Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

マイナス思考

 しかし、テレビをつけると、芸能人やスポーツ選手が、「ニッポンはひとつ、あなたはひとりじゃない、一緒に頑張ろう、ニッポンは負けない、世界が応援している、夢と希望を持って、・・・・・」など、被災者へ向け大いなるメッセージを送っている。

 わたしなどは、こういう画面を目にするたびに、何ともいえない違和感を感じる。
 〈 サッカーやバレーボールじゃないんだから!〉

 日本人の被災は今始まった話ではないだろう。この大地震の前から存在していたじゃないか!そのとき、上記のような言葉を誰か吐いたか!
 自殺者が13年連続で3万人を越えている日本。戦後日本を支えていた高齢者が自殺する日本。そういう弱者を平気で見捨てる政策をしてきた日本。障害者の福祉を縮小し「あいつら人間か!」とのたまう天罰老人が再び首長になろうとしている日本。勝ち組、負け組など当然のようにいえた日本。派遣などの非正規雇用の差別を「理解している」と同情をみせながら、まったく改善する施策をしない日本。保育園不足など何十年も前から同じことの繰り返しではないか?

 「思い」は見えないけれど 「思いやり」はだれにでも見える・・・・

 いつから、こんな思いやりにあふれた人間に日本人は変化したのだろうか?
 人を蹴落として平気で笑っていた日本人ほど、「ニッポンは負けない」などと言っていることに違和感を感じる。
 マスコミなど愚の骨頂である。市場原理主義の先導役だったマスコミが、ACのコマーシャルを流しつづける。被災地を訪れては、「思いやり」の先導役のように振舞っている。

 偽善者が改心したようにみえるときが、一番危険である。
 もっと、したたかなことを考えていることが多い。
 自分たちの損得でしか動かなかった連中が、今更ボランティア精神に目覚めるはずはない。きっと、咽喉元過ぎれば、ではないが、被災者がホットな話題ではなくなったら、見向きもしなくなるだろう。やはり、「思いやり」も目に見えないものかもしれない。

 そんなことを感じていたら、日刊ゲンダイに作家の五木寛之氏が、「マイナス思考のすすめ」を書いていた。

 自分は、「笑顔で」「明かるく」「前向きに」というプラス思考が苦手だ。「努力」という才能のない「マイナス思考」の人間である・・・という内容だった。



 わたしの親戚や友人も多く被災した。
 わたしは、その人たちに、テレビ画面の芸能人やスポーツ選手のような「プラス思考」の言葉をかけることはどうしてもできなかった。
 わたしはただ聞くだけである。「プラス思考」で無理して話そうとする話を聞くだけである。

 彼は高齢の母を連れ出すために実家に急いだ。地震の直後、姉からの電話で母親が実家にいるから急いで迎えにいってほしいといわれたのだ。彼は海岸沿いの実家へ向かってまっすぐに伸びる一本道を車で急いだ。その彼の目に映ったのは、一線の白い壁が、自分の実家を上から飲みこむ姿だった。彼は、急いで車をUターンさせるしかなかった。ひとりでは動けない母親がそこにいるのは100%わかっていた。自分を待っていてくれている。
 バックミラーには迫りくる津波が映っていた。

 誰も彼を責めやしないだろう。ただ、彼自身が自分を責めている。



tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

こんばんは

原発10キロ圏のため避難所にいらっしゃるとのことで、
返信を書くにも言葉が見つかりませんでした。

阪神大震災の時はその惨状が毎日タイムリーに
耳や目に入りました。
テレビや新聞の報道では実際の状態を伝えるのには
限界があるのかとその時は思いました。
ただ、ボランティアは地震直後から大勢駆けつけていました。
ボランティアセンターに通さなくても
自分たちの出来ることを精一杯して帰る
パターンも多かったです。

天災と人災を同時に受ける苦しみは
想像を絶する苦しみだと思います。
もう三週間近く経つのに
ボランティア受け入れ調整中という体制に
もどかしさを感じます。





URL | トラサポ添乗員 #-
2011/03/30 21:52 * edit *

Re: 生きてよかった

トラサポ添乗員 様

ありがとうございます。
彼にそう伝えたいと思います。

原発10K圏のため、彼は避難所に避難しております。今だ実家を見に行くことも、母を探すこともできずにいます。
彼の心にケジメがつくまでには時間がかかりそうです。

管理人

URL | InTouch #-
2011/03/28 22:14 * edit *

生きてよかった

こんばんは。 
ご友人はUターンして逃げて助かって生きたのですね。
それで良かったのです。
お母様もとてもお喜びのはずです。
私も母親です。私を助けようとして子供が命を落としたなら、
私は死んでもあの世で自分を責め続けるでしょう。

