Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

ベビーカーと電車

 電車に乗るたびに思うことがある。
 10年ほど前ぐらいからだろうか?
 ベビーカーで電車に乗り込む母親をよく見かけるようになったのは・・・・・
以前は、電車で、ベビーカーなどほとんど見かけなかった気がする。

わたしはずっと、ベビーカーに赤ちゃんを乗せたまま電車へ乗り込んではいけないものと思っていた。
当然、他の乗客の迷惑になるので、母親や父親が前か後ろかにオブって乗るものと思っていた。
または、母親というものは、ああいう場所では、赤ちゃんを自分に密着させていないと不安に感じるものなのかと思っていた。

 それが、今では、朝から夜まで、混んでいる時間帯でも、ベビーカーのまま乗り込んでくる母親をよく目にする。
わたしは、アアッ!と気づくと、一緒の場所に乗り込まないようにしている。他の乗客たちをみても、わたしと同じように行動する者が結構いる。やはり、迷惑そうだ。しかし、この母親たちは、そんなことは一向に気にしている様子はない。まるで、ベビーカーで乗車することが、母親の権利、赤ちゃんのためにする行為はすべて許されるのだ!という表情をしている。
 
 これ!おかしくないか?
 身体的にどうしてもベビーカー以外の方法がないのであれば仕方がない。けれども、そうでないのなら、乗車の際は、ベビーカーを閉じるべきである。それができないのなら、むやみやたらと出かけなくてもいいのではないか。

 バスでも同じだ。
 以前は、そのような母親がいれば、運転手が「閉じるように!」と注意していた。
しかし、最近は、あんな揺れる路線バスへもベビーカーをかかえたまま乗車する両親を見かける。

 「あなたは、赤ちゃんをもつ母親の大変さをわかってないのよ!」と私はいわれるかもしれない。
しかし、以前そんなにベビーカーを見かけなかったということは、以前の母親はそのへんをわきまえて行動できたのではないか!急に出産率が上がったわけではないだろう。急に赤ちゃんを抱えた母親が出かけざるおえない機会が増えたわけではないだろう。
 赤ちゃんの立場でものごとを考えていけば、やはり、ベビーカーに乗せたまま乗車するということはおかしい気がする。

ベビーカー1



 そしてもう一つ、最近の電車の中や駅構内で多く見かけるようになったものは、キャリーバックである。
あの小型のキャリーバックを引っ張っている老若男女をほんとうによく見かける。
こちらも、以前は、旅行にでも出かける人以外、小型といえども持ち歩く人はいなかったのではないだろうか?
いま、こういうキャリーバックを引っ張って歩いている者をみると、旅行へ出かけるふうでもない。ただ、このバックのほうが、運びやすいから利用しているように見える。
 そういう用途が便利ならそれでいい。けど、このバック!けっこう邪魔だ!
歩くとき、バックを後方で引っ張るわけだから、そのバックの存在が他の人たちに見えないことがある。
駅構内など、人が早足で右往左往している場合、あやうくこういうバックにつまずきそうになる。
 
キャリーバック


 
tb: 0 |  cm: 3
go page top

この記事に対するコメント

小さなスーツケース

来年はパースに行きたいな~とパースの記事に惹かれてたどり着いてしまいました。

最近は小さなスーツケースを転がしている人が多い。
どう見ても旅行者ではない。
ちょっと荷物が多いからキャリーバッグがあれば便利、でもそんなに頻繁に出張するわけではない、
ということでスーツケースの登場なのだろう。
キャリーバッグよりは大きい、そして目立つ。すれ違いざまにこちらが足を引っ掛けることもないだろう。
しかし・・・満員電車の中では「邪魔」である。

すし詰め状態の車両、そこに小さいとはいえスーツケースを持ち込まれるのだからたまったものではない。
しかも地方からの旅行者ではなく、常日頃この路線を利用している人がこれから出張に出かけるわけだから、
「多少は」すいている車両に乗れば周囲への迷惑、そして自分が受けている白い視線を緩和できるだろうに・・・。
(こういう人は白い視線を感じないものだが。)

ベビーカーについては最近でも賛否両論ある。ただ、2013年の今、明らかに違うことがある。
スマホの普及である。
電車に乗り遅れる!とベビーカーをダッシュで押している親がいる。
これは極めて危険であるが、
駅のホームを「歩きスマホ、しかもベビーカーを押しながら」の人は一体何を考えているのだろうか?

URL | 破門されし者 #-
2013/10/10 17:40 * edit *

キャリーバック

 キャリーバック スッチーが流行らせたのか? どうでもいいけど、そんな事。
 確かに重いスーツケースとかだったら車輪が付いているのは便利だよね。  
 それとか本当に仕事で重たいものを持って歩かなければいけない人とか、お年寄りとか、場合によっては仕方がないかもしれないけど。  そんな人は本当は少ないんじゃないでしょうか。    後は一寸お頭がゆるく成っちゃった人達。  それ位持って歩けよって思う位の物をワザワザ引きずって、廃用性萎縮といってお頭の緩みがやがて四肢にも影響を及ぼすのにね。    それより気になるのは、日本って畳じゃなくったって今でも靴は脱ぐでしょ?  家に上がったら?  戸外を引きずって来た鞄とかは、玄関の靴脱ぎ場に置いておくのかな?   ちょっとした手提げ鞄とか紙袋まで、電車に乗ったとたん足元に置く人達。  ちょっとやだな・・・・。

URL | 雷次郎 #-
2010/04/03 01:15 * edit *

No title

 これは 実はゆゆしき事です、大変重大な事だと思います。  日本人の感性がおかしくなっているのです。  初めに本能ありき、ではなく全てが形、ポーズ優先になってしまったのです。  ベビーカーとか自転車にしても、ママたちの姿は昔、ムカーシに比べて皆格好良くなりました。  すらっとして、ジーパンにキャップ。  昔のお母さん達は生活するのに必死でした。 パーマは手間を省くために。。  それに比べたら今のお母さん達は皆カッコ良くって・・・・、もっと子供ができちゃってもいいはずなんだけど・・・。   昔に比べて生活が豊かになったのは良いことだけど、赤ちゃんにかかる手間は変わらないはず、なのにお化粧して外出するのに手間を割いちゃって、ってやっている内に自分自身が本能的に持って居るはずの物まで 眉毛描いて目を描いてばっかりやっている内に分かんなく成っちゃたのでしょう。  だから雑誌を見たり、TVを見たりして一生懸命やってんだけどね・・・・・・。  「女は弱し、されど母は強し」って古典で習ったな。  だけどそれは 「子どもが居るから強いのはコッチ」と自転車に子どもを乗せて無謀運転をしても良いという訳ではなかったと思ったけど・・・・ 確か。     
 

URL | 春雨太郎 #-
2010/04/02 23:31 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/321-7c5a10de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。