07/03 09:46 * edit *

的は射るもの

揚げ足取りで申し訳ありませんが、
「的を得た」 ではなく 「的を射た」 ですね。
例えば↓↓↓
http://starscafe.net/kotoba/misuse/fit_m.htm

URL | 八橋ゆう子 #-
2013/07/02 13:05 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/688-f429c85f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。