私は子供を失いかけた事があります。
涙は出ません。
最初、医者から聞かされた時は泣きました。四六時中。
最後の最後手のつけようが無くなったとき、
泣いている場合でない事に初めて気づきました。
「絶対に生きる」と強く信じてあげ、そして笑顔でいてあげなければと、
ニッチもサッチも行かなくなってようやく悟りました。
「夏になったら海に連れて行ってあげよう。」「幼稚園は友達いっぱいいて
楽しいよ。」「大きくなったら何のスポーツするかな?」などなど
体に触れてはいけない子供のベッド脇で一日中言ってました。
いつ息を引き取るか判らないという事で私は
朝から5時から21時まで集中治療室に居させて貰えました。
何人もの方がお亡くなりになるのを見ている私に、
「ICUは生きる為に入る所やから。」と、婦長さんが言って下さった時は
嬉しかったです。
「こんなんで死ぬか!」と、大声張り上げた小児科部長先生の言葉も
嬉しかったです。
本当に辛い時は、うそでもいいから希望のある言葉が聞きたいです。

子供には生きて色んなことを見たり経験したり
して欲しい。ただそれだけを願いました。

今は、サッカー部レギュラーで活躍中です。
13年前、病院で最後を迎えさせたくなかったので、
医療機器と一緒に家に連れて帰りました。
赤十字病院の先生方、看護師の皆様に
とても感謝してます。

ご友人のお母様もどこかでご自分の子供が
生かされた事にとても感謝されていらっしゃいます。





URL | トラサポ添乗員 #-
2011/03/28 00:43 * edit *

No title

 テレビで色々言っているけど 最近また通常放送に戻ってきました。  其処に出ている人達が偉そうに「皆で出来る事をしましょう」って言っています。  そんな当たり前の事皆もうやっています。   それよりレギュラーでやっているあなた方こそ一定期間分のギャラを寄付したらどうでしょう?  売名行為であっても良いではないですか。   本来粘り強い東北の人達がTVで「助けて下さい」という発言をする事の意味を考えてみるべきだと思います。   経済格差が広がって行く様な社会構造が確立されつつある現在の状態の中での弱い立場に有る人達が多く被害を受けているからではないでしょうか?   現在東京では未だガソリン不足等それなりに不自由は有りますがそれでもほぼ通常の生活を送れます。   それは昔の様に近郊に農家が有って地域ごとにそれなりの自給生活が成り立っているからではないのです。   いまどきは家庭用機器が壊れても昔の様に電気屋さんが来てハンダごてを使って直したりしません。   パーツごと取り換えてお終いです。
  危機管理にも対応したロジスティックが今後ますます組まれていくでしょう。   

URL | 匿名希望 #-
2011/03/24 15:05 * edit *

No title

 こんな時ワイドショーの馬鹿な司会者を見ていると本当に頭にくるぜ!  一時は全チャンネルニュース1色だったが最近は平気でお笑いをやっている。  なんであんなに平気で切り替えられるのか?  仕事だからだろ!  要するに自分のビジネスをしているだけなんだろうけど司会はお芝居とは違うぞ! 余計な芝居はするな!  つまらない自分の考えをしゃべるな!  ディレクターからの命令なら、上からの命令なら、そいつに向かって人間として(そのセンスが有るのならだけど)断れ!   派遣社員で暮らしているのにはそういうの一杯いるぞ!!  自分で選んだ道だろうって馬鹿にされるけどな!!          中山とかって馬鹿が東京の皆さんも避難民を受け入れて下さいとかってのたまわってたけど ならテメェから一般の被災者に対して自宅を開放しろって!  いい金貰っているお前達から率先して縁もゆかりも無い人達を受け入れて見ろ!  それから 田舎に泊まろう とかって番組に出て人の家に泊まって帰り際には涙まで流した芸能人!!  今度の被災地に恩の有った人達が居たのなら真っ先に行動を起こしたろうな?  一宿一飯の仁義ってのが有って そいつは本当に重いぞ!!

URL | 尾崎 貧富 #-
2011/03/24 13:56 * edit *

イライラさせるぜ

大震災なのは理解していますが、連日同じACのコマーシャルが
反復して流れると、聞いているだけでイライラします。

この気持ちは私だけでしょうか。
いっそ、あのような無意味な宣伝をやめた方がよほど
いいのではないのでしょうかね?

URL | 無神論者 #-
2011/03/24 12:21 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/548-df319c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。