Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

菅総理とインドのリキシャマン

  海外ではよく騙された。
 わたしが海外で使ったお金の半分は騙されたのではないか?とさえ思える。はっきり騙されたとわかるものもあれば、今でもどちらかわからないものもある。

 とくにインドでは・・・・
 金額的にはたいしたことはないが、回数的には日常的に騙されていた気がする。この国にはマジメな人はいないのか?と本気で思ったぐらいである。
 ただ、毎日、騙されていると、しだいに、そのリスクをコントロールする技術を身につけてくる。
 「これぐらいの騙され金なら、妥協するか・・・・」
 「今回の騙し方はなかなかじゃないか・・・・」
 「このインド人は、まだまだ修行が足りないなあ・・・」
 など、余裕を持って、騙されるようになる。

 そこまで騙すインド人に慣れていても、たまに、相手を信用して大きなショックを受けるときがある。
 しばらくは、憎しみと放心状態が交互に続く。そのうち、騙すより騙される方がいい、騙されまいと身構える旅はできないのだから、こういうことも仕方がない、と自分をなぐさめるようになる。

 毎日騙すことが趣味のインド人が騙すお金は、せいぜい何ルピーだ。
 今回、菅直人が騙し取ったのは、政権!そのものだ!
 今までもペテンまがいの詐欺を繰り返した菅直人なんだから、信用してはいけなかったんだろうけど、詐欺師特有の弁舌に鳩山前首相はコロッとだまされてしまった。

 まあ、騙されたのは無理もないかもしれない。

 鳩山氏は、会見で、「党員の中には(首相の退陣時期が)あいまいではないかという気持ちもあったと思うが、政治家同士だから口できちんと約束したことは守るのが当たり前の話だ。それができなければペテン師だ。今でも信じている。辞任することが2人の間の確認だ」といった。

 鳩山前首相は、菅直人を政治家だと思ったのだ。
 だから、信用した。当然だ。

 しかし、彼は、政治家ではなく、それ以前にペテン師!だった。
 コソドロ並のペテン師だろう!胆力は0の・・・・・
 インドのリキシャマンと同レベルの・・・・

india34.jpg
危険な香漂うリキシャマンの後姿!このあと騙されるパターンだ!

kan22.jpg
お金を騙し取ったあとのリキシャマンのような笑顔!


 そうなると、インド人に騙され続けた私と同じように、国民は、「仕方ない」と思うしかないのか?
 それとも「二度と来ないこんな国!!」と叫ぶか?
 

 以下の菅直人の仲間であり、その後ホームレスになってしまった彼が、市川房枝氏擁立の際のエピソードを語っている。そのなかで、集合写真を撮るときに自分の隣りにいたはずの菅が、シャッター音がしたときにはいつの間にか市川房枝氏の脇で笑顔をふりまいているのにビックリした、といっている。自分のためなら、誰でも利用し、友を平気で裏切る・・・・・










tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/608-2e2467c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。