Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

添乗員になりたい!旅行会社と派遣会社

 旅行代理店の店先には、大手旅行会社の色とりどりのパンフレットが並んでいる。どのパンフレットにも、魅力的な文言や写真がちりばめられている。
 ただ、どのパンフレットを見ても、『旅行代金』でこそツアーのカテゴリーが存在するが、同じ料金帯のツアーを比べているかぎり、中身はだいたい同じようにみえる。
 お客様はどのツアーに決めようか?本当に悩むことだろう!

 海外旅行ともなれば、その料金はバカにならない。大型家電が買えちゃう!いや、夫婦で参加すれば、小型自動車も買えるかもしれない。
 まあ、家電や自動車であれば、購入後、あまりに酷ければ保証やリコールという手もあるが、ツアーの場合、購入し参加して「しまった!」と思っても、もう取替えられない。返却もきかなければ消化してしまった部分はちゃんと差し引かれてしまう。
 レストランでコース料理を注文し、前菜のスープにゴキブリが入っていても、それを取り除いて、「ハイ、どうぞ!めしあがれ!!」というのが、昨今のツアーである。
 場合によっては、ゴキブリだけでないかもしれない・・・

 旅行は、お客様に見えない部分がたくさんある。そして、その見えない部分の差が大きいのである。
 家電や自動車のように、店頭へ行って、さわってみたり、試乗したりすることはできないので、自分でいろんなツアーに参加して試すしかないのである。ただ、これでは、相当なお金がかかってしまう。ハネムーンのように一生に一度?とおもっているカップルにとっては、取替えはきかない。

 今は、インターネット社会である。情報を自分の判断力で精査し、ベターとおもわれるツアーに参加するしかない。もし、それができないのなら、自分の購入した商品がベストなのだ!と思い込むしかない。思い込んでいるうちは幸せなはずだから。たとえゴキブリが入っていようとも!(私も先日掃除機を買い換えたが、今まで使っていた掃除機は何だったんだろうか!とガクゼンとしてしまった。)


 実は、これは添乗員にもいえることだ。
 「添乗」ということで考えれば、どの旅行会社の作業も同じようにみえる。
 しかし、実際、添乗するうえで、旅行会社やツアーと接してみると、そのカラーの違いに驚かされる。
 旅行会社によって、全然ちがうのだ。
 「ちょっと、この旅行会社は自分の気質に合わないかな?」くらいの違いであれば多少我慢すれば済むことだろうが、新興宗教や暴力団事務所の下っ端のように労役させられれば「こんなことが許されるのか」と改悛の念に苛まれるはずだ。

 幸か不幸か、添乗員の場合、派遣という制度のおかげで、いろんな旅行会社で添乗をする機会にめぐまれる。独立系の派遣会社であれば、大手何社かのツアーに添乗できるはずである。添乗しながら、添乗員としての幹をつくることが可能だろう。幹がしっかりしていれば、ちょっとぐらいの嵐でぐらつくことはないだろう。

 問題は、インハウス系の派遣会社に新人として登録することだ。
 新人ゆえに、その旅行会社がベストだと信じてしまう。
 ベテラン添乗員のなかには、インハウス所属が長く、苦労しているものがけっこういる。インハウスでのみ育った添乗員が、のちに他社の添乗をしようとしたとき、今までベテラン添乗員として蓄積したノウハウが全く役に立たないことに気付かされるのだ。
 インハウスのなかで、先輩風をふかして自己満足しているだけならいいが、他社へ出れば、新人以下!となる。
 とくに、人格まで損傷するようなインハウスに、「ここがベスト!」と会社から吹き込まれ、新人からながく居続けると、取り返しのつかないことになる。人生そのものを台無しにする可能性すらある。
 最初の選択が肝心だ。


 あくまで、わたしの個人的な感想になるが・・・・・
 
 インハウスとして、クラブツーリズム(近鉄系のツーリストエキスパーツや独立系でもクラブツーリズムしか取り扱っていない会社がある)、ユーラシア旅行社、

 上記2社は辞めたほうがいい。

 阪急トラベルサポート(阪急交通社)は、上記の2社に比べればましではないだろうか。
 阪急のツアーは世俗的であり、とても解りやすい「悪」である。
 それを理解したうえで、催行率が高いという理由から阪急の添乗に出ている者も多い。
 だから、添乗員同士で阪急の悪口を言い合う!というストレス解消法が自然と催される。
 他の派遣会社でどっちみち「阪急トラピックス」の添乗ばかりに出されるのであれば、いっそ阪急トラベルサポートに所属したほうがいいかもしれない。

 JTBは、「旅物語」にしても「ルック」にしても、以前ほど評判はよくない。
 それでも、他社に比べれば、まだまし?かもしれない。
 ただ、派遣会社「JTBサポートインターナショナル」(JTB)の評判は本当に悪い。
 昔から、海外添乗員になるまでかなりの資金を費やさなければならない!などと評判は悪かった。
 ほんとうに、JTBグループなの?という批判はまんざら当たっていなくもないと思う。

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/451-7e283026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。