Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

こんな時でも、大量採用できる旅行会社は・・・

 旅行会社は来年もあまり新卒採用をしないようだ。
 ここ何年間、採用人数が減ってきていた。それに輪をかけて今年は、大震災、世界的な景気低迷と先の読めない状況に人材といえども先行投資はできないのであろう。

 *トラベルビジョン
  旅行業界の12年度新卒採用は後倒しの傾向-採用なし、今後採用活動の企業も 


 こんな時でも、大量採用できる旅行会社は、ジェーテービー(JTB)のような寡占会社か、採用してもすぐ辞めさせればいいと考えているエイチアイエス(HIS)ぐらいだろう。
 
 それにしても、HISの正社員の平均勤続年数は、グンを抜いている!
 大手旅行会社のほとんどは、15年以上ではないか。HISはその約3分の1、5~6年だ。まだ創業して10年以下の会社ならわかるが、HISはもう30年以上経つだろう。旅行業界の若手ホープの時代は終わった。もう中堅どころではないのか?それなのに、この会社の社員定着率はずーーっと変わりない。
 これをどう考えればいいのか?
 どう考えても、この会社が故意で、5~6年で退社するように持っていっているということだろう。

 過酷なノルマや時間外労働を激励と感じる若者しか最終的に残らないようになっているのではないか?
 サービス業であり、ホスピタリティを重んじる共感性あふれる若者は、違和感を感じて辞めていくしかないだろう。旅行会社からしたら、うまく淘汰したということだ。
 また、夢のあふれるサービス業を演出すれば、新しい人材は応募してくる。
 これで人件費は安く抑えられるのだ。

 しかし、よく考えたら、HISの平均勤続年数5~6年のほうが他社よりいいかもしれない。
 5~6年ならまだ、20代だろう。転職の機会はある。また別な夢を追うことも可能だ。
 それにくらべて、大手他社の場合、平均勤続年数が15年以上!
 こうなると、もう40歳前後だから、このとき、会社から放り出されても、若者ほど夢を追うというわけにもいくまい。もしかしたら、この15年あたりには、会社からのリストラ=早期退職組も含まれているのかもしれない。
 一瞬良心的に見える会社(社員)ほど、「首切り」を無慈悲にできたりする。

  それにしても、エイチアイエスの添乗日当はどうしてあんなに安いんだろ?
 



 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/658-88e35aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。