Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

添乗中たまに起こる出来事

ワールド航空サービスのツアーにご注意
アブハンブラ宮殿での経験

上記のような書込みを見つけた。

上記より掲載


ワールド航空サービスのツアーにご注意
アブハンブラ宮殿での経験
更新日:2008年11月2日

ワールド航空サービスのツアーに近づくと 大変不愉快な目にあいますのでご注意ください。
以下、経験したことをご紹介いたします。

日時:2008年10月21日(火) 10時頃
場所:スペイン・グラナダ アルハンブラ宮殿

経験したこと:
アルハンブラ宮殿をゆっくり見学していたところ、ワールド航空サービスのツアーに追いつかれた。
ワールド航空サービスのツアーガイドの説明は無線でツアー客のイヤフォンへ流している。
ツアーガイドはマイクを使用しているのだが、その声は我々一般客に聞こえてしまう。
プロのガイドだけあってなかなか興味深い説明をしていた。

ところが、ワールド航空サービスの添乗員が我々に対し、以下のように抗議してきた。
•お金を払っていないのであるからガイドの話を聞くな
•ガイドの声の聞こえない範囲へ出ていって欲しい
我々は以下の様に問いただした。
•あなた方は無線システムを使用しており、我々はあなた方に迷惑をかけていない
•聞かれたくない話であるのであれば、第三者に聞こえないようにすべきである
•第三者に聞こえるように話をしているのが問題であり、聞こえてくる声を聞いても問題ではないはず
•迷惑をかけていない人を公共の場から排除する権利がワールド航空サービスにあるのか
この問に対し、ワールド航空サービスの添乗員は以下のように答えられた。
•この抗議は添乗員個人の考えに基づくものではない
•ワールド航空サービスの考えに基づく抗議である (会社に確認されて結構とのこと)
•従って、今回の抗議内容をネット上で公開することは差し障りはない
•添乗員の氏名の公開も差し障りはないので、名刺をお渡しする
添乗員:
氏名: 藤 麻美 (とう あさみ)
所属: ワールド航空サービス 東京支店 営業部
電話: 03-3501-4111  FAX: 03-3501-4114
http://www.wastours.jp
--------------------------------------------------------------------------------

ワールド航空サービスの対応は法的に正しいのか

国内法であれば、上記のような場合にワールド航空サービスが公共の場から第三者を排除する権限はないと思う。
このような理由で第三者を公共の場から排除することは、むしろ違法行為とされるであろう。
しかし、上記はスペインでのことでありスペインの法令が適用される。
小生はスペインの法令はなにも知らない。
ワールド航空サービスはツアーのプロであるから、スペインの法令に照らし合わせての対応であろう。
ワールド航空サービスの添乗員の対応がスペイン法令に本当に適合しているかどうか確認しておきたいものである。
--------------------------------------------------------------------------------

ワールド航空サービス・ツアーの見分け方

冒頭に「ワールド航空サービスのツアーに近づくと 大変不愉快な目にあいますのでご注意ください。」と記載した。
では、どのようにすればワールド航空サービスのツアーを見分けることができるか?

今回、10月13日から2週間かけてパリ→マドリード→セビーリャ→コルドバ→グラナダ→バルセロナとまわってきた。
その間、多くの東洋人のツアーを見かけたが、ほとんどは韓国、中国の方であった。
日本人ツアーと他のアジアの方のツアーとは近寄らなくてもかなりの確度で見分けがつく。
ではどのようにすればワールド航空サービスのツアーを見分けることができるか?
ワールド航空サービスのツアーのバッジとかを付けていないようなので、見分けるのは不可能。
従って・・・・年輩者の群れにぽつんと場違いな若い人(添乗員)がいる場合、ワールド航空サービスのツアーかもしれないので近寄らないのが無難・・・・
(ネット上の情報によると、ワールド航空サービス・ツアーのキーワードは、年輩者、添乗員、高額らしい)
--------------------------------------------------------------------------------
文責: ボンバー・モチヅキ (ザ・湘南オービーズ)



 添乗中たまに起こる出来事である。
 
 こういうお客様からしたら他意はなかったのだろうが、たまたま出くわした日本人グループの説明が耳にとまり、興味深々、同行してしまうのだろう。こういうお客様からしたら、そんなに大事な問題ではなく、日本人がたくさんいるわけだから自分たちが混ざっても分かりやしないとおもうのかもしれない。しかし、一番前で説明しているガイドや最後尾から同行している添乗員には、グループからしたら異分子のこの日本人は手に取るようにわかる。そのうち、グループ内のお客たちも認識するようになる。

 フランスでは、現地のライセンスガイドが大声でこのようなお客を叱り飛ばしている姿を何度か目にしたことがある。
 「そこの人!!!このグループじゃないわね!!!わたしは、このグループに雇われてガイドをしてるんです!!すぐ、出て行きなさい!!!!」
 周辺の観光客がビックリして、ふり返るくらいのすごい口調で叱り飛ばす。

