Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

バス事故と添乗員 その1

 下記はある旅行会社の添乗マニュアルある。
 『バスの安全運行』の指示がマニュアルには書かれている。
 このようなことを記するマニュアルは、この旅行会社だけではない。ただ、偉そうに述べるほどの内容ではない。このような添乗マニュアルの作成者は、よっぽどの「愚か者」にちがいない!旅行会社の社員ではないだろう。添乗を知っている者が作成したはずだから、これだけ高飛車に物申すとは、添乗員あがりのアンクルトムあたりだろう。

 

バスの安全運行について

下記A及びBに関してのドライバーヘの安全運行の指導については、添乗員には対応に関する権限を付与します。

A.バスに乗車前の確認・注意点について
①外見上著しい破損や窓ガラスのひび割れ等が無いか
 *不備がある場合、派遣会社経由で担当者へ連絡し対処する。
②タイヤを見て、問題無いか(例えば、非常に擦り減っていないかなど)確認をする
 *運行前にドライバーに適切なタイヤであるか確認する(特に長距離移動の場合は注意が必要)
③運行開始前にドライバーとの確認事項
 *始業点検実施の確認
 *法定速度の遵守、悪天候の際の特に注意した運転の心がけ、職務中の飲酒の厳禁
④バスの各座席にシートベルトが装着しているか確認する
  装着されている場合、お客様へ走行中のシートベルトの利用を案内する
(特にバスガイドが乗務しないコースについては必ず添乗員が案内して下さい)

B.バス運行中の確認・注意点について
①交通規則の遵守と安全運転の励行を確認・注意する
 *交通法規を守り安全速度と十分な車間距離を確認する。
 *無理な追越し急発進・急停車をしない。
 *安全運転に心掛け、わき見運転・スピード違反は絶対にしない。
 *居眠り運転をしない様絶えず注意を払う。
 *積雪や雨天の場合、規制に応じた運行並びに適切な判断での運行に心掛ける。

上記の件にてドライバーヘの指導の結果、日程変更が生じる場合は、添乗員各位の判断に
て次ぎの順番にて旅程内容を変更して下さい。
 ① ショッピングのカット
 ② 観光場所のカット
・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ほんとうにバカだろう!!!
 添乗員はエンジニアか!
 オートバックスの従業員でもこんなにでしゃばった対応はしない!
 
 添乗員が、ドライバーへ「指導」??
 添乗員の資格で、そんなことまでできちゃうのか???

 バス会社は、日本でも地方運輸局の許認可が必要だ。
 そのために、整備管理者などいろいろな条件をクリアしなければならない。
 航空会社や鉄道会社や船舶会社と同様にりっぱな運送機関なのである。 

 たとえば、上記に書かれていることを飛行機に乗るとき添乗員がおこなったらどうなるのか?

 「ドライバーヘの安全運行の指導については、添乗員には対応に関する権限を付与します」と、添乗員が、「外見上著しい破損や窓ガラスのひび割れ等が無いか 」「タイヤを見て、問題無いか」「運行開始前にドライバーとの確認事項 *始業点検実施の確認  *法定速度の遵守、悪天候の際の特に注意した運転の心がけ、職務中の飲酒の厳禁 」などと空港や操縦室まで歩き回って指導していたら、航空会社もキャプテンも怒りだすだろう!
 「いや、わたしは会社から権限を付与もらっていますから・・・」など言ったら、そのまま頭がおかしいと思われて警察へ通報されてしまうだろう!

 
 もし、この添乗マニュアルを本気で実行したら、とんでもないツアーになること必至である。
 プロのバスドライバーであれば、怒らないほうが不思議である。
 旅行業約款で与えられている旅行会社もしくは添乗員の「安全確保」とはそういうことをおこなうことではない。

 上記ののようなことを添乗員が行なえば、添乗員とドライバーの信頼関係は築けないであろう。
 バス内で添乗員が第一におこなう「安全確保」があるとすれば、ドライバーとの信頼関係を築くことだ。そのために添乗員がすべきことは、ドライバーが自分のその職務を忠実に実行できるようにしてあげることではないか。安全運行や予定時間運行に集中できるようにしてあげることではないか。
 そのために、添乗員は自分の役割であるお客様や日程を『安全かつ円滑』に管理努力し、ドライバーへの負担を軽減することではないのか。
 上記マニュアルに書かれているほとんどは、ドライバーの本業である。本業に集中させてあげることが、添乗員が「バス安全運行」のためにできる最大の『安全確保』である。

