Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アングロサクソンの食事


食がわかれば世界経済がわかる (文春文庫)食がわかれば世界経済がわかる (文春文庫)
(2008/06/10)
榊原 英資

商品詳細を見る


                        

アングロサクソンの功罪

・・・・・・アングロサクソンに特徴的なことは、物事をシステムとして捉えて効率的に支配する能力に長けていることではないでしょうか。植民地支配、プランテーション経営を最も効率的かつ狡猾に成功させたのは英国です。金融と近代資本主義のシステムを確立したのも彼らですし、産業革命によって大量生産システムを確立すると、その物量をもって市場を押さえ、戦争でも物量で敵を圧倒しました。しかし、英米とも製造業では後発国に品質で追い越され、最近では世界最大の自動車メーカーのGMまでもが、省燃費技術の立ち遅れ等でトヨタのプリウスなどにシェアを奪われ、急速に弱体化しています。
 こうした製造業の危機に対して、アメリカは思い切った産業構造の転換をはかっているようです。それは、ヘゲモン(覇権国)として、資本主義のシステムやルールを自国に有利な方向に変更し、モノづくりでは劣勢になっても金融の力で利益が上がるようにするというものでした。ニクソンショック、プラザ合意、金融ビッグバン、BIS規制による世界的な金融ルールの変更やIT技術を駆使した金融の技術革新などです。世界経済の仕組みそのものを自国に有利なシステムにパラダイムシフトする構想力には、抜きん出たものがあります。また自国のシステムをグローバルスタンダードに仕立てあげ他国に輸出する政治力も強烈です。

 しかし、そうしたシステマチックな手法を「食」の分野にまで持ち込んできたことで、世界中に大きな問題を引き起こしています。それがファストフードです。
一九世紀から二〇世紀にかけての「食」のエポックの一つをフランス料理の完成とすれば、もう一つのエポックはアメリカによるファストフードの展開と言えるでしょう。
 大恐慌後の一九三〇年代に入ると、自動車産業のフォードなど製造業で本格的な大量生産の技術が生み出され、工業製品の価格低下と普及が急速に進みます。機械製品の大衆化をきっかけに世界は本格的な工業化時代に入り、その中でトップを切ったことで、二〇世紀の後半、第二次大戦以降は「アメリカの時代」になっていきました。
 この二〇世妃後半になると、「食」の面でもアメリカが次々にイノベーションを行って、世界の食文化を変えてゆきます。とりわけ工業における大量生産の手法を農業と食品にも持ち込み、それによって生まれた食文化がファストフードです。
「ケンクッキーフライドチキン」の創業者、カーネル・サンダースが自分の店「サンダース・カフェ」を開業したのが一九三〇年。お金をとってレシピを広め始めたのが一九五〇年代初めのこと。
 ほぼ同じ一九四八年にはマクドナルド兄弟が、カリフォルニア州に開いたドライブインを改装して、現在につながる「マックバーガー」を始めます。
一方、飲物版のファストフードとも言うべき「コカ・コーラ」はかなり早く、一八八六年にはジョージア州のアトランタで創業しています。
 アメリカは基本的に食肉文化ですけれども、ステーキは庶民にとっては高いから、大量生産のハンバーガーが広まりました。それがマクドナルドです。アメリカが世界経済の主導権をとると、食の世界もファストフードが主流の時代になって、マクドナルドやケンクッキーフライドチキンといったファストフード産業が世界に進出してゆきます。
 ハンバーガーに代表されるファストフード、大衆向けの人工飲料であるコカ・コーラなどをつくり出し、原材料となる肉牛やブロイラーなどの家畜の大量生産の仕組みを作り、スーパーマーケット、コンビニエンスストアという大量販売の小売の仕組みを作ったのもアメリカです。




 アメリカは、アングロサクソン主導でつくられた国といっても、世界中から多くの移民を受け入れているわけだから、もう少し食事が美味しくてもいいと思うが、どこで食べてもあまり旨くはない。どこの移民もアメリカへ来ると味覚を気にしなくなるのかもしれない。
 家庭料理も、レストランも、至って大雑把な味だ。ちょっと町で評判のレストランで、自信満々の笑顔で運ばれてきた料理はそう美味しいものでもない。
 ファストフードのように手っ取り早いとか、紅花オブトーキョーのようにシェフがかわったパフォーマンスをするとか、お鮨のようにヘルシーとか、味そのものに価値など見出さないのがアメリカなのだろう。

 異文化交流ということで、日本からアメリカへホームスティへいく。
 ホストファミリーは、博愛的スマイルで、われわれを家族の一員に迎えてくれる。
 ただ、食事はけっこう苦痛だったりする。
 小中学校時代の学校給食のほうが美味しいのではないか?

