Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

被災地のゴールデンウィーク

【投票】今年のゴールデンウィーク、ボランティアツアーが大人気(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
上記のような記事に素直に納得できない性格になってしまった。

今日からのゴールデンウィーク、被災地はボランティアであふれかえるらしい。
日本中から個人や各自治体、NGOのボランティアツアーが、東北へ向けて出発する。

奄美の近畿日本ツーリストのように営利会社が主催するわけではない。
だからといって、全員が自腹で現地に赴くわけではないようだが・・・・

気仙沼市などでは、ボランティアのあまりの多さにお断りをお願いしている。
 
上記記事では、現地ボランティアセンターの話として、「現地を旅行する」こともボランティアのひとつというようなコメントが掲載されているが、ボランティア活動をしようと意気軒昂な人たちに「旅行も現地を救済する!」といわれたってピンとこないだろう。旅行では、自分のめざす自己満足へは至らないのではないか?

旅行といえば、被災地だけでなく、東京でもホテルなど閑古鳥がないている。すでに首切りや給料減額が始まっているようだ。
このように旅行業界が災難に見舞われる年は、ゴールデンウィーク中、または直後、会社が倒産したりする。
お客様も注意が必要だ。よく空港まで行ってチケットをもらえず立ち往生しているお客様がテレビに映し出されたりするのは、この時期である。


tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

同感

私も違和感を感じました。
それよりも違和感を感じたのは、「被災地を見に行く」輩が多いという記事。
「津波って怖いね~。」なんて言いながら写真に収めているのだろうか?
そいつらの神経が分からない。

URL | 破門されし者 #5w8DYPMM
2011/04/29 09:41 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/576-5e36054f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。