Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

アンケートにおける旅行会社と添乗員の関係

 ふと、思ったことがある。

 昔から、旅行会社が、派遣添乗員に対し口をすっぱくして言い含めてていたことがある。
 それは、「お客さんには、絶対に、派遣!というんじゃないぞ!」ということである。
 「旅行会社の社員ということで、君は添乗しているんだ!」
 「旅行会社の代表として、添乗しているんだからな!」
 
 まかり間違っても、「私は社員じゃありませんので、そんなことは知りません!」などというんじゃないぞ!!
 
 最近は、そういう時には専属添乗員と答えろ!という旅行会社もあるが、結局は、「派遣」というネガティブな印象を濁しただけで、「当社の代表」という立場でそれぞれのツアーを引率してきてくださいということに違いない。


 また、旅行会社の期待どおり、よっぽど旅慣れている方は別として、ほとんどのお客様は添乗員を旅行会社の社員と思っている。
 社員と思っているから、いろいろと会社のことを聞かれることもある。
 
「以前行ったとき、そちらの・・さんに本当にお世話になったのよ!あの方は、まだいらっしゃいますか?」
 「このまえそちらの会社にわからないことがあって電話したんだけど・・・あとでかけ直しますって、・・ぜんぜんかかってこないのよ!なんていう方だったかしら・・・あの女性の??・」
 「わたしのお友達のご主人もお宅の会社に働いているんだけど・・・何課って言ったかしら・・・・?」
 「わたし、お宅の社長と面識あるのよ!なんていったかしら?・・・」

 こういう質問には絶句して微笑むしかない。
 適当に応えて後で嘘がばれるのも嫌である。


 旅行商品は、他の商品と同じように、多くの労働者たちに支えられて最終的に完成品となる。
 添乗員は、その完成品をユーザーに引き渡す役目ということになる。
 旅行商品の場合、完成(予約)された商品であっても、それぞれのパーツに常に不可避な「アソビ」がついてまわる。その「アソビ」というネジをちょうど良い硬さにうまく締めながら、パーツとパーツを繋ぎあわせていくのが、添乗員の商品引渡し作業である。

 つまり、旅行会社全従業員によって完成された商品(ツアー)を、添乗員が代表してお客様へ引き渡しているのである。
 旅行会社全従業員の集約結果を、添乗員がお客様に問うているのである。

 そのお客様は、添乗員を旅行会社全従業員の代表としてこの場に来てくれていると思っている。


 それでは、アンケートの添乗員の項とは果たしてどういう意味を持つのか?
 アンケートにより、旅行会社全従業員の代表である添乗員が非難されるような場合、それが添乗員ひとりの個人的な問題なのだろうか?
 代表である添乗員にクレームを出すことにより、その背後にいる旅行会社従業員たちへ憤りを感じてるということがあるのではないか?

 


 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/452-cc650f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。