Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

不当判決!


 *旅行添乗員の「偽装みなし労働」不払い残業代請求訴訟・不当判決について

 『阪急トラピックス』で有名な阪急交通社の派遣会社「阪急トラベルサポート」の添乗員の労働訴訟において、7月2日東京地裁は、「派遣添乗員はみなし労働」という判決を言い渡したようだ。
  
 それにしてもおかしな判決である。
 東部労組の阪急トラベルサポート添乗員のここ数年の訴訟の経過をみていると、なぜこのような判決を裁判官が言い渡すのかとても不思議でならない。

 労働問題のプロである労働基準監督署が何度も「みなし労働は認めない」という是正勧告を、阪急トラベルサポートに出していることもしかり。
 2008年の労働審判でも、はっきりと「みなし労働は認めない」と判決が出た。
*http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/d2e1ae6cb57471ecbffe10f54a0873c5

私たち全国一般東京東部労組HTS支部が、大島組合員を代表に未払い残業代の支払い=「事業場外みなし労働」の是非を求めて申し立てた労働審判について、東京地裁は昨日の7月18日、「会社が主張する事業場外みなし労働は適用できないため申立人に残業代を支払うべきだ」とし、2ツアー分(07年12月、08年1月の2ツアー)の残業代請求20万6325円に対して、14万0070円を支払えとの審判を下しました。


そして、2010年5月の東京地裁の判決でも、まったく、上記と同じような判決がでた。いや、もっと、厳しい判決が阪急トラベルサポートに言い渡された。
*http://blog.goo.ne.jp/19681226_001/e/6f7c58e0e0ef629bbdb81104ed860634

裁判所は、派遣添乗員への「みなし労働時間」の適用は認めないと明確に指摘し、未払い残業代請求に対して、なんと請求額全額の56万2930円の支払いを命じると共に最高額の付加金(ペナルティ)として、請求額と同額の56万2930円の支払いも命じました。



 この何年間のあいだに、すべて同じ判決が出ている。
旅行会社、派遣会社、サービス連合、JATA(日本旅行業協会)やTCSA(日本添乗サービス協会)などの公的業界団体すべてが「添乗員はみなし労働」というなか、弱者である派遣添乗員の主張を労働問題の専門家も裁判所も、はっきりと指示した。
 わたしが、一部分傍聴した裁判においても、阪急トラベルサポートの応答は茶番ともいえないぐらい恥ずかしいものであった。この人たちに「三分の理」もないように思われた。

 それなのに、今回の判決は、
「派遣添乗員の労働算定は、みなし労働とするが、残業代は払いなさい」とするということらしい。
 いままでは、
「派遣添乗員の労働算定に、みなし労働を適用することは認められないので、残業代は払いなさい」ということだった。
 この違い何だろうか? 

 わたしには、今回の判決は現状における添乗員改革でどうにか終止符を打とうとする旅行業界側と役人側の意向が反映されているように思えてならない。
 
 05:00~22:00 みなし労働(日当)
 上記以外    残業代
 ●深夜・早朝手当てについて
  現在22:00~5:00となっていますが、22:00丁度と5:00丁度は含まれません。
  例えば22:00ホテル終了 又は、5:00朝食スタートと申請しても2,000円は支給されません。

 旅行会社がここまで譲歩したのだから、この辺で手打ちにしたらどうだ?という気がしてならない。
 (以前は、24時間=日当扱い)
 しかし、このような規定では、ほとんど添乗員の収入は変わらないのだ。
 みなし労働を容認するのであれば、相当額、日当を上昇してもらうしかないが、そんなことをする気はない。
 また、「みなし労働」のままであれば、添乗員の人権問題は現状のままか現状よりもっと悪くなるのではないか。
「みなし労働」という労働を透明化しない利点は、添乗員ではなく旅行会社や派遣会社にある。
 今では、「みなし労働」というのが、旅行会社の人権侵害の隠れ蓑になっている。
 

tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/388-607a7e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。