Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

公園で何をしたらいいのか

 近所の公園の看板には、いろいろな注意書きがしてある。
 
 野球やサッカーなどの球技はしないこと、
 バットやゴルフなどの道具を使わないこと、
 犬などのペットを持ち込まないこと、
 花火はしないこと、
 他人に迷惑をかけないこと、・・・・・・・・・・・・・

 今覚えているだけでこんなにある。

 しかし、これでは、何して遊べ!といっているのだろう。
 小さな児童なら、滑り台やブランコなどの遊具で遊べるが、小学生にでもなればそんな遊具だけでは時間がもたないだろう。
 近くのベンチでは、小学生の高学年生であろうか、座りながらゲームをしているが、これだけ注意書きがあれば、こんなことぐらいしか、公園では遊べない。まさか、高齢者といっしょに、ひなたぼっこをするわけにもいかないだろう。ままごとや鬼ごっこというわけにもいかない。
 新聞などでは、「今の若者は外で遊ばない」などと書かれているが、これだけ注意書きがあれば、広場で何して遊べばいいのだろうか?ほんとうに疑問である。
 わたしが子供の頃は、その辺の小道で、バットを持って平気で野球などしていた。近所の庭にボールが入れば、よじのぼって取りに行っていたが、そう注意されることはなかった。
 今は、公園もダメなくらいだから、そのへんの小道はもっと注意されるのではないだろうか。
きっと、今は、そのような球技をやりたければ、そういうクラブに入って指導者のもと汗を流してくださいということなのかもしれない。そうなると、もうアソビではないが・・・・・

 この公園の注意書きは、昔に比べると、書かれる項目も増えてきてるように感じる。看板も立派になり、この前など久しぶりにブランコでも乗ってみるか!と思ったら、ブランコの脇には、「児童以外の利用を禁ずる」と書いてあった。
「・・・どうしてなの」と淋しい気持ちにおそわれた。しかし、わたしより体重の重い児童はいるだろうし、児童を押しのけてブランコにまたがっているわけでもないのに!なんでこんな差別するの!とおもった。

ブランコ


 わたしが想像するに、こういう公園を管理している役所には、いろいろと苦情が届くのではないだろうか。

 公園で犬を放し飼いにしている人がいますよ!
 野球している子供たちが公園を占領してしまって困ります!
 花火のけむりが流れてきて困ります!
 ・・・・・・・・・・・・・・・・

 など、その度に、役所の方々は謝罪し、公園を視察して、それを注意書きに付け加えるのだろう。
そうしなければ、そのことによって、万が一、事故にまで至った場合、自分たちの責任といわれるかもしれない。
 その結果が、子供たちは、公園のベンチに座りながら、会話することも、身体を動かすことも無く、ゲームボーイやPSPを真剣なまなざしで叩くことになった。


 これは、旅行会社の添乗員へのマニュアルによく似ている。
お客がアンケートに、クレームもしくはコメントを記入すれば、マニュアル(注意書き)に付け加えられることになる。

 増え続けるルールをマジメに守ろうとすれば、堅苦しい不自然な自分に納得するしかない。



 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

この記事に対するコメント

go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/357-c1814d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。