Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

JTBエジプト・バス事故

JTBのエジプトツアーでバスが事故 日本人ら12人重軽傷2010.6.26 11:18

 大手旅行会社JTBは26日、グループ会社が主催するエジプトツアーで、日本人観光客らを乗せたバスが現地で横転事故を起こし、12人が重軽傷を負ったと発表した。

 JTBによると、事故にあったのは23日に日本発のツアー「ルックJTB大満喫エジプト8日間」に参加した客15人や添乗員、エジプト人現地ガイドの計17人。現地時間25日午後4時20分(日本時間同10時20分)ごろ、エジプトの首都カイロの南約1000キロの都市アスワンから巨大石像で有名なアブシンベル宮殿へバスで向かう途中、対向車線からはみ出してきた車を避けようとして横転したという。

 この事故で、現地ガイドの男性が意識不明の重体となっているほか、栃木県の男性(59)と東京都の男性(31)が腕の骨を折るなど25~69歳までの男女計12人がけがを負った。うち2人はカイロ市内の病院で治療中で、他の軽傷者はアスワンのホテルに滞在しているという。

 同社は「現在、詳しい状況を確認中で社員が現地へ向かう準備をしている」としている。



 それにしても、エジプトは、ほんとうにツアーの事故が多い。
それだけ、観光客が訪問しているということだと思うが、それにしても多い。
日本で騒がれるのは、日本人が事故にまきこまれた場合なので、日本以外の観光客もそれなりに事故にまきこまれているようなので、それも含めれば、相当な数であろう。

 テロがらみの事故といえば、1997年JTBのハトシェプスト女王葬祭の事件を思い出す。それ以外も、観光バスに銃弾が打ち込まれたり、ナイルクルーズ船が襲われたりしたこともあった。最近では、2006年頃にシナイ半島で爆弾テロが起きているようだ。
 
 テロ以外では、日本人観光客は関係なかったが、カイロからルクソールへの列車炎上の事故。2003年年末に立て続けに3件おきた阪急トラピックスのカイロ~アレキサンドリア間の観光バス横転事故。しかもトラピックスはその間に南米ペルーでもバス横転事故を起こしている。

 今回、JTBが事故を起こしたアスワン~アブシンベル間は、過去にも日本人が亡くなっているはずだ。炎天下の真直ぐのびた沙漠ロード・・・・誰もが代わり映えしない眺めと熱さにボーーッとしてくる。ドライバーにちょっとした油断があったのかもしれない。それは対向車にもいえることなので、どちらのドライバーに過失があったかを証明するのは難しいであろう。
 
 ただ、バスドライバーの油断だとすると、旅行会社JTBには、責任はない。旅行会社の特別補償規定により、微々たる見舞金を払うだけだろう。


 
 エジプトは今でも、全土に「十分注意してください。」という注意喚起(危険度1)が外務省から発令されている。外務省の危険度は、テロや強盗などの治安に対する喚起なので、上記バス事故は関係ないとおもうが、このような国では、別な尺度の危険度が必要かもしれない。
 間違っても、添乗員のせいにはしないでほしいと思う。

 添乗員が出発前にバスのタイヤなどをチェックしたのか?
 添乗員はドライバーがボーッとしていないか、チェックしていたのか?
 添乗員は、スピード出しすぎだと思わなかったのか?
 など、バス事故がおこると、こんなことが問題となることが多い。

 現地で添乗員は、プロとして手配されてくるドライバーを信じるしかないだろう!
 交通ルールや運転スタイルというのは、国によって違うのは、あたり前なのだ。
 それに、日本的イメージで口出しなどしたら、かえって事故へつながってしまうかもしれない。
 
 そりゃ~~、居眠りでもしていたら、「アンタ!」と声をかけるとおもうが・・・
 「インシャーラー」とはまだまだ言えない!!

アラビア語
 *アンタ=あなた(男性)
 *インシャーラー=神のみぞ知る






tb: 1 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/390-fcd609b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」

あなたはこんなことを言われたことはありませんか? ・弊社では、むち打ちでの3か月...

教えてあげたい
2010/07/10
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。