Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

「添乗員英語」は何が問題か

 トルコツアーがよく売れている。
 第一の魅力はその安さだろう。食事や観光すべて付いて10万円前後から販売されている。国内の温泉に2,3泊してもそれぐらいかかってしまうのだから、遠くトルコまで飛行機で行って、3食、寝床、観光つき8日間ぐらい滞在して10万円ならば、それほど金銭的余裕のない人でも、友人に誘われれば、ちょっと行ってみようかな!という気になるのではないか?

 しかも、トルコツアーの場合、ほとんどの旅行会社は、添乗員、日本語スルーガイド付きである!
 最近は、以前訪問できなかった東部トルコを周遊するツアーもある。クルド人問題で、外務省が東部トルコに危険度を出していたので、以前は旅行会社が自粛していたのだ。

turkey-hotels_map[1]

 私は、トルコというと、ちょっと苦い思い出がある。
 それは、もう大分前、まだ、トルコに日本語ガイドが少ない頃の話しである。
 私は、この紀元前から多くの遺跡のあるトルコを英語のスルーガイドと回ることになった。まあまあ日本で下調べをしていったのだが、ある遺跡で、ガイド氏の言っていることがよくわからなかったのだ。どこの遺跡だったかもう忘れてしまったが、英語ガイド氏の説明に私は、何度か聞き直した上、考え込んでしまった。そして、私自身意味不明のまま、どうにかそこを切り抜けたのだが、なんかスッキリしなかった。スッキリしないまま、次の遺跡へ歩いていると、男性のお客様が私の傍らにスーッとすり寄ってくると、こう言った。
 「適当でいいんだから!詳しく説明されたって覚えてないんだからさ~」

efes1.jpg

 私は、いつも適当であった!
 このお客様のいうように、今回も適当にやろうと思ってはいたが、英語ガイド氏の説明の根元の単語がわからなかったので、適当にしようにもできなかったのだ!
 確か、ギリシア神話にまつわる話しだったと思うが・・・・・

 添乗員は正式な通訳ではない。
 もちろん、通訳の勉強などしていない。
 通訳料など支払っていない旅行会社は、添乗員に適当でいい!と言う。


 しかし、最近思うことは、「適当」ほど困ることはないだろう。
 「適当」とは、「不当」にも「妥当」にも成りえるからだ。
 「適当」にやって、あるお客様からクレームがつけば、添乗員の「語学力不足」という結末で終止符が打たれることはわかっている。
 こういうお客様に文句をいうつもりはない。
 添乗員が「適当」に説明する(させられる)ことが、お客様にたいして失礼なのだから。

 もうひとつ、やはり、その国の人々にたいして、失礼ではないだろうか?

 もともと、添乗業務である旅程管理と通訳ガイドは別々の業務である。一緒にすべきものではない。
 別々、という認識をお客様と添乗員が共有できるようなツアーつくりを旅行会社はおこなうべきである。
 添乗員にスーパーマンのようなパフォーマンスをおこなわせ、知ったかぶりの添乗員ばかり養成していると、今に下記に似た失敗をやらかすことになるかもしれない。 
 下記は、国の代表である総理大臣だ。添乗員も一応、ツアーリーダーと呼ばれている。


「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21) [新書] 鳥飼 玖美子 (著) より


「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)「英語公用語」は何が問題か (角川oneテーマ21)
(2010/11/10)
鳥飼 玖美子

商品詳細を見る

 国家のトップの英語

「仕事で使える英語」とは、どういう英語か、という話をしたので、今度は、「トップに立つ人間と英語力」について論じてみたい。トップと言ってもいろいろなレベルがあるが、我が国を代表して諸外国と交渉する立場にある総理大臣については、重要な交渉の場での英語使用はお控えいただきたい、というのが私の持論である。むろん、英語は出来た方が出来ないより良い。しかし、英語力の有無が、首相の資質を決めるとは思わないし、国益がかかるような会談では、プロの通訳者に任せた方が安全だ。
 過去を振り返ってみれば、総理大臣が犯した英語の間違いは数多ある。
 真偽のほどは不明だが、森喜朗首相だったか、有名な笑い話がある。クリントン大統領を出迎えた際に、せめて挨拶くらいは英語で、と用意していた “How are you?” を言うつもりで、思わず “Who are you?” と言ってしまった。日本の首相から、「あんた、誰?」と聞かれたクリントンも驚いただろうが、すぐに立ち直り、 “I’m Hillary’s husband.” (ヒラリーの夫です)とお茶目に答えたところ、英会話表現を丸暗記していた首相は、 “Me,too.”(私もです)。

