Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

エジプト 日本人観光客500人ではなかった!


エジプトに取り残されている日本人観光客は500人どころではなかったらしい。

 トラベルビジョンによると、2000人は下らないようだ!
 さすが今が観光シーズンのエジプトだ。各旅行会社は、自社のアドバンテージを競うように自分のところのお客をどうにか帰国させようと必死だ。チャーター便やまだ運行している飛行機で経由帰国させようとしている。外務省が音頭をとって全社協力し個人渡航者を含め安全にエジプトから退避するということはできないのだろうか?

 こんな情報化時代でも、エジプトの詳細など的確に日本へ入ってきているのかとても疑問である。
 UAEの放送局アルジャジーラのエジプト報道の1%すら正確な情報が日本の報道機関は流していないのではないだろうか。最初からこちら側のバルブは閉じたままになっているのではないか。遠くアメリカを迂回してくるバルブばかり全開しているので、日本の対応はいつも遅れるのではないだろうか。

 *ALJAZEERA

 それにしても、今回のようなデモが暴動にまで発展し日本人観光客が取り残された場合、各社独自の救援費用はだれが負担するのだろうか?
 原則はお客様自身の負担だろうが・・・・・・・
 大手の旅行会社であれば、任意でこのような場合の救援保険をかけているだろう。
 小さな旅行会社は・・・・・・・どうするのかなあ・・・・放置?
 HISは大丈夫だろうか!
 「安物買いの銭失い」にならなければいいが・・・・


 トラベルビジョン
 *エジプト、滞在中の旅行者2000名以上か-渡航延期で各社ツアー催行中止

掲載日:2011/02/01]
 エジプトで反政府デモが続く中、日本時間1月29日付けで外務省がエジプト全土を対象に渡航情報を「渡航の延期をお勧めします」に引き上げ、旅行大手各社が募集型企画旅行の催行を中止している。日本旅行業協会(JATA)によると、日本時間31日現在で会員各社から連絡のあった現地滞在中の旅行者はおよそ2000名。FITの旅行者を含めると2000名以上が現地にとどまっている可能性がある。一方、外務省がチャーターを設定するなど対応を急いでいることもあり、現地時間31日にはジェイティービー(JTB)と阪急交通社のみで700名強が出国できる見通しだ。

 JTBでは、2月28日出発までの中止を決定。31日現在で518名が滞在中で、帰国に向けた説明や手続きを進めているところ。31日には400名が出国できる予定で、3月1日以降の出発分の催行可否は2月22日に判断するという。エイチ・アイ・エス(HIS)は2月15日まで催行を取りやめた。30日現在で約140人が滞在中で、2月16日以降の催行は「今週中に決定する」方針。

 また、阪急交通社では、3月3日までの催行中止を決定。現地には418名が滞在中で、31日にはこのうち334名が外務省のチャーターや第3国経由で出国する。3月4日以降の対応は現在検討中。このほか、近畿日本ツーリスト(KNT)は3月4日、日本旅行は2月28日まで催行中止。日本旅行は90名が現地滞在中で、KNTは30日のエジプト航空(MS)便ですべての旅行者が帰国できたという。

 なお、MSでは、帰国便の日付変更や発券済みの予約キャンセルについて、ウェブサイト上で対応状況を説明。帰国便の日付を変更する場合は、変更希望日と便名をFAXかメールで送付するよう求めている(◆リンク)。また、JATAでは、まだ現地滞在中の旅行者数を報告していない会員や2月中にエジプト旅行の実施を確定している会員に対して早急な報告を求めている。





 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/516-32511202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。