Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

トラブル続きの旅も悪くない

 旅は楽しい。幸せを感じる。来てよかったと思う。

 こうゆう時を共有できた友や仲間とは、その後も話題がつきない。

 
 ただ、苦しい旅もある。トラブルがつづくこともある。

 病気になることもある。来なければよかったと思うこともある。

 こういう時を共にした友や仲間とは、もっともっと深い何かを感じる。

    なでしこ

 不幸をともに背負ってくれる友を見つけよ        

 楽しい出来事や互いの利を分かち合える仲間がいるのは喜ばしい。だがそれ以上に大切なのは、不幸をともに背負ってくれる友を見つけることだ。だれかがそばについていてくれれば、人生の苦難や危機に遭ってもその険しさは和らぐ。人は、ときには世間の称賛を勝ち得たいと願いながら、反対に非難を浴びてしまうことがある。
 そんなときにこそ、庇ってくれる友や、少なくとも屈辱に耐えられるよう支えてくれる仲間が必要だ。運命も群衆も、二人の人間を同時に攻撃することは難しい。たとえば頭のよい医者が治療に失敗したとしても、顧問として別の医者を呼び、一緒に棺をかついでもらうのはそのためだ。重荷や悲しみはだれかと分かち合え。孤立する者には不幸はつねに乗り越えがたく、二倍になってのしかかる。

賢者の教え―せち辛い人生をいかに生きぬくか (リュウブックス)賢者の教え―せち辛い人生をいかに生きぬくか (リュウブックス)
(1993/05)
バルタザール グラシアン、J.レナード ケイ 他

商品詳細を見る






 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/652-ee07a416
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。