Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

YOKOSO!JAPAN !・・・SOKO(速攻)!脱出

 それにしても、中国人やインド人の動きは早かった。
 私の知合いの中国人一家もすでに一時帰国してしまった。
 あそこまでして日本へやってきたのに、もうすこし我慢強く日本で頑張ろうか?と思わないのだろうかと不思議だった。
 中国残留孤児の親族に群がるように日本へやってきて、家族みんなで24時間不満もいわず頑張って働いているような一族だったが、いとも簡単に中国へ帰っていった。

 中国人やインド人のような移民の伝統のある民族の危機意識というものなのだろうか?
 事実だけ読み取って、危険を察知したら、誰よりも早くその危機を除去する。ときの政府のいうことなど間に受けてノンビリと構えていたら、命を落とすことを歴史から学んでいるのだろう。

 成田空港も中国人やインド人でいっぱいだった。
 中国政府は、即座に被災した東北地方や茨城などへバスをチャーターし、新潟空港や成田空港から本国へ避難させた。
 *中華人共和国駐日本国大使館
 
 このように本国へ帰国させるために中国政府は臨時便を用意したわけだが、これは無料だったのだろうか?そのへんの記事は見当たらないのでよくわからない。フランスは、原発事故の早期に、日本に滞在する自国民に避難勧告を出し臨時便を用意したが、これは無料だそうだ。

 日本は、先日のエジプト暴動の際、カイロ空港などに取り残された日本人たちを救援するためにチャーター機を飛ばしたが、しっかりと乗車料金を徴収している。
*エジプトの反政府デモが止まらない

 こんな風だから、もちろん、訪日旅行もメタメタである。
 もともと訪日旅行の大半を危機意識の強い中国人や韓国人が占めていたのだから、キャンセルが相次ぐのは当然だ。欧米のメディアだって福島原発事故をトップストーリーで危惧していたので、欧米人が日本へやって来ないのも理解できる。
 *トラベルビジョン
 『訪日旅行、地震や原発の影響で取消し、延期続く-観光庁、VJC事業自粛も』


 原発の問題は、当分解決しないだろう。
 放射能汚染の問題はこれから何年も引きずることだろう。
 チェルノブイリのときだって、トルコあたりに行くのさえ皆嫌がっていた。

 yokoso1.jpg

 
 



  
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/549-8e28e919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。