森首相1

 人間の会話は、英会話マニュアル本のようにいかない、というのは、かつて漫画家のサトウサンペイさんも言っていた。向こうからアメリカ人らしい人がジョギングしてきたので、 “How are you?” と話しかけたら、 “OK” と言って走って行ってしまった。 “Fine,thank you,and you?” と答えるはずじゃないの? と憤慨していたが、単なる挨拶だって、その場の状況、相手との関係性で多種多様な変化が出てくるのが、自然な会話(よく言う「生きた会話」というやつ)なのだ。
 森首相は英語が苦手でマニュアルを暗記したから、抱腹絶倒の会話になってしまったともいえるが、英語が得意と自他共に認める首相は返って危ない。1993年、宮沢喜一首相が通訳者を入れず、さしでクリントン大統領と首脳会談をした際、大統領の円高容認発言を聞きとれなかったのか、理解しても反論できなかったのか、結果として円高が進み首相としての責任を問われた(鳥飼玖美子2004)。
 中曽根康弘首相も英語が達者ということになっているが、「実りある会談(a fruitful meeting)」というつもりで、「フルーツ・トーク(果物の話)」と言ってしまい、当時は日本へのオレンジの輸入が問題となっていたことから笑われたこともあった。これはまだ、ジョークだと言って逃げられるが、深刻になりかねない誤用もあった。レーガン大統領に「ユナイテッド・プレジデント」と呼びかけてしまい、「日米共有の大統領」のようになってしまった。正しくは、the President of United States(アメリカ合衆国大統領)である。
 ブッシュ副大統領主催の晩餐会では、「これまでインディペンデント・アライ(独立し                                
た同盟国)だった日米は、ディペンデント・アライ(dependent ally)になった」と発言して物議を醸したこともあった。これではまるで、従属国になったように聞こえる。もし互いに助け合う同盟国なら、dependableのという単語を使うべきだった。
鳩山由紀夫首相は米国の大学で学位を得ただけに、きちんとした英語で国連演説を行い、初めて日本の首相の英語に誇りを感じたという国民が多く好評だったが、オバマ大統領に対して言った、「トラスト・ミー(Trust me.)」は、いただけない。その後、信頼に応えて普天間問題について国内をまとめることが出来たのなら問題ないが、出来ないと分かっていて、「トラスト・ミー」は、やはりまずかった。もっとも、違う意見もある。東南アジアのある国では子供たちが観光客にいろいろな品物を売りつけてくる、その際に、英語で品物の宣伝をした後、Trust me.と言うのが決まり文句なのだそうだ。もちろん、信じてはいけない、と観光客はガイドから注意を受けるのだそうだが、それほどTrust me. のという表現は軽いので、オバマ大統領だって文字通り受け取ったはずはない、という見方である。それを聞くと尚更、一国の首相が、Trust me.などという表現を使わないで欲しいと思う。

 ライシャワー駐日米大使は、日本育ちなので英語と日本語のバイリンガルであったが、米国大使として公的な発言をする際には、日本語は使わず、英語で発言したものを通訳者(たいていは西山千氏)が日本語に通訳するのが常であった。時には、「いや、私の言った意味は厳密にはそうではない」と通訳された日本語に異議を唱えたりもして、適切な訳語をめぐって西山氏と議論をすることもあったが、米国大使としての立場を堅持し、発言は母語である英語で通した。これは、大使が米国の国益を代表していることを考えれば当然である。
 国家運営のトップである総理大臣の発言には国の命運がかかっているのだから、税金を
使ってでも優秀な通訳者を活用すべきだと思う。・・・・・・・・・・




 
tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

Re: 最近は

現役添乗員 様

コメントありがとうございます。

ほんとうにそのとおりですね・・・・・
ビデオなど動画に残している人もいますね。
もし、自分の適当な間違った説明がユーチューブに
アップされているかと思うと嫌な気がします。

管理人



> ガイドさんや添乗員の話をメモを取るお客さまが増えています。
> メモする理由は・・・ よく解りませんがブログで紹介するためでしょうか?
>
> 最近は海外で活躍されておられた団塊の世代のお客さまも増え
> 添乗員以上に英語及びその国の言語が得意であったりして
> 適当な事が言えなくなっています。

URL | InTouch #-
2011/03/09 09:03 * edit *

最近は

ガイドさんや添乗員の話をメモを取るお客さまが増えています。
メモする理由は・・・ よく解りませんがブログで紹介するためでしょうか?

最近は海外で活躍されておられた団塊の世代のお客さまも増え
添乗員以上に英語及びその国の言語が得意であったりして
適当な事が言えなくなっています。

URL | 現役添乗員 #TY.N/4k.
2011/03/08 23:55 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/538-e462be71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。