Home *  * All archives

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: -- |  cm: --
go page top

サービス連合とは何だろう?

 あらためて感じることだが、サービス連合、TCSA(日本添乗サービス協会)とは何だろうか?

その名前から、その組織を知らない者は惑わされてしまうのではないだろうか。
TCSAは、『添乗サービス協会』などというものだから、一見、添乗員の代表的組織と勘違いしてしまう。だが、その実態は登録添乗員を抱えている人材派遣会社の団体である。雇用主と雇用者で分けたら、明らかな雇用主の団体である。また、『サービス連合』は、おもに旅行会社の労働組合である。こちらも、労働組合というと、労働者の味方のように思われるが、派遣添乗員であればご存知のように、旅行会社の労働者と派遣会社の登録添乗員の関係は、上司と部下という主従関係ではなく、王様と家来、もしくは、大農園主と奴隷という隷属関係に近いものだろう。その証拠に、ベテラン添乗員でも、新人の社員から、一方的に指図されるのが普通である。だから、サービス連合=労働組合といって、派遣添乗員の立場を理解し考えていると判断することはできない。

そこで問題なのは、本来、派遣添乗員と利益が対立するであろう彼らが、まるで添乗員の代表であるかのように、JATAや厚生労働省や国土交通省(観光庁)の添乗員や添乗業務を考えるような委員会へ出席し意見を述べていることである。そこでも、添乗員の待遇改善!を声高に叫ぶものだから、よけいに添乗員の立場を代弁しているように錯覚してしまう。だから、彼らの導き出す結論が正しいように感じるのだ。
 私などは性格がひねくれているせいか、このサービス連合やTCSAがJATAと申し合わせて、全添乗員の代表のふりをして、実際は、添乗員問題という旅行業界の「盲腸」を散らす役目を実行してきたように思えて仕方がないのだが・・・・

もし、旅行会社が添乗員問題を本気で取り組もうとするなら、
もし、TCSAやサービス連合が真摯に添乗員の待遇改善を考えるのであれば、
もし、厚生労働省や国土交通省(観光庁)が、真摯に受けとめるのであれば、

本当の派遣添乗員の声を聞かなければ、おかしいはずだ!
本当の派遣添乗員の代表は間違いなく阪急トラベルサポート(HTS)の塩田氏であろう。ここ数年の労基署や官庁を巻き込んでの添乗員問題を遡上にあげたのは、塩田氏を代表とするHTSの方々である。
彼らが、個人でも入れる労働組合(東部労組)に加入し、組織として声を発した。
もし東部労組に加入せず個人で待遇改善を進言していたらどうなっていたか? 想像するに、ただ無視されアサインされぬまま消されていったことだろう!

だから、こういう気骨な方々の意見こそ、ほんとうの添乗員サイドの総意である!けっして、サービス連合やTCSAではない。
本来、この方々を委員会や検討部会や研究会などに招致し、真摯に意見を聞くべきではないのか!
・・・なのに、それは絶対しない。
なぜか?

 考えられることはひとつだけ!ではないか?

 それは、ほんとうに、添乗員問題が、改善されたら困るからではないのか!

 
 サービス連合が次のようにまとめた添乗員の待遇改善案を読めば、その本心のずるさは、明らかである。
添乗員の実態は、この待遇改善案が提出された数年前と比べて、ほとんど進歩していない。ほとんどの添乗員の生活は以前どおりどうしようもなく困窮している。リーマンショックのせいではない。リーマンショックは困窮に追い討ちをかけただけである。

*サービス連合 添乗労働に関して「みなし労働時間」を適用する論拠

実態は、わたしが以前ブログに記したままである。
*添乗員になる前に 添乗員になる前に必ず読んでください~後悔しないために~ 


  阪急交通社は団体交渉に応じろ! 東京都労働委員会審問に支援の傍聴を!
     ■ 日時:2010年3月17日(水)午後1時15分より
        <組合側主尋問・反対尋問>
     ■ 場所:東京都労働委員会審問室<東京都庁第一本庁舎南棟34階>




tb: 0 |  cm: 2
go page top

この記事に対するコメント

TOEIC

旅行業・添乗員を目指すなら英語力はあったほうがいい。  そこでToeicだ
こんな記事もある、http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2009/08/toeic_15.html シカと読んで 心の励みとしてもらいたい・・。  

URL | 晴耕雨読 #-
2010/03/09 19:32 * edit *

美味しい生活

 日本添乗サービス協会 とか その他色んな意味不明の業界団体?の様なものが沢山有りますね 世の中には・・ 何故こんなものが有るのだろう。。
 お金が流れて来て、名刺の肩書が増えるからです。。 上手くすれば何時の間にやらそれなりの影響力を手に入れられるかも・・しれないし。  具体的な被害者はいないから、誰も最初は「くだらない事をしていやがって・・・」という程度でほっといてくれるし・・。   事務所を借りたり印刷物を作ったりそれなりの経済活動は、その周りで生活をする人たちにとっては有難いことだから一生懸命応援してくれるし。。  これぞ神、紙の見えざる手・・・  
 美味しい生活にはコツが有るのです。。

 

URL | 春雨太郎 #-
2010/03/08 17:12 * edit *
go page top

コメントの投稿

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://intouch.blog56.fc2.com/tb.php/308-a90c81f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

新着記事+関連エントリー

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

ブログ翻訳

旅行業の本

添乗に役立つ本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。