 わたしはそこまでする必要はないと思っているが、やはり、グループの専属ガイドなので、アカラサマにくっついてくる場合には、ちょっと呼んでお話し(お願い)をさせてもらっている。

 先日、ドイツ・フランクフルトのゲーテハウスで、そういう日本人に出くわした。我々の専属ガイドの説明がおもしろかったのだろう、グループにくっついて各部屋を回りだした。ゲーテハウスはとても小さなところだから、グループ外の日本人はとても目立つ。あきらかにグループの一員となっている。わたしは、グループの人に気づかれないように、その2人の日本人を呼んで、グループが雇った専属ガイドである、ことを伝えた。男女2人、日本人でドイツに語学留学で来ていた大学生だった。彼らには、一応こういうことは外国におけるマナーなので理解してもらえるようにお願いした。彼らは、とてもビックリしたような、またはバツの悪そうな表情をしたので、私はかわいそうになって、私のいる位置が最後尾なので私の傍でいっしょに回りましょう、と提案した。これなら、グループのお客様に迷惑をかけることもなく、私の傍にいることでグループは添乗員が了承していると理解、安心するだろう。
 最後にこの2人が私にお礼を言うので、「お礼を言うのだったら、このお客様に言って!」とわたしの周りにいたグループのメンバーに2人を紹介した。
 お客様たちは、遠くドイツまで勉強に来ている日本人の若者に対して、「頑張ってね!」などと声をかけてしばらく2人を取り囲むように質問攻めにしていた。

goethe1.jpg


 上記のワールド航空サービスの場合、私の想像では、もっとアカラサマだったのではないか?という気がする。
 ワールド航空の場合、少人数で、イヤフォンガイドを利用している。イヤフォンガイドの場合、いくらイヤフォンからガイドの声が聞こえてくるといっても、お客様は、一応、ガイドを取り囲み、ガイドの表情や仕草を確認しながら説明を受けるものだ。そこに、イヤフォンをしていない日本人が紛れ込むとしたら、その日本人はかなりガイドに接近するのではないか?と思うのだが・・・・・・そうすれば、当然、グループの目に留まるということになるだろう。
 ワールド航空サービスの添乗員が、上記のような行動をとったことは至極当然だろう。

 ただ、上記筆者のいうように、添乗員の主張に法的根拠があるのかどうか?ということになると、筆者の言い分のほうが正しいのではないか?

・・・・上記のような場合にワールド航空サービスが公共の場から第三者を排除する権限はないと思う。
このような理由で第三者を公共の場から排除することは、むしろ違法行為とされるであろう。小生はスペインの法令はなにも知らない。


 どこに国だろうと同じ気がする。個別の観光施設側が、グループと個人をしっかりと分別管理でもしてないかぎり、誰がどのようなテンポで歩こうが文句を言われる筋合いはないだろう。ましてや、現地に「TOURIST」という肩書きで入国している添乗員が、第三者を取り締まる権限などない。もしそういう意見を言えるとすれば、ガイドのほうだろう。スペインの場合、国のライセンスガイドが案内している。

 だから、添乗員が上記のような行為をするのは、あくまでお願いであるはずだ。
 「マナーやモラルとして、お願いする」という姿勢が必要だろう。
 それを、ワールド航空サービスの添乗員は、以下のように応えてしまった。

•この抗議は添乗員個人の考えに基づくものではない
•ワールド航空サービスの考えに基づく抗議である (会社に確認されて結構とのこと)
•従って、今回の抗議内容をネット上で公開することは差し障りはない
•添乗員の氏名の公開も差し障りはないので、名刺をお渡しする



 たまたま自分が訪問した観光地で日本語の説明が聞こえてきたのだ。私からすれば、その日本語に反応しない日本人がいるとすれば、そちらの方がおかしいのではないかと思う。その説明が為になると思えばもうちょっと聞いてみたいと思うのが普通ではないか?そのもうちょっと・・・もうちょっと・・・と段々行き過ぎたとしても、その人は決して悪人ではない。
 上記添乗員のような言い方をすれば、「ちょっと・・・」と言う反省も「反抗」に翻ってしまう。
 たぶん、上記旅行者にとって、楽しかった旅行も、この想い出ひとつですべてが台無しになったことだろう。 はたして、何の権限もない添乗員が、第三者にそのようなことをしてもいいのだろうか? 

