Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

医療ツーリズム

 最近、テレビでも医療ツーリズムという言葉をよく耳にするようになってきた。
 この医療ツーリズム。
 まるで日本の景気浮上のひとつの鍵とでもいうかのように、国や地方の役所から旅行業界まで、研究会やら推進チームなど設け誘致政策を話し合っている。

 もちろん、ここでいう医療ツーリズムとは、心臓移植のためアメリカの病院へ命がけの渡航する年少者のことではない。医療の高度技術ゆえ難病の人々が世界中から押し寄せてくるということではなく、人間ドックなど健常者が旅行のついでに健康診断やガン検診ができればよいかな程度のものである。

 現在の日本の医療ツーリズムのターゲットは中国やアラブの富裕層で、その贅沢な資産がこの分野へ流れ込んでくればいいと思っているようであるが、本来このような医療は自国でできるものであろう。わざわざ日本で医療を受診するための付加価値がなければ、すぐ飽きられてしまうのではないだろうか。

医療マレーシア
*医療ツーリズムが隆盛の東南アジア 最高級ホテル並の病院も出現

 医療ツーリズムというと東南アジアが有名である。
 わたしは、以前、シンガポール、マレーシア、タイなど東南アジアの病院を訪問したことがある。
 お客が怪我をして連れていったこともあれば、ロングスティ用の下調べ調査一行としていったこともあれば、友人の入院のお見舞いとしていったこともある。

 そこで感じたことは、これらの国々がとても国際的であるということである。
 それは、これらの国々が植民地だった残影を今日に至るまで引きずってきたせいだろう。
 そのことはまた、これらの国々に、人種や貧富を含めた大きな格差を生み出してしまったことも事実であろう。

 だが、上記のような経過こそ、これらの国々に日本でいう「医療ツーリズム」というような診療をずーっと昔から根付かせた土壌になったのではないか。

 もともと普通の地元民のいく病院と為政者である白人のいく病院は違かった。
 こういう差別の仕方は、イギリスの植民地政策の基本である。
 そのようなヒエラルキーが病院や医療においても普通におこなわれ、地元民のなかでも、中国系の富裕層や王族や資産家の家族などは白人用の病院で診察してもらえるようになっていたのではないだろうか。

 そういう伝統が脈々と受け継がれている東南アジアの病院内では、リッチそうな白人や外国人をよく見かける。
日本人もそういうグループに入るようで、怪我した友人を私がタイでお見舞いしたときにも、高級ホテルと見まちがう病室?に専属の看護師2人(一人はコンパニオンか?)に至れり尽くせりのサービスをされていた。それをいいことに、彼はわがまま放題言っていた。
 保険が効いたのか彼は「入院費用は思ったほど高くないんだ」って言っていたが、どちらにしろ日本より安いことは確かだろう。

 このような国々と医療ツーリズムの分野で日本がはたして争えるのかと思ってしまう。
 技術が違う!?
 今やそんなことはないのではないか。アメリカへいっても、偉そうにしているドクターは、・・チン、・・シンとかいう中国人やインド人が多いぞ!
 言葉だって、東南アジアでは、母国語のほかに中国語や英語の流暢なドクターなどあたりまえだ。
 それに、上記のような東南アジアのホスピタリティは、ホテルや航空会社ランキングでもおわかりのように、世界一級品だ!
 それでいて、医療費が安い!!

bangkok_phuket.jpg
* room at Bangkok Hospital Phuket!これが病室だ!


 そもそも島国・日本人の大きな勘違いは、自分たちのことを「国際的」だと思っていることではないか?
 日本人がよく口にする言葉に「国際化」がある。もう何十年も前から、この「国際化」という言葉をテレビや新聞でよく耳目した。
 テレビでは、海外を題材にしたクイズやバラエティをどのチャンネルも放映している。
 近所では、「・・・さんの娘さんは、アメリカへ留学するんだって!」とか「今度あそこに引っ越してきた・・・さん、オーストラリアに住んでいたんだって!いいわね、バイリンガルよ!」とか「となりのまだ結婚してない息子、母親と一緒にヨーロッパ旅行するらしいわよ!」・・・・・・・・・
 と至るところで、国際化が満ち溢れている。

 そういう日本人のいう「国際化」をわたしは日本国内でなかなか感じたことはなかった。
 日本人にとって「国際化」とは、日本人が外国へいくこと、もしくは日本人が外国で活躍することを指すのではないかと思えるほど、日本の大都市や観光地を回ると、そのターゲットはあくまで日本人であった。

 空港や駅の標識のわかりずらさ、両替したくても名の知れた銀行が不可能だったりする。
 海外から日本へ訪れる者たちへの施策というのをほとんど考えてこなかったのではないだろうか。
 それぐらい、外国人にとって旅しずらい国ではないのか?

 たしかに、日本の経済成長がめざましい頃は、貿易不均衡を是正するため、日本人が海外へ出向く必要性があった。逆に、外国人が日本へ来てもらっては困ったかもしれない。
 しかしそういうことだけが、日本国内が国際化しなかった理由ではないだろう。

 難民を受け入れない国として日本は世界に知れ渡っている。
 小国だからとか人口が多いからという理由ではよその国は納得しないであろう。そういう国でもちゃんと難民を受け入れているのだから。
 また、永く鎖国時代を経験した国であり、ピーピングルームや「家政婦は見た!」など覗きの好きな住民であり、建前で「遠慮せずに・・」と言える国民である。

 そういう過去の歴史や慣習を忘れたかのように、日本が出口の見えない低迷期に入ったとなれば、訪日観光客の誘致、「ビジット・ジャパン!」などとキャンペーンを張る。
 その一環に「医療ツーリズム」がを据える。
 はたして、こんなんで、先行する東南アジア諸国からお客様を奪い取れるのだろうか?


