Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

エジプト・デモ~ニュージーランド地震

以下のようなブログを発見した。

ライジング・サン(甦る日本)
”全てを疑え! 真実のみが悪を断つ 斬り捨て御免!!”

平野 浩 h_hirano

菅首相がダボス会議に行ったのは1月28日。実はそのときエジプトでは約500人の邦人がカイロ空港で足止めされていた。そこで外務省が政府専用機を邦人救出に使おうと提案したところ菅首相がキレた。専用機はオレが使う。勝手にエジプトに行った奴をなぜ助けるのか、と。「週刊朝日」3/4より
困った外務省は前原外相と相談。外相は首相を説得したが、首相は聞き入れず、28日夕に出発し、30日午後に帰国。ここで許せないのは「勝手に外国に行った奴を政府専用機まで使ってなぜ救うのか」という発言。一国を代表する宰相の言葉とは信じられない。「週刊朝日」3/4より
外務省関係者の言。「国民を切り捨てるなんて首相として許しがたい。他国では救援機を送っている。一体何のための飛行機で費用はどこから出ていると思っているのか」と。これが市民派宰相、菅直人の正体である。「週刊朝日」3/4より
ついでにもうひとつ。政府専用機は2機あり、不測の事態に備えて1機は空のままついて行く。これを使ってダボス会議の帰りにエジプトに立ち寄り邦人を救出できたはずである。そうすれば話題になり、支持率も向上したと思われる。しかし、菅首相の頭の中には邦人救出の4文字はなかったのである。
・・・・・・・・・・・・・・・


これが本当だとしたら、すごい総理大臣だ!

「勝手に外国に行った奴・・・」より、自分のプライドのほうが大事らしい。

これでは、今回のニュージーランドの地震も、「勝手に外国に行った奴・・・」だろうから、首相自身は単なるパフォーマンスで救助隊を派遣したのだろう。
一刻を争うこのような事態も、「勝手に外国に行った奴」でしかないのであろう。

こうおもって、国会の質疑を見ると、菅首相が、「この緊急事態、ニュージーランドの地震に、日本が一致団結して・・・」 などという文句は、本心ではなく、野党の追及を逃れるためのパフォーマンスに見えてきてしまう。


ただ、エジプトのカイロ空港に取り残された日本人は、『政府専用機』に乗らなくてよかったかもしれない。
*エジプトの反政府デモが止まらない
ただでさえ、助けられた日本人は、チャーター便の乗車運賃3万4千円を徴収された。
もし、菅首相の大事!な政府専用機を回してもらったりなどしたら、とんでもない!料金を取られたかもしれない。そのなかには、きっと菅首相の慰謝料も含まれていることだろう!

今回のニュージーランド地震の場合、被害者があとで国から救出料を請求されることはないだろう。
なにせ、派遣されたのは、「国際救助隊」だ。
・・・・たた、エジプトの例があるだけに、心配だ。

今回、留学された方がたの場合、専門学校や留学機関をとおして現地へ赴いているので、きっと、しっかりした留学用の旅行傷害保険をかけていることと思う。
*海外留学生保険・ワーホリ保険(AIU)
旅行傷害保険をかけていれば、地震などの自然災害の場合でも、救援費用、治療費が補償される。
このような時期でお金の話しをするのは不謹慎かもしれないが、当事者や家族にとっては大事なことになるはずだ。
すべて保険で補償されることが確認できたら、パスポートを即時発行してもらい、一刻も早く現地へ赴いて、被災されたご家族を抱きしめてほしいと思う。

旅行中、病気や怪我をされた方の心細さは、我々添乗員は痛いほど知っている。
一番のクスリは、肉親の愛情だと思う。

追記 やっぱり!!
読売オンライン
*富山市長、政府専用機の家族取り扱いに憤り

 富山市の森雅志市長は23日、市の部局長会議で、ニュージーランドで被災した学生の家族について、政府専用機には乗せられないと政府から連絡があったことを明らかにした。

 森市長は「(政府専用機に乗る)希望を募っておきながら無理というのはどうか」と不満を述べ、「もうちょっと確度の高い情報を出してほしい」とも話した。

(2011年2月23日14時21分 読売新聞)




tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/533-b41ea1f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。