Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

今や昔の添乗員へ!

 出発前の打合せで添乗員は、ツアーで必要なモノをすべて受取る。
添乗員は、ツアー中、そのモノをうまく操りながら、お客様に旅行会社が提供可能な必要最大限のサービスを引き出そうとする。
そして、必要最大限に引き出した結果、多くのお客様が満足していただければ、添乗員冥利につきる。
必要最大限に引き出したと添乗員が思っても、たまに一人のお客様のアンケートに「添乗員が悪かった」と書かれる場合もある。
そういう場合でも、自分自身がこのツアーの必要最大限を引き出したと思っていたら、いたって元気である。
その反対に、必要最大限に遠く達しないほど添乗員が自己嫌悪に陥るときでも、多くのお客様から「満足」の声が聞かれることもある。
こういうときは、なかなか「まあ、いいっか!」という気になれない。

本来、添乗員というのは、こんなものだった。
自分がお客様と対面したときから最後、別れるときまで、最大限の努力をする。
大げさに言えば、命を預かっている気概があった。

だから、打合せのときの書類のチェックはあまりしなかった。
そのような書類は、旅行会社の事務担当者が気概を込めてチェックすべきものだ。
あなたたちの責任範疇だ!
わたしたちも自分たちの責任範疇は、気概をこめている。
自分たちの責任は真っ当してほしい。

昔の旅行会社の事務担当者は、十分な努力をもって我々に引き継いでくれた。
よってもちろん、あとで、書類の不備などがあれば、「ゴメンね」とか「申し訳ございません」と、その責任を痛感していた。
しかし、今はどうだ!!
もし書類の不備などあったら、打合せの際、しっかりとチェックしていなかった添乗員だけのせいにされるだろう!
それも、すごい剣幕で事務担当者から、
「あなた!ちゃんと、確認したんですか!!!!ほんとに、困るのよね!!!!!!どうしましょう・・・・・・・課長~!課長~~~!この添乗員が・・・・」
ふざけんなよ!
確認する責任者はお前だよ!
大手の旅行会社はもうこんなヤツしか残っていない。
まだ、中小の旅行会社は、責任感を持っている者が多い。

しかも、いくつかの書類は添乗員自身であっちこっちの旅行会社の引き出しをひっぱって用意していかなければならない。
これも、忘れたりしたら、すべて添乗員の責任だ!
いつからこんなになっちゃったんだ?

初めて阪急トラピックスへ行ったときは、ビックリした!地下牢のような窓のないタコ部屋に押し込められ、多くの添乗員たちがまるで蛆虫のように蠢きながら、ただひたすら、旅行会社のマニュアルに書かれた部品を寄り集めている。
粗悪な労働環境化におかれた製造工場のごとく、無機質な機械音のなか、液体が注入されたりフタがはめ込まれたりラッピングされたりと製造行程を経て商品が組み立てられていくようだった。
ここは、なんだ!
こんなことをする添乗員がいるんだ?
こんなことをさせる旅行会社があるんだ!!
とくに、わたしは、阪急交通社のグリーニングツアーを知っていただけに余計にそう思った。

出発後も昔とは違う。
打合せの際、旅行会社から預かったモノを操りながら最大限お客様のために良いツアーにしよう!!と思っても、添乗員にはどうしようもならなくなった。
どうすることもできないくらい!スケジュールがタイトになった。
タイトなりに観光名所の強弱をつけてどうにかお客様のイメージへ残るよう頑張ろうとしても、今度は、ショッピングが邪魔をする。
旅行会社とお土産屋との金銭契約が存在する以上、避けて通ることが許されないのがショッピングである。
ショッピングこそ、格安の生命線なのである。

ツアーがこんなになってしまっては・・・・・
添乗員が一生懸命、努力して、スケジュールどおりのツアーをお客様へ提供したとしても、お客様が100%満足することはむずかしい。

これでは、添乗員が努力できるところは限られてくる。
お客様の身体の疲労、疲労からくる愚痴、迷った末に参加したツアーへ対する自己嫌悪、もしかしたら、トラブルが発生しているかもしれない。
添乗員は、このようなお客様のさまざまな感情を、ときに用水路を掘ったり、ダムをつくったり、鉄橋をかけたりしながら、うまく調節しているのだ。

自分がツアーを任されているという使命感のもとに!
お客様には、格安なりに最大限、楽しんで帰ってもらいたい!
いい想い出としてもらいたい!

