Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

お台場の事件

先日、こんな事件があった。

女性絞殺し一週間自宅に放置?お台場の無職男
 自宅で知人女性の首を絞めて殺害したとして警視庁東京湾岸署は19日、東京都港区台場1、無職相葉勝之容疑者(58)を殺人容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、相葉容疑者は今月12日午前4時頃、自宅で知人女性の首を後ろから腕で絞めて殺害した疑い。相葉容疑者が19日未明、「人を殺した」と110番し、駆けつけた署員がベッドの上で女性があおむけで死んでいるのを発見した。

 女性は所持品などから、40歳代のフィリピン人女性とみられ、同署で身元の確認を進めている。相葉容疑者は「女性とは約7か月前に飲食店で知り合った。ささいなことで口論になった」などと供述しているという。

(2010年7月19日19時14分 読売新聞)



 2年前も同じような事件があった。場所もお台場だ。
*お台場のマンションにフィリピン人女性の切断遺体か?

 この事件現場のマンションは隣同士だそうだ。

odaiba.jpg
 
 お台場が今のような開発地となる前、私はよく浜辺に日光浴へいった。ウィンドサーファーくらいしかいない静かな場所で、都会の喧騒から逃れるには一番いい場所だった。行政からほったらかされたような自然の場所であった。
 それが、瞬く間にり立派なビルや道路ができ始めた。
「すごいなあ」と見上げた高層ビルが、先日事件のあったというマンションであった。
入口に「モデルルーム一般公開」という看板がかかっていたので、さっそくどんなところなのか見学しに行った。かなり上階のすばらしく眺めのよい部屋だった。モデルルームだから、調度品も整っており、「ここなら毎日、浜で寝そべっていられるのかなあ」とおもって、さっそく応募することにした。残念ながら、かなりの倍率で部屋に住むことは儚い夢となってしまったが、もしかしたら、それのほうがよかったのかなあという気が今はする。

 以前、ハワイで現地駐在員の仕事をしたことがあった。
現地へ赴任する前は、友人などから羨ましがられたが、実際行ってみると、1ヶ月もたたないうちに、とても寂しくなるのだ。

waikiki.jpg

 ワイキキのカラカウア通りの一本むこうのクヒオ通りに面したコンドミニアムの上階の部屋に住んでいたが、窓から見えるワイキキ市街の夜景は、どうしようもなく胸をしめつけるのである。街に出ても、行き交う人々の観光を楽しんでいる姿が、逆に孤独な自分を強く意識して淋しくなるのだ。リゾート地だから、余計にその感情がつよくなるようだ。
 観光で来るときとは、えらい違いである。

 お台場は、今では、東京のリゾートとなった。
あの高層マンションからの夜景は、人によって、どうしようもなく寂しい風景として映るかもしれない、と思った。

odaiba2.jpg



 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/400-b428d554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。