 
 バスのメンテナンスに関して、添乗員は素人なのである。
 添乗員が係わる問題ではない。
 添乗員が係わる以前の問題だ。
 これで、事故が起きたらもう仕方がないのだ。


tb: 0 |  cm: 6
go page top

この記事に対するコメント

事故はだめですが、こういうトラブルで人の悪い面と良い面がでると思います
バスも添乗員もお客様もランドもみんな一緒
楽しい旅を嫌な奴ができるわけがないと思います。
相手の立場になって考えることができれば
そこに和ができて思い出によりいっそうの色を加える
旅行会社はお金を払えば思い出残るみたいな、売り方にやはり問題が
旅は道連れ世は情け、人を思えずに団体旅行は無理、どんなに添乗員が
お守りをしても、この所を共有せずに、顔色をみたサービスでどんな思い出がのこしてあげられるんだろうか、お金を払えば神様仏様の傲慢なお客様をホテルマンが客を罵ったと、罵ったことに対する責任と、どうして罵ったのかを同時に検証しない訳にはこういうクレームは増えていくのだろう。
何れにせよ日本人の質は問われる。
国民の精神性がお金でなんでも買いあさったバブルの後遺症で
そのまま末端の団体旅行ボリュームに浸透しているのは否めない
おつりが間違いだったと後日に問いただしはじめる人
精神安定剤をのんでお守りをする人
派遣の辛さを現場で晴らす人
警官の前で妻を殴る人
財布を盗られたと追いかけもしない人
個別に具体例を書いたら切りもなく、そして醜い
そんな中、
特別な意味をもって大事に旅するひとや
手品の得意な人や
人の品行を自分の足りなさと責める人や
泥棒を捕まえちゃう人や
最後に連絡先を残して行ってくれる人など
いい人もいるのだけれど

出発前の事前研修がもし、添乗員とお客様に有ったとすれば
何人の添乗員が何人のお客様と出発まで辿り着けるのだろうか。。。

URL | 俄 #.hdhzgyY
2011/07/29 05:43 * edit *

テレビのCMで見ました。

驚くことに、それを堂々とテレビのCMで流していた旅行会社があったよ。その旅行会社は格安で有名なH××。

URL | None #-
2011/07/22 19:40 * edit *

Re: No title

おっしゃるとおりだと思います。
管理人より

URL | InTouch #-
2010/10/04 00:00 * edit *

No title

派遣添乗員とか、バス会社とか、手配先の会社とかは
旅行会社の手駒なのでしょうか。
旅行会社自身に責任が降りかからない為の。

外注のおかげで、問題が起きた場合に、会社が
社会的責任をかぶらない為の逃げ道の役割を果たしているわけ…?

そういうやり方でしか、結局のところ
商品(ツアー)を作れないんですかね…?

URL | None #-
2010/10/03 18:10 * edit *

No title

これって事故が起こった後で、現地のバスの問題よりも
派遣添乗員の安全確認が不足していたから発生したと
言う事にして、結局旅行会社が責任を逃れようとしているだけ、
ですよね。

でもさぁ、旅行会社でほとんど海外に出ることの無い皆さん!
そもそも手配会社があるのだから、ちゃんとしたバス会社に
各旅行会社も手配を依頼しろよ! 

なんでもかんでも派遣会社の添乗員の責任にするな! 
俺は知っているが、社員様が添乗すると、こっそりガイドを手配して
自分らだけは安全圏内にいるではないか。

派遣添乗員はいつも圏外かよ。
それで 「誇りを持って添乗して下さい」 だって!
ふざけるな!


URL | 添乗一本やり #-
2010/10/02 22:24 * edit *

No title

無理な走行距離とか、請け負い値段たたきまくっていそうですね。企画段階でそうなら実際権限の実行出来る正社員がいきましょう。何かあってもお伺いを立てないといられない立場の人間だったら、旅行の運行中止がベストチョイスでしょう。現場で会社の方で新たに交渉して違うバスすぐに手配出来るんですか。お客さんまたせられるんですかね。
死人がでるより安全第一。

URL | 自動車整備士です #-
2010/10/02 09:21 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/442-0e6bfb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。