 ひとりの添乗員がお客を守ろうとしてたまたま第三者とやりあってしまった、のではない。
 私には、この添乗員が下記のように答えたというのがとても気になる。
 『•この抗議は添乗員個人の考えに基づくものではない
  ・ワールド航空サービスの考えに基づく抗議である 』

 私には、ワールド航空サービスの『選民的理念』が、彼女にそのような自信にあふれる対応をさせたのではないかと思える。
 自分たちさえ良ければ、すべての行為は許される。

 もし私がこの添乗員だったら、どうしていただろうか?
 たぶん、お願いしてもダメだったら(ほとんど理解してくれると思うが)、それでいいのではないか。
 (イヤフォンガイドだったらお願いしてないかもしれない)
 ツアー全体からみれば、たいしたデメリットにはならない。
 人助けをした!ぐらいにみんなで満足感にひたればいいだろう。

 せっかくのアルハンブラである。
 日本人同士、いい『アルハンブラの想い出』を !




 
tb: 0 |  cm: 8
go page top

この記事に対するコメント

個人旅行中たまにおこる・・・

個人旅行の立場から言わせていただきます。
観光中、団体さんと一緒になったときには、わざと避けるようにしています。ガイドさんの話しを盗み聞きするつもりでなくても、聞こえてくることで、ヘンな言いがかりや勘ぐりをされるのがイヤだからです。
でも、せっかく個人でじっくり正面から絵画を見ているときでも、団体優先、ガイド付き優先のように、個人旅行者を押しのけて割りこんでくる団体さんてたまにあります。団体のお客さんにはそういう権利があるのよと言わんばかりに。。。
わたしが日本人でなかったら押しのけて割り込んでこないかもしれません。そんな気がします。

URL | とおりすがり #-
2012/04/16 00:06 * edit *

遅ればせながら

初めまして。
偶然ブログを発見し、一気に興味深く読ませていただきました。
添乗の折、お客様以外の方が現地ガイドのガイディングを聴く、
というのはかなり悩ましい問題でした。
私の場合、後ろで離れて聴くなら「袖摺り合うも…。」とOKのスタンスでしたし、会釈で「合図」を送る方には笑顔で答えておりました。
(SNTなど肘でお客様をかき分け一番前に出ようとする方には、
「私どもが依頼したガイドさんです」とお断りしておりましたが。)
それより記述のたワールド航空サービスさんの社員さんの言動が
いかがなものかと思われます。

1.現地ガイドの声量
イヤフォン・システムによるガイディングで周囲に聞こえるほどの
声量なら、アルハンブラで混雑はなかったと判断できます。
知識を十分に持って見学する旅行者、または日本語を解さない
人には、それは雰囲気を壊す雑音だったかもしれません。
元は混雑する見学施設でのガイディングに配慮されたシステム。
イヤフォン・システム導入以前、場所によっては他のグループにも
聞こえるような声量でのガイディングはマナー違反だったと認識
すべきだと思います。

2.現地情報
昔某国の列車内、ワールド航空さんのグループと相席しました。
現地ガイドなどいない場所(かつガイディング適法な場所)で
鉄道の沿革のご案内を始めたところ、添乗の社員さんは熱心に
メモを取り始めました。 
悪く言えば、…他人を不用意に信用して大丈夫ですか?
ちなみにワールド航空の添乗員さんからは「ガイディングをコピーさせていただきました」などという挨拶はありませんでした。
添乗員といえどもネイティヴではありません。
いつも訪問先の知識の不足に気づかされるばかりで、仕事の前は慣れているはずの訪問国の知識不足、メディアへの過信を猛省、
出発前はいつも情報収集に悪戦苦闘の毎日でした。
ゆえにワールド航空の添乗員さんがご自身未消化のまま私の
資料を転用していたなら本当に怖いことだと私は思っております。

声高に顧客の皆様にアピールすること。
「社畜」という言葉がネットの上に見受けられます。
ワールド航空さんもご高齢者が販売のターゲットと思われますが、
社員なればこそご自身の良心に痛みは感じられませんか?
人相手の商売、どのようにお考えなのでしょうか…。

URL | 足抜け元添乗員 #-
2012/04/09 01:26 * edit *

はじめまして、興味深く読ませて頂きました。
我々個人旅行者は、常に団体ツアーと混ざらない様に気を配らなければならないと言うことでしょうか?
私は、以前理不尽な注意を受けてから、団体が近づいてくると見学のテンポをずらしなるべく交わらない様にしています。
気が済む様に見て回る事もできず、嫌な気持ちになります。
コメントで「当然」と発言されている方もいらっしゃいますが、なんだか旅行業界全体の驕りにしか思えません。

URL | 個人旅行者 #/aF5ZJNE
2011/07/06 01:36 * edit *

Re: 分かります…

まゆ様
コメントありがとうございます。

まゆ様のようなバランス感覚でこのような問題を切り抜けるのが最良だと思います。
上記アルハンブラの際の添乗員もたぶんそのように対応しようと考えたのだと思いますが、結局はここまでトラブルとなり、上記会話のような答えを発しています。私にはそこがまゆ様のような問題意識で対応したのではないのでは?という一抹の疑問を感じるのです。それは、ワールド航空サービスという会社の自尊的例は枚挙に聞こえてくるからです。

