Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

棄民・・・双葉病院

 マスコミは、人権に配慮したつもりか、本当のことを書かない。

患者避難、医師ら付き添わず 21人死亡の双葉病院
asahi.com 2011年3月18日1時43分

 福島第一原発の半径20キロ圏内にあり、避難指示を受けた双葉病院(福島県大熊町)から運ばれた患者が相次いで死亡した問題で、病院関係者が搬送時に付き添っていなかったことがわかった。福島県が17日に発表した。

 県によると、同病院には338人が入院し、うち146人は寝たきりや病状が重い患者だった。14日午前11時すぎに同原発3号機が爆発したのに伴い、陸上自衛隊などは1415の両日に患者を3回に分けて救出した。

 陸自が14日に救出した時は、病院には病院長のほか職員が数人いた。しかし避難所までは付き添わず、15日の午前と午後に計55人を搬送した際も病院関係者の付き添いはなかったという。県によると、移動時に患者の病状が確認できない状態で、搬送中や搬送後に計21人が亡くなったという。

 県が15日深夜に病院長と連絡を取ったところ、「第一原発が爆発したので、川内村で自衛隊を待っていた」などと説明したという。県の担当者は「付き添うべきだった」と話している。


 双葉病院は、精神病院だ。そのことをどのマスコミも報道しない。
 家族とは一緒に暮らすことのできない精神的疾患をわずらった者が入院しているのだ。事故によるもの、病気によるもの、生活環境によるもの、年齢的なもの、いろいろな状況で発症してしまった患者たちが入院していたのだ。そのなかには、もちろん、重症で柵で蔽って隔離しなければ患者もいただろう。
 地元の子供たちは、ふざけて、よくこの病院のことを、「キチ・イ病院」などと呼んでいた。

 福島第一原発5キロ圏内にあるこの病院の患者が、最終的に避難できたのは、1号機、3号機、4号機が爆発した後の15日の午後である。
 「ちょっとした手違いで」、と許されることではない。公共施設である病院の多数の患者を避難命令(12日)が発令された後、何日も放置しておいた責任は甚大である。しかるに、故意で「置き去り」にしたと思われても仕方がない。「後回し」にされたと考えられても仕方がない。
「棄民」である!

 誰が「棄民」にしたのか? 
 上記、マスコミの記事に従うならば、双葉病院の院長など職員が、「置き去り」にしたということになるのか?
 これを読む限り、ひどい院長だ!ひどい看護士たちだ!

 精神病院、高齢者施設の看護は、一般病院の看護と大分違う。
 一般的病院のように看護技量の質を問われるというより、患者の身の回りの世話などホスピタリティが重視される。だから、精神病院の看護士の平均年齢は高い。若い人より面倒見のよい中高年がいいのだろう。患者にとって親も同然だ。今一番悲しんでいるのはこの人たちかもしれない。

 また、双葉病院の院長は私が知るかぎりとても優しい人だ。

 このような医療従事者が、好きこのんで患者を「置き去り」にするのか?と思っていた。

 そして次のようなブログを見つけた。
 *福島・双葉病院「患者置き去り」報道の悪意。医師・看護師は患者を見捨てたりしていなかった

 これを読んでわかった。
 行政は、自分たちへ向けられる非難を避けるために、上記のような記事をマスコミに流したにちがいないと!
 自分たち行政、自衛隊の失策を隠すために、院長のせいにしたのだと。

 12日の院長の求めに応じて、12日中にどんなことをしても、双葉病院の全患者を避難させる責任が行政にはあった。それを3日間ほったらかした。その間に、1号機が爆発した。そして、3号機、4号機まで爆発してしまった・・・・・地元で有名な「キ・・イ病院」だから、救助を後回しにし、しまいには、忘れられてしまったと思われたってしょうがないではないか!

 マスコミは行政や自衛隊が、寝る間を惜しみ、命を返りみず、一生懸命に救出活動をしている姿だけを流すが、けっして、真実はそれだけではないだろう。この双葉病院のように、「棄民」を作り出す手伝いを自衛隊がしてしまったことも事実だろう。自衛隊の指揮系統やマニュアルも完全ではない。

 その結果は、15日の搬送中、搬送後に21名が亡くなってしまった。
 死亡に至った経緯は解らない。
 被曝なのか?それともパニックになってしまったのか?ただ、言えることは、電気も水道も食料もない?場所に患者だけ取り残された不安は相当だったのではないだろうか?精神病だから大丈夫というものではない。精神病だから余計に不安だったのではないだろうか?廃人になっていたとしても仕方がない。この亡くなられた21名も間違いなく、今回の大震災の被災者ということになるだろう。
 しかし、地震や津波ではなく、人災による死亡者である。

 今に、被災者の涙が津波となって、政府や官僚や東電役員をおぼれさせるのではないだろうか。

 





追記

上記の本を読んで改めて私の考えに間違いないと思った。

この本にはこの事件の戦犯が詳細に記載してある。

第一の戦犯は、当時の福島県災害対策本部・救援班長の門馬靖。
そして、副班長の上野隆司。
最低の役人だ!!
こんなものたちに指揮権を与えたから多くの命が奪われたのだろう。
この二人は自分たちへ非難が向けられることをさけるため故意に情報を隠ぺいし院長と院長たちを保護し常に連絡を取りついでくれていた双葉署員をだまし責任を押し付けたのだ!
それが最終的に自衛隊のみでの英雄的救出劇となってしまった・・・

大熊町町長の渡辺利綱。
この男を含め役場の職員は、双葉病院にまだ何百人も避難できずに救助を待つ重篤患者がいることを知りながら、12日午後、1号機の爆発に慄き、避難終了宣言をし役場から遁走した。その後、救出のため目立った動きもしていない・・・

彼らの責任感の欠如が原発のど真ん中にある『双葉病院』の放置につながった!

そして最後までオペレーションが機能しなかった自衛隊!
多少の情報判断能力があれば「おかしい?」と疑問がわくオペレーションを何度も繰り返す!
想像を絶する無能さ!
2発目の原発が爆破するやいなや
現場から双葉病院職員の自家用車を借り遁走した陸上自衛隊第12旅団・輸送支援隊長!
ひどいとしか言いようがない・・・



tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/545-45f2acce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。