 しかし、よく考えてみると、この「医療」・・・日本は、もしかしたら、国際化しなくてよかったのかもしれない。
 植民地にならなかったことに感謝しなければならないかもしれない。
 日本の閉塞性に感謝しなければならないのかもしれない。
 われわれ日本人は、「医療」において、現在、大きな差別はない。
 国民全員が、原則、同じような健康保険証を持ち、平等な診療を受ける権利を有する。
 誰もが、慶応病院や聖路加病院で受診することもできるし入院することもできる。
 医療費があまりに高額な場合は免除される制度もある。
 医療は、あくまで福祉なのである。

 医療が国際化され営利目的が強くなれば、それこそ庶民にとってはオオゴトかもしれない。
 となると、医療ツーリズムというものも考えものじゃないだろうか?
 とうぜん日本人と同じように受付をしてカードを作ってもらって診察してもらう科へ提出するわけではないであろう。
 東南アジアよろしく、セレブ的、ブルジョア的に破格な優遇をし満足して帰ってもらうわけだろう。とうぜん、そのことの裏には、福祉とは無縁な破格の利益が転がり込むということなのだろう。

 しかし、やはり、そのような医療ツーリズムなら東南アジアに敵わないのではないだろうか?
 いや、もしかしたら、担当する経済産業省もそう思っているかもしれない・・・・

 ・・・となると、
 なんのための医療ツーリズムだろうか?
 
 考えすぎだと思うが、日本の医療構造を改革することが目的ではないか?
 アメリカの年次改革要望書。その中で、過去何度も日本へ脅迫しているひとつが、医療改革ではないか!
 医療を福祉色の強いものから市場原理的な企業社会へ変貌させる。
 アリコやアフラックなどの保険に加入していないと、ちょっとした高度医療を受けれないようにする。
 そういう保険の種類によって、受診できる病院が色分けされるようになる。

 社会の安全弁であるはずの医療が、不安をことさら煽ることによって利益を生み出す保険会社に支配されたら、とても嫌な社会になりやしないか?
 日本人は人の不幸のうえに自分が幸福になることなどそんなに好きではないだろう。
 人が病気で苦しんでまともな治療を受けれないでいる横で、自分だけ最先端の高度治療を受けれる社会?


 想像しすぎだろうか?

 もし、日本で医療ツーリズムを考えるのであれば、「日本の良さを是非、外国人の方々と共有したい!」という純粋な気持ちから発しられるのがいいのではないか。
 日本の医療システムを損ねることなく。
 たとえば、日本には、昔から「湯治」という伝統的な治療法が伝えられている。
 そういう湯治場は風光明媚な観光地にあることも多い。

 そういうものを利用して、日本の各地域の伝統文化のいろんな側面を訪問者へ知ってもらう。
 いい面も悪い面も。 
 訪問者の一生の想い出の一旦を担えるのではないだろうか。

 *いよいよ動き始めた医療ツーリズム その時日医は(ぐり研ブログ)


 
tb: 0 |  cm: 1
go page top

この記事に対するコメント

No title

きっとそうですね ますます、医は算術なり に成ろうとしているのでしょうか・・・
 TVなどのドキュメンタリーをみていると、毎日やたら忙しく働いているお医者さんも居ます。  先日病院へお見舞いに行って驚きました。  看護婦さん達も非常に狭いところで押し込められるように仕事をしていました。   その一方でTVのお金持ち特集で、犬に松阪牛を与えている様なお医者さんが出て来た事が有ります。  私なんぞはお医者様は偉い人だと思っているので、一般庶民よりはお金持ちで当たり前だ通っているのですが、 いくらお金が有るからとはいえそういうお金の使い方をするのには呆れてしまいました。
 
 昔は画家志望などと言えば、貧乏が当たり前のイメージでした。  今もそうなのかもしれません。   でも中には、好きな絵を描いているだけだろうに、やたらめったらお金持ちの人もいます。

 巷間よく言われる言葉に 「ちゃんとやっていれば、お金は後からついてくる」 と云うのが有ります。  確かにそうかもしれませんが、そこにはまた独特の仕組みも有るのでしょう。  とは言えこの表現にはそれなりの道徳性を含んでいます。   しかし今はその仕組みを要領よく利用する者が勝者に成る時代の様です。

 
  敗戦後、皆一生懸命頑張って、より良い明日を信じて頑張って・・・ その昔 経済大国とまで言える様には成ったけど。  国際化とは程遠い所でこつこつ、コツコツとズ~っと縁の下でやってきた人達も居たからだと思いますが・・・・・。   言葉もしゃべれない、まともなニュースも伝わらない国で(それはそれで、「お上」が本当に偉い人達なら・・・・きっと上手くやってくれているのでしょう・・)国際化とは一体何でしょう・・?

 よくTVのサスペンス物とかで~記念の海外ロケ版とかやりますけど、見ていて何のリアリティーも感じられません。  むしろ気恥ずかしさをおぼえます。 よく出来るな~そんな事と思ってしまいます。  見る人達より作る人達が行ってみたかっただけと思えてなりません。  不思議です・・・。

URL | 白玉 剣持 #-
2010/09/16 10:22 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/428-4ae9f91b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。