Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

添乗員は被曝者?

放射能の影響をどうとらえたらよいのか?
(河北新報社)

◎被ばく量、普段と同じ/報道・発表、科学的に正確
東北大加齢医学研究所 川島隆太教授

 連日の新聞やテレビの報道にあるように、東京電力福島第1原発の事故は深刻な状況にあります。皆さま大変不安なことと思います。

<「絶対」と言えず>
 こうした中、信じられないことですが、放射能の被ばくを恐れて、診療を放棄し逃げだす医師まで出ていると聞きました。東北大医学系研究科の教授として、放射線防御に関する医師への教育が足りなかったと猛省するとともに、同じ医師として、そのような人がいることが悲しくて悔しくて仕方ありません。
 現在の放射能に関する報道は科学的には極めて正しいものです。東北大でも放射能の測定をいくつもの研究室で行っていますが、政府の発表にうそ偽りはありません。
 こうした報道を見聞きしていて皆さんが一番不安に思うのは、専門家が決して「絶対に」安全であるとは言ってくれないことだと思います。絶対ではないのだから、危険なのではないかと感じるのは当たり前です。専門家は科学者の良心から、絶対とは口が裂けても言うことができません。
 少し難しい言葉ですが、放射線の影響には確率的影響というものがあり、放射線を一度でも浴びると何らかの影響が出ると考えなくてはいけないと科学者は考えます。だから、うそをつきたくない科学者の口からは「恐らく」安全という言葉しか出てこないのです。

<1年間続かない>
 私たちは、普通に暮らしているだけでも、年に2~3ミリシーベルトという単位の放射線を自然界から被ばくしています。私たちの体の中にも、放射線を出し続けているイオンまであります。シーベルトとは難しい言葉に聞こえるかもしれませんが、単に放射能の影響力を表す単位と思ってくれれば良いです。
 現在、福島原発事故に伴う放射能は、宮城県の場合、1時間に0.2~0.3マイクロシーベルトの所が多いです。1000マイクロシーベルトが1ミリシーベルトですのであり得ないことですが、このままの状態が丸1年間続いたとして、被ばくする量は、0.3×24時間×365日=2628マイクロシーベルト、つまり2.6ミリシーベルトです。何と、普段自然に浴びている放射線量と同じなのです。現在の状態が丸一年続くほど、日本の科学力と技術力は低くありません。
 外国人たちが大勢、日本からの脱出を試みていますが、飛行機で米国や欧州に逃げ帰ると空気の薄い高高度の場所を飛行するため、地上にいるときよりも大量の放射線(宇宙線)を浴びます。
 その強さは80マイクロシーベルト。10日間、現在の放射能を浴び続けるのと一緒です。しかも現在心配されている放射能はほとんどが服や靴に付いています。自宅に帰り、服や靴を脱ぐと、24時間被ばくし続けることは難しいのです。この程度の放射能を気にする人は、飛行機に乗るとかえって大量に被ばくするので、船で逃げだすことを科学者として推奨します。

<喫煙の方が有害>
 先ほど「確率的影響」という話をしました。実際に放射能をどれだけ浴びると、どのような障害が起こるのかは、今回のような低濃度の放射線の場合は、影響が目に見えないので、明らかに影響が出る高い濃度の放射線を浴びた時の状況から類推しており、「確率的」という言葉を使います。
 ですので、正確にどの程度の悪影響があるかを正確に計算することは誰にもできませんが、同じ確率論で言えば、現在のレベルの放射能を1カ月間浴び続けるよりも、たばこを一箱吸う方が皆さんの寿命を縮めます。
 個人的な話をすると、茨城や福島でホウレンソウ、牛乳から放射能が検出されたと報道されています。ここ仙台では生鮮食品がとても入手しにくく、捨てるのであればぜひわけていただきたいです。私は50歳をすぎましたが、これらのホウレンソウをばくばく食べ、牛乳をごくごく飲んでも、私の寿命に影響がないことを知っていますので。

[かわしま・りゅうた氏] 1959年千葉市生まれ。東北大大学院医学系研究科博士課程修了。2006年から現職。<2ID:I21A3HP901N0-4-1>


 上記の文章を書いた川島隆太氏は、いろいろとベストセラー著作を出されている。
 私も、書店の目立つところに置いてあったので購入したことがあるが、ほんとうにおもしろくない本であった。 こんな本を信じて購入した自分がバカだったのだと悔しい思いをした記憶がある。

川島隆太教授の脳を鍛える携帯版大人のドリル川島隆太教授の脳を鍛える携帯版大人のドリル
(2004/05)
川島 隆太

商品詳細を見る


上記のような文章を読むと、改めて、彼の著作を読んだら脳が活性化どころか鈍化することを悟った。
放射能の数値を飛行機やタバコの害と比べて、「確率的影響」でいえば全く問題ないような言い方である。数値に過信する科学者を見ていると、原発は100%安全と言っていた大学教授を見ているようだ。この問題に関しては、そのような日本の先生方より、即逃げ出した欧米の反応のほうに信憑性を感じる。彼らに、命以外の損得勘定はないのではないだろうか?

 そこまで言い切った川島教授には、是非、福島県の大熊や富岡で収穫されたお米でも食べてもらいたい。くだもの、やさいも一緒に!


 川島氏は、飛行機で欧米へゆく場合の、放射能レベルは、80マイクロシーベルトで、現在の宮城県で10日間滞在したのと同じレベルという。しかも、一日24時間放射能を浴びることはないから、飛行機のほうが量は多いという。
 でも、10日間しか宮城県にいない住民はいない、となると、飛行機より多く被曝するのではないか。

 飛行機によく乗る人に、パイロットや客室乗務員がいる。
 彼らは、毎回、被曝しているということになる。
 そういわれてみれば、わたしの知り合いの元スチュワーデスは、あちこちに身体の不具合が出て悩んでいた。
 膠原病になった人もいた。
 また、添乗員もよく飛行機に乗る。
 これも不思議なことだが、私の知合いの女性添乗員で子宮あたりの病気になった人が多い。
 子宮頸がんなど女性全般的に増えている病気だから、添乗員にかぎったことではないだろうなあと思っていたが、まんざら、放射能と関係があるのかもしれない。


田中優氏










tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

http://ameblo.jp/airdream-monarch/entry-10011760351.html

被曝より、航空機での移動による
頻繁な時差ぼけ、高度の変化の方が影響大きそうですね。

URL | None #-
2013/12/22 21:57 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/547-7c36dba8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。