Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

納得できないボランティアツアー

  どうして、こんな発想ができるのだろうか?
  不思議でならない。
  自分たちの倫理観が変だとは思わないのだろうか?

 ボランティアと観光をくっつけました!???

 トラベルビジョンより
 *東北観光復興へ(3):ボランティアツアー、応援ツアーの可能性

*ヒトの不幸を売り物にする商魂の逞しさ
 変わり者扱いされている「トラのコ」様のおっしゃられていることのほうがぜんぜんまともだ。

 もし旅行会社のノウハウがボランティアの派遣に役立つというのなら、ボランティアで、ボランティアだけのツアーを手配すればよい。企業として観光の促進を考えるのであれば、観光ツアーを主催すればいい。
 それをくっつけました!!未曾有の大震災と観光を!

 倫理観がないからできるのだ!
 ハレンチではないか!

 ハレンチといえば、
 東南アジアのツアー客で、夜になると、
「さあ~ボランティア、ボランティア・・・」といって、
 買春にいそしんでいたオジサンがいたっけ!
「人助けだから!!ワハハハ~」

 しかし、上記ボランティアツアーを旅行会社が主催する場合、特別補償規定はどうなるのであろうか?
 被災地で活動するのである。
 危険はつきものだ。まったく危険がないということはないだろう。
 ツアーの強制保険である特別補償の対象になるのであろうか?



tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/634-459845ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。