Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

可視化

 司法試験という競争レースで自ら不平等社会の頂点にたった検察官に良識を求めることはそもそも無理があるのかもしれない。
 司法とは彼らにとってあくまで「自己実現」という目的に到達するための道具であって、その道義的責任は埒外のようだ。
 
 いま、検察は、証拠改ざんで大きく揺れ動いている。
 大坪、前田、佐賀という特捜事件を誘引した幹部が逮捕された。
 その中の、佐賀副検事部長が、「可視化しろ!」と叫んでいるらしい。
 大坪は、「検察のストーリーには乗らない!」と言っているらしい。
  
 こちらは、笑ってしまうくらいおもしろい叫びに聞こえるが、きっと本人は至って本気!に叫んでいるのだろう。


 これと同じことが、旅行会社社員と添乗員の間でも言えるのではないだろうか・・・・
 
 あの旅行会社社員の『検事』たちを是非、添乗員として、現場に出してあげたい。
 それも、出発前から問題を抱えている「ツアー」に、派遣添乗員と同じ条件、待遇で、ご出発いただきたい。

 すぐ、「可視化しろ!!!」と叫ぶにちがいない。 







 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/447-d0940124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。