 






tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

食がわかれば

 
 私は上記の本を読んでいないので、主旨は分かりませんのでその点ご了承願います。

 成程、アメリカとかは大味なんだなと言う事をよく聞きます。 しかしそれは恐らく文化や環境の違いから来るのではないでしょうか。  そしてここでは、ファーストフードの台等が取り上げられています。  これはたぶん、結果的に需要に応じて発達したのではないかと思います。 

 私は時々アメリカ人を気の毒に思う事があります。 何故あれ程に太るのでしょうか? ヒラリーさんにしても、上は上手に髪型やメークを工夫しているけど、カメラが引いて全体を移すと腰がバーンっとでっかくなっちゃってます。

 今から30年位前ですがそのころ読んだビジネス啓蒙書で、「アメリカでは例えば同じ一頭の乳牛から日本の4倍?のミルクを取る工夫がされている、日本もアメリカのこの合理化精神をもっと見習わなくてはいけない。」と言う様な事が書いて有り「へぇ~」と単純に驚いたものです。

 しかしよく考えたらお乳の様な生理的な物を2倍にするだけだって異常な事です。  なのにそれをやっていると云う事です。  以前ある雑誌に書いて有りましたが、オランダは世界で一番初めに家畜にステロイドを使用した国だそうです。 彼等自身はリンゴとチーズを食べているからだと言いますが、オランダ人には体格のいい人が多いそうです。 

 何かのニュースでアメリカの映像を映すと多くのアメリカ人はみんなプクーっと太った人達が多い様に見えます。 昔のフィルムをみると明らかに違いが分かります。  彼等は豊かに成ったから太ったのではないのです。 腰が異様に大きい人達が居ます。 元の骨格も変わってきたのでしょうか?  何かのホルモン剤、成長促進剤が食肉の育成に使われているとしたら、あり得る事かも知れません。  

 その一方で映画スターやセレブはやせててスマートです。  二昔前日本のテレビでも盛んに、自己の体重コントロールはエリートの必要要件である、なんて言ってました。 そんなTVコマーシャルも有りました。  

 でも実際は初めから違うのかもしれません。  セレブはオーガニックの良質な食材を食べている一方で、食べている時だけが唯つの安らぎを得られる時間で有る人達か大勢居るのではないでしょうか。  満腹になる事が数少ない楽しみの一つである生活も有ります、安い費用で。
 システマチックにやる事自体は悪い事ではないと思います。  しかし効率優先即ち利益至上主義のやり方を見る内に、彼等は本当に聖書を信じる人達なのであろうか、或いは未だ進化論を否定する人達なのだろうかと疑問に思う事が有ります。  大量生産をする事によりコストを下げ、結果としてより安く消費者に物を提供出来ると云う事自体は確かに良い事です。 良い物をより安く は良い事です。 しかしこの中にそれを単純に喜ぶ凡人と其処から富を紡ぐ人達のダブルスタンダードが有るのではないでしょうか。  同じアメリカン人同士の中にも。

 川島四朗とさとうさんぺい著の「食べ物さんありがとう」は面白いです。  ジャンクフードばかり食べて、野菜不足に成ると凶暴で攻撃的に成るそうです。  それでもそんなのしか食べるものが無くって、生活の為に軍隊にはいる事しか無くって、殺したり殺されたりして、もともと何も無かった所に怨念のサイクルを生み出して行くさまには悲しい物が有ります。

 食の発展・味覚の発展はその文化の発展と密接に係わっていると思います。  どこの国だって高いお金を出せば概ね美味しい物が食べれます。  

 ブログ著者の言う様にホストファミリーに成ってくれる様な比較的ゆとりが有ると思える様な家庭で、給食のが美味しかったかなと思える様であると云う事は、(もしかしたら本人の味覚への適応性の問題を考慮したとしても:失礼)その生活レベルの格差というモノは日本の比では無いと云う事を示しているのかもしれません。 

 そんなレベルの人達がホストファミリーに成ってくれる。  彼等は案外素はおおむね善人なのではないでしょうか。  

URL | 五月の雨 #-
2011/05/16 18:43 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/591-b3889629
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。