Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

希望のはてに

 昨日、久しぶりに東京の吉祥寺へ行った。
 駅周辺を歩いていると、旧友の姿が目に浮かんできた。

 彼はよくアジアへ行っては、当時日本ではまだめずらしかったアジアンテイストのグッズを大量に仕入れて露天で売ったり、小さな店に卸したりしていた。
 吉祥寺や高円寺の駅周辺で、「このへんよく売れるんだよ!」といって、通りにマットを敷いてはアジアから仕入れした銀製のアクセサリーや更紗の類を行き交う人たちに声をかけ販売していた。
 わたしもたまに手伝ったりした。

 彼は、東南アジアやインドなどに買出しへいっていたが、彼の最終目標は南米のブラジルで暮らすことであった。
 南米を何度も放浪し、ブラジル人の奥さんを日本まで連れてきていた。
 とてもかわいい優しい女性であった。

 「これで3000万円くらい貯めて、ブラジルへ行って商売するんだ!」
 彼はその情熱をそのまま行動へうつしていた。
 それぐらい、前向きに、節約しながら、一生懸命働いていた。
 わたしのような友人たちは、こんなことで、3000万円なんて本当に貯まるのか?と半ば信じてはいなかった。


 しかし、それから何年もしないうちに、
 「目標に達したので、ブラジルへ行くよ!!」
 と、明るい笑顔で、奥さんを伴なって、ブラジルへ旅立っていった。

 われわれ友人は、
「彼はすごいなあ・・・!」「ほんとうに貯めたよ・・・!」
 と彼の行動力と最後に見せた天真爛漫な笑顔に魅せられていた。

 その後すぐ、彼がサンパウロにすごいマンションを購入した!という噂を聞いた。
 また、子供が生まれたという話を聞いた。

 そして、その後すぐ、
 生まれた子供が、HIVで亡くなったことを聞いた。
  
 そして、その後すぐ、
 奥さんが、HIVで亡くなったことを聞いた。

 そして、その後すぐ、
 彼が、HIVで亡くなったことを聞いた
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 マンションは、奥さんの兄弟が所有することになった。

stpaulo.jpg
1000万都市サンパウロ ブラジル

 HIVというと、薬害エイズで原告団だった参議院議員の川田隆平氏が「みんなの党」に入ったのにはビックリした。弱者の代表として政治家になった川田氏が、どうして格差社会を生み出した小泉構造改革を継承する「みんなの党」へ入党したのだろうか?
 薬害エイズというと当時、厚生省エイズ研究班の班長、帝京大学副学長の安部英氏が思い出される。
 安部英氏の
 「・・・私のような年寄りを虐めてどうするのですか?・・・・・」

 安部氏は、本当に自分ばかり虐められて不条理だなあと思ったのではないだろうか?

 安部氏は、一審無罪のまま、2005年4月に他界された。
 もちろん、HIVではない。
 88歳の天寿を全うした。
  
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/407-d5c4f8d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。