Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

福島原発・東京電力は責任を取れ!

 「何も問題ない・・・」
 9時のNHKのニュースを見ていた。
 解説者が、福島の原発について最後に小声でそう言った言葉を私は聞いた。

 こんな奴しかテレビには出ない!
 自信のなさそうなしゃべり方の解説者や大学教授ばかりだ。
 日本のテレビを見ていたら、事実はまったく語られないだろう。
 CNNやBBCをケーブルやスカパーで見れるのならそちらを視聴したほうがいい。
 まったく違った報道だ。

 わたしは、電力関係のミッションの添乗を勤めたことがある。
 電力会社、大学の教授、官僚、商社、みな仲間である。
 電力会社と大学教授の関係をみて、わたしは、日本航空と旅行会社の関係と似ているのでは?と思ったものだ。
 立場上、日本航空は旅行会社のサプライヤーであるが、実際は日本航空のほうがふんぞり返っている。
 電力会社も大学教授をあれこれと持ち上げているが、実際は電力会社のほうが指揮しているのだ。
 わたしは、これだけ電力会社の寡占が存在すれば、その専門家がお金を得るには、電力会社の手足となって動かざる追えないのかと思っていた。
 
 今、まさにテレビで、訳のわからない原子炉の図面を見せて、視聴者をけむりにまこうとしているのは、そういう輩だ!
 東大とか京大とか言う名前に惑わされてはいけない。


 もうひとつ、東京電力を疑う理由はある。
 私の子供の頃の記憶である。

 父親にお金を握らせようとするこの東電関係者の記憶・・・・・
 東電が推薦する自民党町長を当選させるために、あからさまに父にお金をわたそうとする者たち。
 町は、原発賛成派、原発反対派と真っ二つに分かれていた。
 福島第一原発・・・・・・
 父は、お金を拒絶し激怒していた。
 ワイロで原発を作ろうとする東京電力と自民党に激怒していた!
 わたしは、それ以来、原発という物体に拒絶反応を起こすようになった。

 その後、あちこちで耳に届く原発事故の顛末は、私が子供の頃に目にしたもの同様、電力関係者の卑怯な自己弁護であった。

 
 この期に及んで、東京電力は、大地震の被災者を苦しめ続ける。
 福島浜通り・・・大熊、双葉、浪江、南相馬・・・・
 多くの人が死んでしまった。
 そして、被災した者たちは、避難しなければならなくなった。
 
 福島第一原発から10キロ圏は、避難だ。
 だから、もう誰もいないはずだった。
 原発関係者50名を除いては・・・・・・・・

 それが、今朝のニュースでは、
 「双葉病院の重病の患者が何名か取り残されています・・・・これから、自衛隊がその方がたを救助する模様です・・・・・」
 などと言っていた。

 「双葉病院の重病患者?」

 ふざけるな!と言いたい。
 あの病院は、精神病院だ!
 家族にも見放された精神病患者たちだ!
 
 精神病患者を見捨てたのだ!

 すべて、東京電力の責任ではないのか!
 意味不明な会見をする暇があるなら、自分の手でこの患者たちを救いに行け!

*原発がどんなものか知ってほしい(全)
平井憲夫さんは、自ら原発の施行責任者として、多くの従業員を被爆させてしまった贖罪として、上記文章を書かれた。自らも被爆し1997年に亡くなった。
上記文章を読むと、東京電力等の会見の無気力さ、切迫感のなさが理解できる。
彼らにとって、放射能の垂れ流しや被爆は、日常茶飯事だったのだ。今始まったことではなかった。だから、どこが問題なのか?わからないのだ。
幹部は絶対近づかないのだ。




tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

No title

 たぶん20年近く前に成ると思うが大前健一が書いていた。  彼はもと日立に居て原発関係の事をしていて結局はヒューマンファクター?だ と言う様な事で辞めたと数行書いていた と思う。  つまり氏が勤めていたその当時に於いて既に、純粋に技術の問題なのではなく安全性か効率性かに帰すると見てとったと云う事だとその時解釈したものです。   つまりこの時、氏は原発について告発していたのだと私は受取ったものです。  いかに大前氏といえどもそれ以上の事は無理なのでしょう。   
 新しい発明?というものが本当に暴れ馬の様に手がつけられないものならそもそもそれを活用しようなどと言う発想も出なかったのではないでしょうか? それはたとえ原発であろうと蒸気機関であろうと。   
 そもそもの原発利用の是非についてはここでは置いておくとして。
 私は今回の問題も結局は経済効率を優先したかった人達による人災だと思います。
 そう考えると今のTV報道もおかしくないですか? 何故官房長官自身があそこまで詳しく原発について説明する必要が有るのでしょうか? (あの方自身は本当に真摯に身を呈していると見受けますが)  日本人の性格を上手く突いた目くらましの様に思えて成りません。   馬鹿な記者が微に入り際に入り質問してそれに一つ一つ答えてますが何の意味が有るのでしょう。  そんな事が仕事ではないはずです。  大事な事は的確な指揮を執る事であって専門的な細かい事は、その道の専門家にでも説明させれば良いのではないでしょうか?・聞きたい人には。   
 的確な指揮を捕るには刻一刻と変わって行く状況をきちんと把握しなくてはならないではないですか?   例えば株のディーラが相場が立っている間にTVに出て長々自分の相場観を説明しているのを見た事有りますか?   何かおかしくないですか?   今の枝野官房長官にそんな時間が与えられているでしょうか?   もともと原発のスペシャリストだったのでしょうか?
 未曾有の災害というこの場に於いてもマスコミがグルに成って誘導、問題のすり替えを行っているとしか思えません。  
 東電の発表もいい加減ですがそれでも彼等にしたところで末端の人間でしょう。  それに対して本質から外れた揚げ足を取る様な下らない質問をしている記者が居るがこいつ等こそは本当に屑だと思う。

URL | 匿名希望 #-
2011/03/16 01:06 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/541-9c1374fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。