Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ハッピーバースデー

 ツアー出発前、メンバーリストで参加者の誕生日を調べる。
 ツアー中に誕生日を迎える人がいないかどうか?
 
 けっこう数字というのは確認したようで見落としていることが多い。だから何度か確かめる。
 阪急トラピックス、JTB「旅物語」、クラブツーリズムという“格安三羽烏”の場合、参加人数が多いから大変だ。40人近くがザラである。もちろん、それだけ誕生日の確率もあがる。

 20年以上前なら、参加者が30人近くなったら、添乗員をもうひとりつけていた。その当時とツアーのリスクは何も変わらないのに、今では40人いても添乗員はひとりだ。
 いや!逆に、以前よりリスクが大きくなったかもしれない。ツアー内容が複雑になったうえガイドやアシスタントがつかない。お客様も、国内ツアーのように小言が増えてきた。

そんな中で、誕生日のお客をピックアップしてメンバーリストにチェックを入れる。

何のために?

もちろん、誕生日のサービスをするためだ!

旅行会社のマニュアルに書いてある。誕生日のプレゼントをするなり何かしかのパフォーマンスを添乗員は決められたバジェットでおこなわなければならない。
結構なプレッシャーだ。
もともと決まっている日程のなかで、誕生日のお客様プレゼントを用意するなりしなくてはならない。
しかも、旅行会社がそのために用意する費用も決まっている。だいだい1000円位から3000円あたりまでではないか?
格安ツアーの場合、1000円以内だろう!
1000円で何が買えるか?1000円でどんなパフォーマンスができるか?
もちろん、領収書必要で、足が出たら添乗員の自腹だ!!

添乗員にとって一番安易な方法は、バジェッド以下のプレゼントを現地で調達して、誕生日の日、「お誕生日おめでとうございます!会社からのささやかな気持ちです」と言って、本人に手渡すことだろう。

わたしは、これで十分だとは思うが、添乗員によっては、晩餐時にケーキでも用意し、お客様全員で、「ハーピバスデイ~トゥ~ユ~!」とお祝いしてあげている。

ここまでしたら、本人が恐縮するのではないか?と私はずーっと思っていたのだが、あるツアーで、丁度ホテルの売店でデコレーションケーキが一つ売れ残っており、ホテルレストランのマネージャーもとても親切な方だったので、夕食時、ケーキとワインを用意して参加者全員でハッピーバースデーをしてあげたことがあった。

夫婦で参加された高齢のご婦人であった。

「もう~そんな年ではありません~」と笑顔ではずかしそうにしていた。

わたしは、「いいじゃないですか!旅行中は、みな子供にかえっていいと思います」
と言ったが、やはり恐縮させ気分を害してしまったかなあ~と心配だった。

その後、変わりなくツアーは終了したが、会社に手紙が届いていた。
誕生日のお祝いのことが記されていた。

ほんとうにうれしかったらしい。もう何十年も誕生日などお祝いしたことがなかったそうだ。子供のいないご夫婦だったのでなおさらだったかもしれない。大勢の人におめでとう!といってもらえたのが、とっても幸せだったようだ。夫婦連名の手紙だった。

その後も年賀状も届くようになったが、そのときの感謝がいつも書かれているのだ。

わたしは、ノルマのように儀礼的に誕生日をチェックしていたことを反省した。

現実は、ツアー日程は、あるお客様の誕生日にそって決められているわけではないので、ツアーの日程のなかで、儀礼的にサービスしなければならないだろう。
ハードな日程でお客様もクタクタなのに「ハッピーバースデー」などやってられない。早く部屋へ戻ってシャワーをあびて眠りらせたい。
そんなときは、ホテルの売店で小物でも購入してプレゼントするしかない。

ただ、あの老婦人に手紙をもらってからは、私のなかに、「ハッピーバースデー」という心情が芽生えた気がする。



tb: 0 |  cm: 5
go page top

この記事に対するコメント

考えが変わりました・・・。

先日参加したツアーで、最後に現地の空港で(一応)解散する際、
添乗員が「実は今回、新婚さんがいらっしゃいました。」と
わざわざ発表し、プレゼントをみんなの前で渡していました。
(新婚さんであることなど最初から分かっていたのだが・・・。)
当然、参加者は拍手をせざるをえませんでした。

私は結婚したくとも家庭事情等で
(もちろん自分の容姿等も原因ですが)
うまくいかないので、複雑な気分になりました。

子供の写真が入った年賀状を見ると憂鬱になる、という人の
気持ちも分かる気がしました。

誕生日もやらない方がいいのかもしれませんね。

URL | 破門されし者 #-
2015/06/05 16:26 * edit *

そういえば自分の時にもそういうのありました
一回くらいなら何ともないけど何度も何度も
正直迷惑でした
夕食時に一回くらい「○○さん、お誕生日おめでとう」くらいで
良いのではないでしょうか?
部屋を一番良いのにしてあげた・・とか
同じお金払ってるのになんだかな・・って思いましたよ

URL | None #-
2013/02/07 14:56 * edit *

人それぞれですよね

お誕生日の夕食時、ケーキを用意して皆でハッピバーディを歌いました。

他のお客様に歌を強制した訳ではありませんが、アンケートに他人の誕生日祝いを強いられて歌も歌わされた。と・・・

また違うツアーでは、お客様の中にはシャイ過ぎる方がいらして、他人に祝われるのが嫌な方もおられて人前で祝ってほしくなかったと・・・

AGTによっては誕生日祝いをしないところもありますが、期待されて参加される方もいらっしゃるようで、プレゼントを強要されたこともありました。
自腹でお渡しするしかありません。

URL | 現役添乗員 #27Yb112I
2013/01/01 15:39 * edit *

Re: タイトルなし

破門されし者様

そう言われれば、自分もありますね!
勉強になります。
ありがとうございます。

管理人

URL | InTouch #-
2011/06/15 22:16 * edit *

管理人様
私は自分の誕生日に引っかかるツアーに意図的に参加することがありますよ。
もちろん、プレゼント目当てではなく、「異国の地で誕生日を迎えたい。」という気持ちで。
私以外の人が誕生日を迎えても、旅先のせいか、こちらも幸せになるものです。
「格安三羽烏」だと、「こんなんで時間とって面倒くせーなー」って考えている客がいそうですが・・・。

URL | 破門されし者 #5w8DYPMM
2011/06/15 08:47 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/617-ad6a9412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。