ここ10年くらいの間に、ほとんどの旅行会社が、
そういう添乗員のもがきを、台無しにしてしまった。
「お客様のために」という使命感・責任感まで消し去ってしまった。

旅行会社が、ツアー価格同様、当然のごとく、低下していった『質』の穴埋めに考えたのが、お客の前で身体を張って汗だくとなりながら使役される添乗員の姿を見せつけることだった。
お客様のために、命をかけて奉仕する姿を見せつける!!
そのために、いろんなグッズが用意されている。
「旅日記」「日毎スケジュール」「団体写真」「ウエットティッシュ」「うめぼし?」「英会話教室」「星座教室」「そうめん」「おにぎり」・・・・・・
これらは、ただの道具である。
ツアーの不満をそらすための道具である。
添乗員が悲痛な叫び!を押し殺しながら、お客様にこういう道具を使いながら、奉仕する姿こそ大事なのである。
だから、添乗員は必ず、お客様にそういう印象を与えるように、この道具を見せつけなければならないのである。

添乗員は、自分がリーダーという自覚のもと、ある意味、親のようにお客様と接してきた。
添乗員にとって、お客様は年上の子供かもしれない。
しかし、自分の子供のつもりで、最後まで命をあずかり、有意義な時間を共有したいと願っていた。

今は、もう親ではない。
奴隷か・・召使か・・家政婦か・・・・・
主人が見ているときだけ、窓拭きをする・・・・
旅行会社がそうしてしまった。

添乗員から責任感と使命感は消えていった、
今では、ほとんどの添乗員が「自分のため」に添乗をしている。
旅行会社からよい評価をしてもらおうと添乗をしている。
こうなると、添乗員にとって、お客様も道具のひとつでしかなくなった。

以前は、あまりにヒドイ手配であれば、帰国後、旅行会社へ
くってかかった。
手配する者たちの苦労を知ったうえで、お客様のためにあえて文句を言った。
手配担当者も、素直に謝り、こちらの気持ちを理解してくれていた。
今は、そんなことを言ったら大変だろう!
〈あなたの身分で、そんなこと、言えるの!!!〉
みたいな表情をされるのがオチだろう。

ましてや、もうそんなことを言う添乗員すら残っていないだろう。

だって、使命感がないのだから・・・・言う必要はない。

使命感がなければ、遣り甲斐もなくなる。
遣り甲斐はなく、労働条件が不安定で最悪となれば、何をたよりに添乗員をすればいいのだろうか?

昔の添乗員の仲間で、今別人となって生きている者がいる。
連絡を取ろうとすると、「過去は棄てたんだ!悪いけど、もう、連絡しないでくれ!」
といわれる。

すごくできるいい添乗員だった。
・・・・・・・・・・・すごい仕事になってしまった











tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

アホらしい仕事です…
新人添乗員です。

分かりにくい書類
細かい指示
態度のデカイAGT
無駄に厳しい先輩
新人が育つ訳がない

URL | None #-
2013/04/03 00:26 * edit *

全く同感です

読んでいて思わず机を叩きたくなった。

その現場を思い出す気がするからです。

異業種の方には想像できないと思うが、これが添乗員の
皆が経験した事実だから。しかも各社同じ状況。

一生懸命に働く意欲が消滅するのだ.

URL | 現職 #-
2010/10/15 07:30 * edit *

阪急の添乗員です。今、添乗の最大の目的は、PAXのアンケートに満足と書いてもらう事です。

URL | None #-
2010/10/12 16:00 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/433-7c10ec06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。