Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

会社訪問

会社訪問

 よく、真新しいスーツを着た若者を街中で見かける。
そろそろ、リクルートの季節なのだろう。もしかしたら、この時期でもリクルートの会社訪問では、追い込みに入っているのかもしれない。

この情報社会!いろいろな情報が飛び交い、学生の方々も悩みに悩んで、最終的に会社を決めるのだろうけど、悩んで入社しても、数ヶ月で退社してしまう新入社員もいれば、1社からしか採用通知が来なくて仕方なくその会社に入社したけれども、とても遣り甲斐を持って仕事をしている人もいる。

会社の人事担当者も、経済評論家などと同じで、採用した社員が、暴落することのほうが多い。
「何で、こんな奴、採用したんだろ・・・・?」
滅多に当たらないのだ。

旅行会社へ行くと、よく鈍感な社員に出くわす。
「旅行会社はサービス業なのに、なんでこんな鈍感な社員を採ったのだろう!」とよく思う。
答えは、採用した上司も鈍感だったりする!
よって、不採用になったとしても、がっかりするすることはない。
鈍感なあなたも採用されることがあるともいえる。

現在、旅行業界だけを会社訪問している学生もいないだろう。
旅行業界も訪問するが、金融、メーカー、商社、といろんな会社へ間口を広げているはずだ。
その際、注意してもらいたいのは、学生時代に修得した資格だ。
旅行業でいえば、学生時代に、国家資格である「国内・一般旅行業務取扱管理者」という資格を修得している者がいる。合格率20%だから、修得した本人としては、プチ自慢だろう!けど、旅行業以外の採用試験を受ける際は、マイナスに働く可能性がある。
他業種からしてみれば、「何で金融を希望する人が、こんな資格とったの!」ということになる。
「きっと、第一志望は、旅行業であり、もし、金融に来ても、旅行が趣味ということは、よく休むということかも・・・・・」などと詮索されるかもしれない。





tb: 0 |  cm: --
go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/54-2a499a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。