もうひとつ、個人の旅行者の視点で考えた場合どうかな?という気持ちもあります。
静かな空間でゆっくりと観光している際に、どかどかと団体ツアーが自分の背後にくっついて大きな声で説明しだすわけだから・・・・・

法的なことを言い出したら水掛論になるでしょうから、お互いに嫌な思いをしない接点を見出すことが大事じゃないかなと思います。

管理人


URL | InTouch #-
2011/05/21 14:22 * edit *

Re: ガイド代は無料ではないということを個人でいらしているかたはご存知なのでしょうか・・・

chacha様
コメントありがとうございます。

そうですね。
ガイド料金という意識はまったくないのでしょう。
目の前のことでいっぱいでしょう。
だから、それを気づかせてあげることが必要ですね。

管理人


URL | InTouch #-
2011/05/21 14:21 * edit *

分かります…

いつも拝見させていただいておりますが、非常に興味深い内容と思いコメントさせていただきます。

私も現役の添乗員です。海外のお話はみなさんされております通り、国内でもある話です。

例えば高野山のガイドなどでも、私達のお客様のガイドという概念。ガイドの方も心得たもので、他の方が混ざってると(後方にいる限りは言いませんが、最前方にいるようなあまりに目に余る場合)、申し訳ありません、私はこのお客様達のためにお話させていただいてます、ときちんとお断りしお引き取りさせて下さってます。

先日もある離島の博物館に行った際にもガイド付きだったのですが、狭い通路にも関わらずツアーのお客様の最前列に入り込み聞いてる、高齢男性がお二人いました。

お一人はすぐに気が付き、離れた場所でガイドを聞いてらっしゃいましたが、もう一方はツアーのお客様が見えないにも関わらず、最前方に無理矢理入って…

と、この辺りで周りのお客様も何だ?と顔をしかめだしたので、自分のお客様が不利益を被ってる状況を打破すべく(笑)、私が行く先々でその方に割って前方に入り込み、やっと気が付いたのか離れていきました。

今回の抗議をされてる方は、あまりに目に余る露骨なやり方だったのではと私も思います。近くにいるくらいじゃわざわざ指摘しませんから。これを読んで、盗み聞き?が正当化されるのは心外ですね。

URL | まゆ #-
2011/05/21 11:19 * edit *

ガイド代は無料ではないということを個人でいらしているかたはご存知なのでしょうか・・・

はじめまして。
私も添乗員です。
今回の記事は興味深く拝見しました。

同じようなことはよくありますが、私はあまりにも個人のお客様がガイドさんに近づきすぎると「私のお客様優先でお願いします」といいます。
ザルツブルグのモーツァルトハウスなどですが・・・

一度、参加客の中に販売店のカウンタースタッフがいらっしゃいました。
私がポンペイの公衆浴場で「お願い」したときにそのかたから
「添乗員さんが言わなかったら私が注意するところでした」
と言われました。
送客する側としては当然の意見だと思います。
ガイド代は無料ではなく、すべてを含めての旅行代金ですから・・・

ピサでESGに言われました。
「あなたのお客さん以外があなたの話を聞いていたら私に言いなさい。私が「You have to pay guide fee.」と言うから、と。

イヤホンガイドがあってもあまりにも行動が目に付くようでしたらお願いするようにしています。

こちらの記事で個人のお客さまがガイドの話を聞くのは大丈夫だと思われても困ると思って書き込みさせていただきました。

URL | chacha #GTXwOsm2
2011/05/20 17:53 * edit *

これとは逆の話で、「露骨に」団体に近づいて聴いている日本人もいますよね。
(声の大きい添乗員ならばイヤホンガイドを使用していても他の人に聞こえてしまいますから。)
そういう人は完全に団体と歩調を合わせているからすぐに分かる。

一方で私も阪神で北欧に行った時に現地ガイド(日本人)が
「おい、人の話を聴くな!」と注意したのを見て不愉快になったことがあります。
私が不愉快になったので、注意された方はもっと不愉快でしょう。
どう見ても「ラッキー、解説が聴けるぞ。」という態度ではなかった。

更に話変わって、クロアチアで阪急の添乗員が全て説明していました。
私は(憎たらしい)E社で参加していたのですが、E社の添乗員が
「ローカルガイドを使わないとこの街から追い出されるどころか、○年間貴社のツアー全てが入国禁止になりますよ。」
と注意しましたが、阪急の添乗員は「会社からそのような話を聞いたことはありません。」
の一点張りでした。

話のまとまりがありませんが旅先では色々あるということで・・・。(違うか。)

URL | 破門されし者 #5w8DYPMM
2011/05/20 10:44 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/596-b844b0a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。